洋榎「姫松カンファレンスや!」

恭子「由子、サカナクションええカンジやったで。昨日借りたヤツ」

由子「それはよかったのよ、私も恭子なら好きや思ったわ」

洋榎「聞かんかい!?」

恭子「よくもまあ、毎日飽きもせず須賀くんのことばかり話しますね」

由子「惚気話を聞かされる私たちの身にもなってほしいのよ」

洋榎「の、惚気話ちゃうわ! 第一まだ付き合ってないしな! うん」

由子「まだ、と来たのよ」

恭子「現状維持で後輩ヤキモキさせてるだけやん、ヘタレ」

洋榎「そんなことはどうでもええ! 由子、昨日頼んだ件どうなった」

恭子「なんや、また姑息な探り入れたんですか」

由子「須賀くんと話すには話したけどな。でも」

洋榎「も、もしかして雲行き怪しいカンジだったりするんか」

恭子「いや、それはありえませんよ」

由子「うん。やっぱり須賀くんの方も洋榎にベタ惚れだったのよ」

洋榎「ほ、ほんまか!?」

由子「須賀くんたら耳まで真っ赤にして洋榎のこと知りたがってたわ。青春やね」

恭子「ああ、なるほど」

洋榎「いやっほう! わが世の春が来たで! Vやねん! 姫松」

恭子「こうなったら癪や思って言いよどんだわけか」

由子「そうなのよ」

洋榎「どないしよう! 須賀! きょ、京太郎に付き合おう言われたらどないしよう! うふふ、ふふ」

恭子「ごめんなさい言うたらええ」

由子「そら雑魚は消えろの一点張りよ」

洋榎「なんでや!? さては自分ら妬いてるな! あかんあかん、京太郎はウチのもんや!」


由子「それ、キヌちゃんの前でも同じこと言えるん?」

洋榎「キヌ?」

恭子「あの子も須賀くんにホの字ですからね、さすが姉妹や。はは」

由子「恭子、フラストレーションが溜まってるのか心なし辛らつなのよ」

洋榎「知らなかったそんなの…………」

由子「石になってる。よほどショックが大きかったんやね」

恭子「態度見てたら分かりそうなもんですけどね。今だってほら」

洋榎「な!?」

由子「あらら、中庭で膝枕とはキヌちゃんもなかなか積極的なのよ」

恭子「須賀くんたら鼻の下伸ばしすぎやん、ここからでも分かるわ」

洋榎「きょ、京太郎の」

由子「洋榎?」

洋榎「京太郎の浮気者! ウチというものがありながら! 絶対許さん!」

恭子「行ってしまったな」

由子「もう中庭に下りてる。姫松の韋駄天とは洋榎のことなのよ」

恭子「なあ」

由子「うん?」

恭子「由子も行かんでよかったんか」

由子「…………」

恭子「いや、なんでもない。忘れて」

由子「…………」

恭子「…………」

由子「ええねん」

恭子「そか」