穏乃「京太郎子作りしよー!」バァーン

京太郎「」

穏乃「ねぇしよーよ!」

京太郎「な、何を言い出すかお前は!?」ドバシッ

穏乃「いったい!」

京太郎「誰に吹き込まれた!さっさと言え」ユサユサユサユサ

穏乃「あうあうあうあうアコあうあう」ガクガクガクガク

京太郎「何ィ!?憧ォ!?何ゆえ!?」ユサユサユサ

穏乃「ぜんぜん私たちが進まないこと相談したらあわわやめてえええ」ガクガクガク

京太郎「あぁすまん」パッ

穏乃「うー…ふらふらする…」

京太郎「しかし憧に相談しちゃったか…」アチャー

穏乃「え?なに?ダメだった…?」オロオロ

京太郎「いや、駄目というか…」

京太郎(振っちゃったんだよなぁ…穏乃が好きだから…)

京太郎「まぁ、俺達は俺達でゆっくり進めればいいんだよ。お互いに好き同士なんだからさ」ナデナデ

穏乃「あぅぅ」ポヤポヤ

京太郎「な?」

穏乃「うん…好き…」キュッ

カンッ