京太郎「あの、針生さん。カメラ回ってますよね、今」

えり「うん? 台本にそんな台詞はなかったと思うけれど」

京太郎「分かっててチカンしてるんですよね、これ」

えり「なんのことやら」

京太郎「今なら全てなかったことにしますし、他言はしません。だから」

えり「ご開帳」

京太郎「な!?」

えり「ふふ」

京太郎「いくらカメラの死角になってるからって、こんな」

えり「そう、死角になってるのよね。でもこれ以上騒いだらどうかしら」

京太郎「脅してるんですか」

えり「もちろん脅してるわ。全国ネットでおちんちんをオンエアされたくないでしょう?」

京太郎「軽蔑しますよ、ずっと憧れてたのに」

えり「こんな状況でここを元気にしてる京太郎くんも大概じゃないかしら? ふふ」

京太郎「いや、あっ」

えり「少しは自分の立場が分かったわよね」

京太郎「分かりました、分かりましたから。これ以上は」

えり「お姉さんのお願い、聞いてくれる?」

京太郎「なんでも聞きます。だから手を止めてください、もう本当にマズいんです」

えり「たまらないって顔してるけどね。それならやめてあげる、約束だから」

京太郎「あ」

えり「どうしたのかしら」

京太郎「な、なんでもありません」

えり「へえ?」

京太郎「それより、俺になにをしろって言うんですか。あまり無茶なことは」

えり「わかってるわ。大丈夫、京太郎くんにもできることだから」

京太郎「そう、ですか」

えり「ええ、嘘はつきませんよ」



えり(そう。京太郎くんに出来ること全部、ね)