由子「お疲れさま。鍵返してきたで」

京太郎「俺が返しに行きましたよ、言ってくれれば」

由子「雑用で残ってる後輩くんはこれ以上お仕事せんでもええのよ」

京太郎「そんな、好きでやってることです」

由子「あはは、愛しの部長ならとっくに帰ったで。そんなカッコ付けんでも」

京太郎「い、愛しのって! 誤解です、俺は別にそんな」

由子「遅くまで頑張ってくれた須賀くんにご褒美や。洋榎の話、聞かせてあげてもいいのよ?」

京太郎「…………」

由子「…………」

京太郎「お願い、します」

由子「素直なのが一番なのよ。ふふ」

京太郎「洋榎さ、ぶ、部長は俺のことどう思ってるんでしょうか。なんて」

由子「最近な、洋榎は須賀くんのことばかり話すのよ。それもほんまに楽しそうに」

京太郎「そ、そうなんだ」

由子「まだまだ弱っちいなとか。頑張ってるみたいやけど、なんや空回りしがちやなとか」

京太郎「えっと、それは喜んでもいいんでしょうか」

由子「ええやん、むしろ上出来や。ああ見えて洋榎は基本他人に関心ないのよ」

京太郎「そうなんですか?」

由子「愛宕洋榎いう子は足の先から頭まで麻雀で出来てるからな。自然、価値尺度も強いか弱いかになるやろ」

京太郎「…………」

由子「そんな洋榎が素人の須賀くんに関心持つなんて、洋榎を知ってる人なら皆驚くのよ」

京太郎「そう、だったんだ」

由子「キヌちゃんなんか大慌てや、お姉ちゃんを取られてまうって」

京太郎「ああ、だから愛宕先輩」

由子「なんかされたん?」


京太郎「さっきポッキーを内袋ごと持っていかれました。激ぉこぷんぷん丸や! って」

由子「はは、そら困ったな。キヌちゃんも須賀くんのこと気に入ってるはずなんやけどね」

京太郎「それは初耳です。心証よくないのかなって勝手に思ってました」

由子「前に冗談で須賀くんの好みのタイプ聞いたやん」

京太郎「ああ、ここに入ってすぐの懇親会で」

由子「せや、あのとき須賀くんの巨乳好きを知って一番そわそわしてたの、キヌちゃんなのよ」

京太郎「あの後少しの間目も合わせてくれなかったから、てっきり引かれたもんだと」

由子「意識したんやろな。そこに洋榎の須賀くん自慢を聞かされたと、なんや気の毒やなキヌちゃん」

京太郎「え?」

由子「なんでもないのよ」

京太郎「でも、とにかく脈アリみたいで安心しました。居残った甲斐がありましたよ。へへ」

由子「開き直っちゃって、調子のいい後輩なのよ」

京太郎「いやいや、由子先輩と腹を割って話せたのもすごくうれしかったですよ」

由子「へ」

京太郎「これからも頼りにしてますよ、先輩!」

由子「…………」

京太郎「先輩?」

由子「ああ、うん。どんとこいなのよ」

京太郎「それじゃ、また明日」

由子「また明日」

京太郎「はい!」

由子「…………」



由子「何してるのよ、私」