京太郎「(うーん、危険なところだがこれは通るか?)」タンッ

優希「ロン!18000点で京太郎のトビ終了だじぇ!」

京太郎「いや・・・何を勘違いしてるのか知らんがまだ点棒は普通に残ってるぞ?」ニマンゴセンテン

優希「そんな!飛ぶ寸前までむしり取ってたはずだじぇ!」

和「そんなオカルトありえません!」

京太郎「・・・・・・!」ドジャァァァン

京太郎「なるほど、理解した」ブツブツ

京太郎「今この俺が『基本』になったのか・・・」ブツブツ

京太郎「元いた俺がトビ終了したことになる、危なかった・・・・・・」ブツブツ

ザワザワナンデダジェ?ソンナオカルトアリエマセン!イッタイナニガ…

咲「・・・・・・」

咲「(他のみんなは誰も気づいてないようだけど・・・)」

咲「(一瞬!確かに一瞬、京ちゃんが二人になって見えたッ!)」

咲「(そして元々『こっち側』にいた京ちゃんと入れ替わった・・・)」

咲「(今の京ちゃんを飛ばせるのは即死、つまり親の三倍満以上か子の役満以上)」

咲「(そうしない限り京ちゃんは何度でも『向こうの京ちゃん』と入れ替わって麻雀を続行する!)」

咲「(考えてることも性格も同じ京ちゃん・・・でも無傷で点棒を持った『向こうの世界』の京ちゃん!)」

咲「(向こうの世界の『数』はおそらく無限の数あるッ!倒すには入れ替わってもどうしようもない点数で即死させるしかないッ!)」

咲「(倒す方法がない訳じゃないけど・・・果たして今、この瞬間に、私はその方法を持ってこられるかな・・・?)」

←To be continued...(大嘘)