玄「京太郎くん、お茶が入ったよ。どうぞ」

京太郎「ありがとうございます、なんだか至れり尽くせりですね」

玄「えへへ、おもてなしは我が家の得意分野だから」

京太郎「雰囲気もいいし、ここでずっと暮らしたいくらいですよ」

玄「それならウチの子になればいいよ、お姉ちゃんだってきっと喜んでくれる」

京太郎「あはは。いいですね、それ」

玄「うん。その湯のみ茶碗は京太郎くん専用だよ」

京太郎「え?」

玄「うん? なにかおかしなことでも言ったかな、私」

京太郎「いえ、特にそういうわけじゃありませんけど」

玄「よかった。どうかな、そのお茶碗。気に入ってくれた?」

京太郎「え、ええ。やっぱり日本人ならマグカップより湯のみですよね」

玄「そう言ってもらえて安心したよ。本当は一緒に買いに行きたかったんだけどね」

京太郎「あはは」

玄「お揃いの湯のみ茶碗を二人で買いに行くのは、流石にちょっと恥ずかしくて。ごめんね」

京太郎「お揃い? このお茶碗、もう一つあるんですか」

玄「うん。もう一つは私の分だよ」

京太郎「へ、へえ」

玄「お店屋さんはどこも顔見知りだから、一人で買いに行っても結局からかわれちゃったよ。えへへ」

京太郎「玄さん、このお茶碗ってもしかして」

玄「うん。もちろん夫婦茶碗だよ。ちょっと気が早いかもしれないけど、これから家族になるんだから問題ないよね?」

京太郎「え」

玄「どうしたの? すごい汗、体調が悪いのかな」

京太郎「いえ、体調はすこぶる良いですよ。ただ」

玄「ただ?」

京太郎「玄さんって、俺のこと好きなんですか?」

玄「ごめんね、京太郎くんが何を言ってるのかよく分からないや。体調、本当は良くないんでしょ?」

京太郎「あはは、そうですよね。まさか俺なんかに気があるわけ」

玄「大好きに決まってるよ。私たち、もう家族だもんね」


京太郎「…………」

玄「熱はないみたいだね。むしろ京太郎くんのおでこの方が冷たくて気持ちいいや」

京太郎「…………」

玄「どうしよう、こういうときはやっぱり膝枕かな。大阪の人たちの真似っこになっちゃうけど」

京太郎「玄さん」

玄「えへへ、ちょっと恥ずかしいけどお姉さんのお膝を貸してあげるね。横になってくれるかな」

京太郎「俺、憧のことが」

玄「聞きたくない」

京太郎「…………」

玄「聞きたくないから、黙って膝枕されてよ」

京太郎「玄さん」

玄「イヤなの。大事な人が遠くに行っちゃうなんて、もうたくさんだよ」

京太郎「でも」

玄「京太郎くんのこと一番思ってるのは私!」

京太郎「…………」

玄「私だから」

京太郎「…………」

玄「傍にいてよ。私のものになってよ」


京太郎「ねえ、玄さん」

玄「…………」

京太郎「俺、今でも憧のことが好きです」

玄「…………」

京太郎「多分、玄さんは知ってますよね。もう」

玄「うれしかった」

京太郎「…………」

玄「憧ちゃんが京太郎くんを振ったって聞いたとき、許せないって思ったけど」

京太郎「…………」

玄「ごめんね、やっぱりうれしかったんだ。ずっと大好きだったから」

京太郎「…………」

玄「だから京太郎くんを招待したの。口に出すのは怖かったから、よくわからないお芝居までして」

京太郎「玄さん」

玄「馬鹿みたいだよね。お揃いのお茶碗なんか買ったりして、叶うわけないのに!」

京太郎「玄さん!」

玄「教えてよ! どうして私は憧ちゃんの代わりになれないの!」

京太郎「俺を膝枕してください!」

玄「…………」

京太郎「…………」

玄「へ」

京太郎「膝枕、してください」

玄「なんで」

京太郎「一休みしたら、全部ちゃんとするから」

玄「…………」

京太郎「だから、玄さんもちゃんとしてください」

玄「…………」

京太郎「ちゃんと、お友だちから」

玄「…………」

京太郎「…………」

玄「……うん」