マホ「これ、私の男ですから!」

優希「うん?」

京太郎「おいおい、いくらなんでも"これ"はないだろ。亭主関白か」

マホ「マホ、京太郎くんの旦那さんですか! マホより先に寝てはいけません!」

京太郎「もういいやそれで。色々間違ってるけど」

優希「ちょっと待てよ!」

京太郎「なんだよ血相変えて。あとちょっと近いぜ、優希」

優希「え、ごめん」

マホ「えへへ、残念だけど当然ですよね。京太郎くんはマホの彼氏さんですから!」

京太郎「はいはい。それはそうと、やっぱりお前軽いなあ、ちゃんとご飯食べてるのか?」

マホ「たくさん食べてますよ! 目指すは和先輩みたいなナイスバディです!」

京太郎「よしよし、そうなったらすごく嬉しいけどマホはそのままでもいいからな」

マホ「えへー」

優希「は! あまりの衝撃に面食らってたじぇ」

京太郎「どうした優希、大丈夫か」

優希「全然大丈夫じゃないじぇ! するとなにか、お前たちマジで付き合ってるのか!」

マホ「マジです!」

京太郎「ああ、そういえば言ってなかったか。結構前から付き合ってるぜ、俺たち」

マホ「あと三週間で付き合って半年ですよ、たしか」

優希「そんなに」

京太郎「よく覚えてるもんだな、マメな奴め」

マホ「うわわ、くすぐったいですよ!」

優希「ひ、人前でいちいちイチャつくんじゃないじぇ! 京太郎、お前ロリコンだったのか!」

京太郎「ロリコンって、それほど歳が離れてるわけでもないだろ」

マホ「マホはもう立派な大人のレディーです! この間だって京太郎くんと」

京太郎「おいおい、滅多なこと言うんじゃないぞ。色々と誤解を招くから」

マホ「ふふふ」

優希(…………)



優希(フラゲしてきた阿知ポでもやろう…………)