灼「単刀直入に聞くね。どう思ってるの、ハルちゃんのこと」

京太郎「…………」

晴絵「灼。あんた突然なに言い出すのさ」

灼「ハルちゃんは黙ってそこで聞いてて。私は京太郎に質問してるの」

京太郎「どうって、晴絵さんは阿知賀再興の立役者ですよ。もちろん尊敬してます」

灼「分かってるんでしょ、そういうことを聞きたいわけじゃないよ。とぼけてるつもりなら許さないから」

晴絵「もういいよ。灼の気遣いはうれしいけど、それでも」

灼「また逃げるの? 小鍛治プロを克服したら今度は京太郎が怖いんだ」

京太郎「灼さん!」

灼「京太郎も京太郎だよ。とっくに気付いてるクセに」

京太郎「俺は」

灼「もう見てられないよ。お互いに意識し合ってるの、気付かれてないとでも思ってるのかな」

晴絵「灼」

灼「聞いて」

晴絵「…………」

灼「私はハルちゃんと京太郎が好き。二人にこれ以上燻っていてほしくないし、幸せになってほしいの」

晴絵「幸せ」

灼「そんなの私が決めることじゃないって分かってる。それでも」

京太郎「…………」

灼「それでも、お互いのために。二人の特別になれない私のために、ちゃんとして」



京太郎「なにをすればいいんですかね、彼氏彼女って」

晴絵「ごめん、いい歳してそういう経験ないから分かんない」

京太郎「俺だって晴絵さん以外の人と付き合ったことなんてありませんよ」

晴絵「モテそうなのに」

京太郎「好きでもない子と付き合えませんから」

晴絵「誠実くんかよ、恥ずかしいこと言ってくれちゃって」

京太郎「晴絵さん、もしかして照れてますか」

晴絵「もしかしなくても照れてるよ。いちいち言わせんな、ばか彼氏」

京太郎「ごめんなさい、でもなんか可愛くて」

晴絵「だからそういうこと口に出すなっての! あたし今絶対見せられない顔しちゃってるじゃん!」

京太郎「お互い今まで散々隠してきたんだから、少しくらいいいじゃないですか」

晴絵「そうやってまたズルいこと言うんだもん。京太郎はあたしをどうしたいのさ」

京太郎「えっと、引いたりしませんか」

晴絵「やっぱり言わなくていい。恥ずかしくて死んじゃうから」


京太郎「しっかり恋人同士しないと灼さんが心配しますよ」

晴絵「う」

京太郎「う?」

晴絵「そこであたし以外の女の名前を出すのは違うだろ、いくら灼でもさ」

京太郎「…………」

晴絵「…………」

京太郎「晴絵さん」

晴絵「な、なに!」

京太郎「ぎゅう」

晴絵「ちょっと、京太郎!? いきなりなにしてんの!」

京太郎「なんか愛しくて」

晴絵「ち、力強いから、逃げられないじゃん。しょうがないな」

京太郎「…………」

晴絵「…………」

京太郎「腕、しっかり回してますよね?」

晴絵「うるさいなあ! 黙って抱きしめなさいよ!」

京太郎「はは」

晴絵「なんか段々悔しくなってきた。京太郎、このまま何歩か後ろに下がって」

京太郎「え? なにを」

晴絵「こうするんだよ!」

京太郎「…………」

晴絵「…………」

京太郎「あの」

晴絵「どどど、どうしたのかな。年下の彼氏くん」

京太郎「これって、もしかしなくても押し倒されてますよね、俺」

晴絵「そうとも言う、かな」

京太郎「えっと、思ったより力が強くて逃げられませんけど、どうしましょうか」

晴絵「…………」

京太郎「…………」

晴絵「する?」