京太郎「…インハイ終わってから暇ですねー」ピコピコ

久「そうねえ」ピコピコ

京太郎「部長はこんな所でのんびりしていて良いんですか?」ボディガアマイゼ!

久「良いのよ別に。生徒議会の仕事は全部内木君に押し付けてるから」シャアッ!

京太郎「受験は?」オウリャッ!

久「おあいにくさま。もう推薦の話来てるから心配要らないわ」シャラクセエッ!

京太郎「それは良かったです、ねっ!」オオオオッ...フライアガレーッ!

久「ああっ!」ギエアーッ!

京太郎「…俺の勝ちですね」ヘヘッ、モエタロ?

久「むー少しは手加減しなさいよ」


京太郎「麻雀じゃ立場が逆になるし、別に良いじゃないですか」

久「それはそうかもしれないけど…私は和と違ってちゃんと手加減してるわよ?」

京太郎「まーこっちの当たり牌を悉く見逃しちゃくれてますよね」

久「でしょ?なら手心加えてくれたって…」

京太郎「なら、インハイが終わってからも俺を雑用でこき使うのは」

久「あ、それ無理」

京太郎「…俺、まだ最後まで言い切ってないんですけど」

久「あそこまで聞けば十分よ」

京太郎「それにしたってこう、もうちょっと躊躇いみたいなものがあっても」

久「無いわよ」キッパリ

京太郎「やっぱひでえわこの人」


久「まーいいじゃないのそんな事は。須賀君は自分に出来る事をやっただけだし」

京太郎「やらされたとも言えますけどね」

久「でも、自分にやれる事があったのを悪くは思ってないでしょ?」

京太郎「ええ。今の俺じゃ麻雀はからっきしですからね」

久「…本当なら、貴方にもっと指導してあげるのが筋なんだけどね」

京太郎「そんなのいいっこなしですよ。単に麻雀やりたいだけなら、ネット麻雀で済ませばいいんですし」

京太郎「それでも雑用に励んだのは、麻雀部の皆と一緒に過ごしたいからです。気にする事なんて何にも無いんですよ」

久「…須賀君」ウルッ

京太郎「何でしょう?」

久「これからも私達の労働力となってその手足を動かしてくれるだなんて、何て見上げた奴隷根性なのかしら!」

京太郎「万一洒落だとしても、マジで勘弁してください」





久(最初で最後の晴れ舞台…須賀君のお陰で私達は最後まで麻雀だけに打ち込めた。一欠けらの悔いもなく戦えた)

久(…本当にありがとう、須賀君)


カンッ