咏「マジで男子高校生と付き合ってるんだ。堅物のえりちゃんが」

えり「あまり大声では言えませんけどね。もちろん他言無用ですよ」

咏「わかってるって。それにしてもホント意外だよ。須賀くんだっけ」

京太郎「はい。ウチのえりさんがいつもお世話になってます」

咏「"ウチの"と来たか。お熱いねえ、ひうひう」

えり「京太郎くん、お世話してるのは私の方だから。あとあまり可愛いことを言わないで」

京太郎「え? ごめんなさい」

えり「私が君に何をしてしまうか分からないじゃない。三尋木さんの前なのに」

京太郎「ああ、なるほど。でもそう言いながらしっかり密着するんですね」

えり「当たり前でしょう。京太郎くんと片時だって離れたくないし、本当ならもっと」

咏「あのさ、えりちゃん」

えり「なんでしょうか」

咏「まさかとは思うけど、須賀くんとはもう」

えり「セックスですか? オフの前日はいつも私の家に連れ込んで一晩中」

咏「わかったもういい! もういいよ! 二人がラブラブなのはお姉さんよくわかった!」

えり「自分から聞いたくせに」

京太郎「えりさん、他の人にそういう話をされるの、ちょっと恥ずかしいです」

えり「伏目がちに赤面しちゃって、男の子のクセに。誘ってるんですか?」

京太郎「え」

咏「えりちゃん! 私の家! ここ私の家だから!」

えり「わかってます。京太郎くんは私のものですから、この子の恥ずかしいところを他人に見せたりしませんよ」

咏「ああ、そうなんだ。よかった」

えり「というわけで三尋木さん、二時間ほどお散歩してきてください」

咏「わっかんねえ!!! えりちゃんが何言ってるのか全然わっかんねえ!!!!!」