京太郎「…今日から個人戦かあ。咲も和も頑張ってくれよな」

咲「うん」

和「無論です」

京太郎「それにしても、まさか俺の分まで滞在費出してもらえるとは思ってなかったよ」

咲「龍門渕さんが『どうせなら全員で個人戦を直に観戦なさい』って、お金出してくれたんだよね」

和「あの人の目的がいまいち分かりませんが…兎に角感謝はしないといけませんね」

京太郎「…あ、しまった」

咲「どうしたの京ちゃん?」

京太郎「優希に頼まれたタコス、まだ買ってきてなかった」

和「タコスなら…須賀君が作ればよいのでは?」

京太郎「あいにく、頼まれたのは雑誌で特集組まれてたやつでさ…それじゃあ行ってくる!」

京太郎「あと和、咲が迷子にならないよう見ていてくれよな!」

和「分かりました。それじゃあ、いってらっしゃい」

咲「いってらっしゃい…って、私は迷子になんてならないよっ!」

和「…それはないですね」

咲「和ちゃんまで…ひどいよ二人とも!」


京太郎「…はあ…はあ…間に合ったかな。すみませーん!」

店主「はい、何でございましょうか?」

京太郎「この前雑誌で特集組まれてたタコスって、まだ売ってますか?」

店主「申し訳ございません、今日の分は丁度今売り切れてしまったんですよ」

京太郎「あー…そうですか、どうも失礼しました」

店主「宜しければ、また明日にでもご来店下さい」


京太郎(…どうしよう。これじゃあ優希の奴に折檻されちまうぞ)

?「…あのー」

京太郎「はい?」

?「もし良ければ、こちらのタコスをお譲りしますけれども」

京太郎「これは…さっき売り切れたタコスじゃないですか!恐縮ですが、お代はいくらですか?」

?「お代なら結構ですよ」

京太郎「え、良いんですか?」

?「構いませんよ。これもきっと神の思し召しですし、そもそも私が望んでこうしているのですから」スッ

京太郎「…ありがとうございます。宜しければ、お名前を聞いても…あ、俺は清澄の須賀京太郎っていいます」

誓子「有珠山高校3年の桧森誓子と申します…成程、貴方が清澄唯一の男性部員でしたか」

京太郎「どうもすみませんでした。こんな所で出くわすだなんて思ってなくて、つい名前を聞いてしまって」

誓子「別に構いませんよ。それでは、私はここで失礼いたします」

京太郎「あっ……行ってしまったか(直に見ると、すっごい美人さんだったなー。まるで聖母みたいな佇まいだった)」

京太郎(そういや咲が言ってたな…今日は聖母マリアの記念日だって。妙な巡り合わせもあるもんだ)

京太郎(…明日もあの店に行けば、また桧森さんに会えるんだろうか…会いたいなあ)


カン!