ぷちさき!えぴそーどさいどはぎよし(ともんぶち)

衣「衣は甘味としてはバニラアイスが好みだな!」

透華「私はミントアイスですわね…あのさっぱり感がたまりませんわ」

一「ボクは無難にチョコかなー」

純「オレは甘けりゃ何でも良いよ」

コンコン 透華「入ってかまいませんわよ」

京太郎「あ、どうもみなさん。…実は相談がありまして」

ハギヨシ「おや珍しい。今日はどうされたのですか?」

京太郎「こんなん拾いまして」

はぎー「…」

全員「」透華「かわいい…」ボソッ

京太郎「ですよねー…俺もかなりびっくりしました…」

ハギヨシ「これは失礼しました。私としたことがあまりのことに放心しておりました」

一「これが京太郎くんの言ってたぷちさきってやつ…?似すぎじゃないかな…?」

純「すげーなオイ…すげーよ…」マジマジ

衣「衣より小さいハギヨシとな…面妖な…」

透華「欲しいですわ…」ボソッ

京太郎「いえいえ…ただこいつハギヨシさんみたいにかなり万能でして…」

ハギヨシ「ふむ…それは興味深い…」

京太郎「じゃあいきます…はぎー、お茶をくれないか?」

はぎー「ここに」サッ

京太郎「タオル」

はぎー「ここに」サッ

京太郎「ありがとな。…こんな感じです」

ハギヨシ「なるほど…」

はぎー「…」ジッ

ハギヨシ「む…」ジッ

はハ「」ガシッ

京太郎「なんか意気投合してる…」


ハギヨシ「京太郎くん。どうやらはぎーはあなたのことを主君として見ているようですね」

京太郎「俺を…ですか…」

ハギヨシ「ふむ…なにやら不安のようですが…」

京太郎「いえ、俺なんかを主人だなんて…情けなくてがっかりされないかなってちょっと」

はぎー「…」フルフル

ハギヨシ「なるほど…ですがこの娘はあなた以外を認める気はないようです…」

ハギヨシ「それに、今足りないなら見合う主人になるよう努力をすれば良いではないですか…あなたならできますよ、きっと」フフッ

京太郎「そう…ですね。情けない主人だけどよろしくな」ナデナデ

はぎー「…」カァァ

透華「正直残念ですが仕方ありませんわね…その子に見合うような主人にならねば許しませんわよ!」

京太郎「はっはい!」ビシッ

ーーーーー

一「そう言えばハギヨシさんの「娘」って?」

ハギヨシ「おや、お気づきではありませんでしたか?あの娘は女の子ですよ」

全員「えぇーーー!?」

智紀「ちっ…腐ではないのか…」

ハギヨシ「おやおや…主人に見合う人物になるにはまだまだほど遠いようですね…」

はぎー「…」ムスッ

はぎーの生態
  • 万能執事(男装)
  • 基本鳴かない。しつけのできたいい子
  • 女の子です。ぷちさきには女の子しかいません。

カンッ