寮長さんは金髪学生 永水…!(ゴクリver

朝食作り終了後

京太郎「ふいー…最近疲労がたまってんなー」ゴキゴキ

京太郎(まあそれもこれもあの人のせ)「京太郎君♪」ダキッ「どぎゃげぎゃぎょう!?」

霞「何か疲れてるみたいだけど大丈夫?私が癒してあげましょうか?」タユン

京太郎「い、いえ大丈夫っすよ気にしないでください!」アセアセ

霞「そう?でも余り元気がないみたいだから心配だわ…」ズイッ ムニュ

京太郎「ちょっ霞さん!?あ、当たってますって!」アワアワ

霞「あらあら可愛い反応ね♪もっとやってあげるわよ?」ムニュー

京太郎「わー!!(この人が原因である…)」バタバタ

十分後

京太郎「とりあえずみんなを起こしてくるって脱出出来たけど…」ハァ

京太郎「俺だって男なんだからもう少し警戒して欲しいよなぁ…」ポリポリ

京太郎「起こすのも俺がいいってどういうことだっつの…っと」スタスタ

「まずはここだな」〔狩宿 巴〕

京太郎「巴さーん!起きてますー?」コンコン


ハーイ!オキテルヨー パタパタパタ

巴「おはよう京太郎くん…ってちょっと疲れてる?」

京太郎「え、えぇ…ちょっと霞さんがね…」ポリポリ

巴「あー…」タラー

京太郎「マジで勘弁して欲しいんすよね…我慢するのも限界があるんだから…」

巴「んー…でも責任とってくれるってなら襲っちゃっても良いと思うけどねー」

京太郎「…巴さん?」アレ?

巴「私も霞も春もみんな京太郎くんが好きだから…むしろそうしてアピールしてるのかもね…」ススス

京太郎「と、巴さん?ちょっと近くないですか?」

巴「そう、私だって…」ズイッ

京太郎「うわわ…」

巴「…なんて」

京太郎「…ぇ?」

巴「冗談だよ。ちょっとやりすぎたかな?ごめんね?」

京太郎「はぁー…心臓に悪いっすよ…」ヘタッ

巴「ふふっ、だからごめんってば。ほらほら、他の人のとこにも行かないと」

京太郎「あ!ホントだ!じゃあ巴さんまたあとで!」タッタッタッ

巴「はーい、がんばってー」フリフリ

巴「…」ピタッ

巴「…本当だったら、どうだったのかな…」ポツリ


ーーーーー

京太郎「巴さんはあんなのキャラじゃないからつい騙されちゃったなー」スタスタ

京太郎「次はココかな」〔薄墨 初美〕

京太郎「起きてますかー?」コンコン

初美「はーい、起きているのですよー」パタパタ ガッ「あれ?」ガチャガチャ

京太郎「ちゃんと着てますよね?じゃないと開けませんよ」グググ

初美「ちっ…はいはいちゃんと着たのですよー」キッチリキッチリ

京太郎「ならいいです。おはようございます初美さん、ご飯は出来てますよ」

初美「はーい、いつもありがとなのですよ京太郎」フリフリ

京太郎「仕事ですしね。楽しんでもいますけど」

初美「それは重畳ですー。ではお先に向かってますですよー」パタパタ

京太郎「了解ですー。…次はっと…」

京太郎「次はココか。楽勝だな」〔滝見 春〕

京太郎「…」スッ←黒糖

京太郎「黒糖がここに」春「おはよう」「早ぇよ」


京太郎「そんなに早いなら何で自分で起きないんだよ!出来んじゃん普通に!」

春「黒糖があるから。そして京太郎もいるから」ポリポリ

京太郎「どういうことなの…」ハァ

春「そんな細かいことはいいの。とりあえずおはよう京」ポリポリ

京太郎「はいよ。おはようさん。メシは出来てるよ。黒糖で作った煮物もな」ナデナデ

春「はう。好物もあるし撫でられたし今日は幸せ確定」ホワホワ

京太郎「なんだそりゃ。まあ先行っててくれよ。なんなら先食ってても良いしな」ポンポン

春「わかった。それじゃあ」トコトコ

京太郎「おう」スタスタ

ーーーーー

京太郎「さて、最難関だな。いろんな意味で」〔神代 小蒔〕

京太郎「いちおう…」コンコン シーン…

京太郎「やっぱりか…」ハァ

ガチャ 京太郎「小蒔さーん!起きてくださーい!」

小蒔「」すぴー


京太郎「起きてくださいってばー」ユサユサ

小蒔「」タフンタフン

京太郎「起きてくださーい…」ユサユサ

小蒔「」ポヨンポヨン

京太郎「…おーい」ジー ユサユサユサユサ

小蒔「」プルンプルンプルンプルン

京太郎「…はっ!?」ビクッ クルリ

霞巴春初美「ジー」<○><○>

京太郎「」

霞「男の子ねぇ…」ザクッ

巴「まぁしょうがないよね」スパッ

春「エロ京」ズバァッ

初美「ジトー」ドスッ

京太郎「うう…しょうがないだろぉ…」ポロポロ

小蒔「はれぇ…?京太郎様、おはようございまふぅ…」フワァ

京太郎「おはようございます小蒔さん…俺は心が折れました」パタリ

小蒔「京太郎様!?」

【悲報】聖人京太郎、おもち達に敗れる【人間宣言】

カンッ