はやり「なんと、はやりのお腹に私たち二人の愛の結晶が宿りました!」

京太郎「」

はやり「あれれ、京太郎くんどうしたの。これからパパになるっていうのに元気ないぞ?」

京太郎「この間のことを謝りたいって、はやりさん、メールにそう書いてましたよね……?」

はやり「書いたよ? 最後まで自分から動いてくれなかったし、悪いことしちゃったなって」

京太郎「えっと、全部冗談なんですよね? 逆レイプで子どもができた、なんて」

はやり「嘘じゃないよ、ここに取り出しましたるは母子手帳」

京太郎「」

はやり「残念ながら合意はなかったけど、これは立派な既成事実だよね? 一発でも妊娠!」

京太郎「ごめんなさい、ちょっと笑えないです」

はやり「あはは。新居への引越しは一ヶ月くらい後だから身支度は急がなくてもいいよ」

京太郎「え」

はやり「え?」

京太郎「新居への引越しって。ああ、はやりさんお引越しするんですね」

はやり「うん。はやりと京太郎くんと、これから産まれてくる子どもの三人で暮らすお家だよ」

京太郎「…………」

はやり「…………」

京太郎「結婚?」

はやり「事実婚!」

京太郎「世間の目とか」

はやり「関係ないよ。干支一回りは年下だけれど世界の誰より君が好き」

京太郎「…………」

はやり「あは」

京太郎「負けました」

はやり「勝ちました! 一生養ってあげるからね、旦那さま!」

京太郎「まさかとは思いますが、この話をウチの両親は」

はやり「一足先にご存知だよ? "恋人同士"だから問題ないよね! 長野県だし!」

京太郎「もうやだこのお姉さん!」

はやり「牌のお母さんです!」