京太郎「どうだ優希、新しいタコスの味は?」

優希「うむ!なかなかのなかなかだな!」

京太郎「そりゃよかった。今日は色々作ってきたから、どんどん食べてくれ」

優希「言われるまでもないじぇ!」



優希「…うっぷ」

京太郎「大丈夫か?」

優希「た、多分大丈夫だじぇ…けほっ」

京太郎「…胃薬買ってくるよ」


優希「きょ、京太郎…ごめんね」

京太郎「お互い様だし気にすんな。タコスを作りすぎたのは俺なんだし」

優希「う…うん」

京太郎「それじゃあ、ちょっくら行って来るわ」

優希「気をつけてね」



京太郎「さて…胃薬もそうだが、この余ったタコスはどうしたらいいんだろうか」

京太郎「俺一人じゃ全部は食べきれないし…」


それから、京太郎が胃薬を買って控え室に戻る途中のこと。

「お腹空いた…ダルい」

いかにも気だるそうな雰囲気をした女の子が、道のど真ん中に寝転がっていた。



京太郎「…あんな所で一体何やってたんですか?」

白望「お腹空いて動くのがダルかったから、つい」

京太郎「不審者と間違えられても知りませんよ、俺は」


白望「何と言われようと、ダルいものはダルいから仕方ない…ん?」

京太郎「どうしました?」

白望「君の持ってるその小袋から、何だか良い匂いがする」

京太郎「ああ、コレですか。ウチの先鋒に用意したタコスですよ」

白望「…良かったらそれ、食べさせて貰えないかな?」

京太郎「どうぞどうぞ。作りすぎて持て余していた所ですから…どうぞ」


白望「では遠慮無く…いただきます」

京太郎「…味はどうですか?」

白望「…」

京太郎「…小瀬川さん?」

白望「…もう一個、頂戴」

京太郎「…喜んで!」

白望(本当に嬉しそうだなこの子…まあいいか、タコス美味しいし)

京太郎(凄い勢いで食べるなこの人…ひょっとしたら優希より良い食べっぷりじゃないか?)


白望「…ごちそうさま」

京太郎「美味しく食べてもらえたようで何より」

白望「実際美味しいのだから当然」

京太郎「そう言って貰えると、雑用冥利に尽きます」

白望「…一応、マネジャーではなく部員の扱いなんだよね?」

京太郎「一応その通りなんですけど…現状ではそう言えやしませんよ」

白望「…そう」


京太郎「それより、もうダルさは無くなりましたか?」

白望「…お陰様で」

京太郎「それはよかった。じゃあ俺、そろそろお暇しますね」

白望「…また」

京太郎「?」

白望「また…機会があったら、タコスを食べさせて貰ってもいいかな?」

京太郎「勿論ですよ!」

白望「清澄が決勝に行ける様、私…応援してるから」


京太郎「…ただいま、優希」

優希「…」

京太郎「…遅くなってすまん。水と胃薬ならちゃんと買ってきたし、ほら…」

優希「…そんな事で怒ってるんじゃないんだじぇ」

京太郎「え、何だよそれ?」

優希「…宮守の小瀬川さんに、私が食べるはずのタコスをあげてたでしょ?」

京太郎「な、何でお前がそれを」

優希「…見てた」


京太郎「見てたってお前」

優希「だって帰り遅かったし…心配になって様子を見に行ったらアレだもん」

京太郎「…どうにもほっとけなくてな」

優希「小瀬川さんがタコス食べてるのを見てた京太郎、すっごく嬉しそうだったじぇ」

京太郎「生憎それは、誰であっても同じだし」

優希「でも私の前じゃ、そんな様子一度も見せたことなかったじぇ」


京太郎「…照れ隠し」

優希「え?」

京太郎「お前とは気兼ねなく接していたいからそうしたんだよ…言わせんな恥ずかしい」

優希「…京太郎」

京太郎「だからさ、あんまりこの件には拘るな」

優希「ごめん、多分無理」

京太郎「何でだよ?」

優希「…何でかははっきりしないけど、大事なものを盗られたようで嫌になるから」