竜華「京太郎くん!2回戦勝ったで!」

京太郎「よくがんばりましたね」ナデナデ

竜華「うちご褒美欲しいなぁ…」

京太郎「その前にご飯食べに行きましょう?みんな待ってます」

竜華「なに食べるん?」

京太郎「セーラ先輩がラーメン食べたいって言ってたので中華料理みたいです」

竜華「ほな行こか♪」ギュッ

京太郎「まわりに見られますよ?」

竜華「見せ付けてやればええって♪」


セーラ「……」ズゾゾ

竜華「ん~久しぶりのラーメンおいしいなぁ」

京太郎「おれもラーメンにすればよかったかな…」マーボ

竜華「なら1口食べるか?」アーン

京太郎「ズゾゾ…ああ、ここのけっこうおいしいですね」

竜華「……!!」ピカーン

京太郎「どうしました?」

竜華「ねえねえ京太郎くん…食べさせて?」

京太郎「…仕方ないですねぇ」

竜華「んんっ!京太郎くんに食べさせてもらうともっとおいしくなるなぁ!」

セーラ(普通に食えやバカップル…)


竜華「外は暑かったなぁ…ホテルは涼しいし最高や…」ゴロゴロ

京太郎「スカート捲れてますよ?」

竜華「別に京太郎くんならええって…それより」ペシペシ

京太郎「膝枕ですか?なら遠慮なく…」ゴロッ

竜華「明日はついに準決勝やねー玄ちゃんたちと戦うんやな…」ナデナデ

京太郎「一緒に決勝に行けたらいいんですけどね…よっと…」

竜華「こら!スカートの中覗こうとしない!」ペシッ

京太郎「くっ…」

竜華「インハイ中は我慢しような?」ナデナデ

京太郎「そういえば…ご褒美はどうします?」

竜華「んーさっき考えたんやけど…膝枕なんてどうや?」

京太郎「今してますよね?」

竜華「ちゃうで?うちが京太郎くんにしてもらうんや!」

京太郎「それご褒美なんですか?」

竜華「まあええんやない?うちがご褒美って思うんならご褒美やろ?」

京太郎「なら…よっと…」


竜華「……」ドキドキ

京太郎「さあ、どうぞ?」

竜華「ほな失礼して…」

京太郎「どうですかね?」

竜華「んーっ!たまにはしてもらうのも有りやなぁ…」スリスリ

京太郎「いつもと逆だと変な感じですね」

竜華「なんか京太郎くんのにおいがして落ち着くなぁ…」クンカクンカ

京太郎「どこのにおい嗅いでるんですか…変態ですか?」

竜華「なっ!?そんなんやないって!」

京太郎「インハイ終わるまで我慢しましょうね?」ナデナデ

竜華「うぅっ…そんなんやないのに…」

京太郎「でもやっぱりにおいフェチでしたか…たまににおい嗅いでくるからなんとなく予想してましたけど…」

竜華「普段からそんなことしてた…?」


京太郎「そういうところもかわいいですって」

竜華「もう開き直るっ!」クンカクンカクン…

京太郎「他の人がいるときにはしないでくださいね?」

竜華「2人だけのときしかせんもん!」

京太郎「でも恥ずかしいからここで終了です!」

竜華「別に減るもんやないのに…ケチ!」

京太郎「その代わりに…んっ…」

竜華「ちゅっ…はむっ…れろっ…ぷはっ…」

京太郎「今日はこれで許してください…決勝いけたら何でも好きなようにさせてあげますよ?」

竜華「…約束やからな?」

京太郎「男に二言はありません!」

竜華「よし!なら明日は1位通過してもっと京太郎くんのにおい嗅がせてもらうで!」

カン!