寮長さんは金髪学生 鶴賀ver

休日朝

京太郎「ふんふんふ~ん」トントントン

モモ「」ソローリソローリ

京太郎「今日の朝飯は昨日の唐揚げの残りだからちょっと脂っこいかもなーっと」カチャカチャ

モモ(よし!唐揚げいただきっす!)ソーッ

京太郎「止めんか」ペシッ

モモ「うぇぇ!?京さんまた見えてるんすか!?ステルス全開にしたのに!」

京太郎「そのステルスってのがよくわからないんだけどな…お前がこそこそしてんの全部丸見えだぞ?」

モモ「うーっ…だから京さんは大好きっす♪」ダキッ

京太郎「おっと。そいつは嬉しいけどなモモ、つまみ食いしようとした罰は受けてもらおうか…」ゴゴゴ

モモ「ひぃぃ~!勘弁してくださいっすー!」アワアワ

京太郎「ならーん!」グリグリグリモモ「ぎゃーん!」バタバタ

ゆみ「二人とも仲がいいのは良いことだが少し騒々しいぞ…」

智美「そーだぞー?受験生がいるんだからいちゃいちゃはほどほどになー?」

佳織「ふ、ふわぁ…二人とも恋人だったなんて…おめでとうございます!」

京太郎「ああ、おはようございます皆さん。後それは誤解です。こいつが絡んでくるだけです」グリグリグリグリ

モモ「反省したからいい加減やめて欲しいっすー!」ワタワタ

京太郎「はいはい」パッ「で、睦月さんはどうしました?」

智美「むっきーなら昨日はずっとプロ麻雀カードを眺めてて寝不足だぞー」

ゆみ「寝かせておいてやるのもいいが…まぁそこは京太郎くんに任せるとするよ」


京太郎「んー…後でにしましょうか。せっかくの休日ですしね」

佳織「じゃあそろそろ用意しちゃいましょうか?盛りつけは任せてください!」ふんす!

ゆみ「そうだな。たまには私たちも手伝わせてもらおうか」

京太郎「じゃあお願いしますね。お茶は俺が用意しときますから」

モモ「私も手伝「モモはつまみ食いするから却下」「(´・ω・`)」

智美「むっきーの分はラップしておくぞー」

京太郎「ではみなさん」

「「「「「いただきま~す」」」」」

アッ!モモソレオレノツケモノ!シラネッス!アサノオカエシッス!フタリトモシズカニタベロ!

ーーーーー

睦月「すー…すー…」

睦月「やったぁ…全種…コンプ…」ニヘラ

睦月「すー…すー…」

カンッ