前話  次話






【清澄麻雀部室】

まこ「もう少しで秋季大会じゃが…今日から清澄麻雀部に入ってくれる滝見さんじゃ」

春「滝見春。よろしく。皆の邪魔をするつもりはないから…」

まこ「まぁ、滝見さんはそう言っとるが、秋季大会はオーダーを途中で変える事も可能じゃ」

まこ「実力そのものは直接当たったわしらが知っとるし、まずは色々とオーダーを試してみたいんじゃが…」

優希「異論はないじぇ」

咲「うん。私もそれで良いと思う」

和「えぇ。部長さんなら任せられます」

小蒔「私もまこちゃんなら安心です」

まこ「うんうん。皆ならそう言ってくれると思っとった」

まこ「という訳で…こっちとしては滝見さんにも参加して貰った方が嬉しいんじゃが…」チラッ

春「そう言われると断れない…」

まこ「はは。すまんな」

まこ「ただ、どの道、来年のインターハイには一緒にやるんじゃ。遅いか早いかの違いじゃろ」



まこ「と言う訳で初戦のオーダーじゃが…先鋒は優希」

優希「はい」

まこ「次鋒は滝見さん」

巴「はい」

まこ「中堅はわしで副将は和」

和「……」

まこ「ん?和?」

和「あ…すみません」

まこ「どうした?」

優希「具合、悪いのか!?保健室行くか!?」ワタワタ

咲「大丈夫?」

和「え、えぇ。大丈夫です」

和「ただ…その…今回は私…お休みでも良いでしょうか?」

まこ「え…?」



和「今のままの私では皆さんの足手まといになってしまいますし…」

まこ「わしはそうは思わんが…」

優希「そうだじぇ。新人戦でいい所まで行ったし、のどちゃんは相変わらず強いままだ」

和「それでも…今の私で透華さんや東横さんに太刀打ち出来るとは思えません」

和「実際…新人戦で私は東横さんに負けてしまった訳ですし」シュン

優希「それは…東横さんがのどちゃんを狙い撃ちにしてたと言うか…」

咲「それに私だって一回戦で東横さんに負けちゃったし…」

和「でも…結果、私は三位になってしまいました。それは否定しようのない事実です」

まこ「だからって何も全部、休む必要はないじゃろうに」

咲「そうだよ。副将がダメなら他のところで出ても…」

和「メンバーが足りないならまだしも、今の清澄は団体戦に出られるだけの数があります」

和「私を無理に活かそうとする必要はないでしょう」

和「それよりも私の代わりに神代さんを一試合でも多く出してあげて下さい」

小蒔「えっ」




和「神代さんは今、新しい打ち方を模索してる最中です」

和「それを形にするために必要なのは少しでも多い実戦経験でしょう」

小蒔「で、でも…私…」アセアセ

和「…大丈夫ですよ。今の神代さんならそう簡単に負ける事はありません」

和「それに…後ろにはフォローしてくれる方がついてくれるんですから」

まこ「まぁ…そうじゃな。小蒔の今の成績じゃ大将起用はちょっと難しいし…」

まこ「相手にもよるけど、基本的にわしか咲が大将を務める事になるだろう」

まこ「和もこう言ってくれとる事じゃし、後ろはわしらに任せて気軽にやってしまえば良いと思うぞ」

小蒔「まこちゃん…」

和「ほら、部長もこう言ってくれていますし…ね」

小蒔「…でも、突然、入った私の為に原村さんが抜けるなんて…」

和「良いんですよ。今よりも明日です」

和「神代さんがここで経験を積む事は必ず、来年の清澄の為になるんですから」

和「それに…私の方はまだちゃんとした成果が出る気配がありませんし…」

和「戦力的にも神代さんが入ってくれた方がプラスになるはずです」

小蒔「原村さん…」


小蒔「…分かり…ました。不安ですけど…でも…やってみます」グッ

まこ「ん…じゃあ、話は纏まったな」

まこ「初戦の副将は小蒔で、大将は咲」

小蒔「はい!」

咲「はい」

まこ「途中でオーダーも変えるかもしれへんけれど、とりあえずはこれで行く」

小蒔「初戦の相手しか知らされてないんでしたっけ?」

まこ「うむ。秋季大会はメンバーの入れ替え可能じゃし、不平等を少しでもなくす為じゃな」

まこ「観戦室もあるが、ブロックまでは分からんし、本当に揃う直前まで相手は謎のままじゃ」

まこ「そういう意味じゃ先鋒起用安定で速攻高火力な優希がうちにいるのは有難いの」

優希「ふふーん」ドヤァ

まこ「…ドヤ顔する前に点数調整の一つでも覚えんか」ピシッ

優希「ひゃぅ!」




まこ「(しかし…今の清澄の戦力は異常じゃな…)」

まこ「(ほぼ全員が全国区で活躍できる打ち手な上に、一年が四人もおる)」

まこ「(特に咲、和、小蒔の三人は雑誌でも注目されとるくらいの打ち手じゃ)」

まこ「(去年のわしらがそうだっただけに安心する訳にはいかんが…)」

まこ「(そう簡単に無名校相手に負ける戦力じゃない)」

まこ「(…と言うか下手したらわしがスタメン落ちしてもおかしくないレベルじゃな)」ハハッ

まこ「(ほんの一年前には団体戦に出る事だけでも夢みたいだったのに…こんな事になるとは)」トオイメ

まこ「(嬉しいのは嬉しいが…なんとなく複雑な気分じゃな…)」

小蒔「まこちゃん?」

まこ「あぁ…すまん。何でもない」

まこ「(馬鹿な事考えとらんで気持ちを切り替えんとな)」

まこ「(鶴賀は人数不足で出れないって話だし…本気で警戒するべきは風越と龍門渕くらいじゃろ)」

まこ「(特に龍門渕は天江衣が恐ろしいが…全国でさらに一回り大きくなった咲が勝てない相手じゃない)」

まこ「(和は辞退したのは予想外じゃったが…代わりになる人はおるし)」

まこ「(それもこれも全部… ―― )」




京太郎「終わりました?」ヒョコ

小蒔「京太郎様~♥」ガバッ

京太郎「よっと…」ダキッ

京太郎「いきなり抱きついたら危ないって何時も言ってるだろ」ナデナデ

小蒔「ふわ…ぁ♪」

和「まぁまぁ。神代さんも寂しかったんですよ」

小蒔「そうです!何も会議するからって外に出なくても良いじゃないですか」

京太郎「女子の打ち合わせに俺がいたってやる事ないだろうに」

小蒔「それでも…傍にいて欲しかったです…」スネー

京太郎「…」

小蒔「…欲しかったですー」ジー

京太郎「そうやって拗ねてる小蒔にはアイスはなしな」

小蒔「え、えぇぇ!?ご、ごめんなさい!!」



京太郎「んで、ついでですし、買い出し行って来ましたよ」

まこ「何時もすまんのぅ」

京太郎「何、何時もの事でしょうお婆さんや」

まこ「誰がお婆さんか」ツネー

京太郎「い、いひゃいっす」

まこ「まったく…わしはまだまだ若いんじゃぞ」ハナシ

京太郎「はい。部長は若くてお美しい素敵な方ですよっと…」ガサガサ

京太郎「んじゃ、適当にそこの袋から好きなの選べよ」

咲「京ちゃんは?」

京太郎「俺は残ったので良いよ。完全に趣味で選んできたし」

優希「…ダッツは?」

京太郎「ある訳ないだろ、タコス」

優希「気が利かない奴め…これだからお前は京太郎なんだじぇ」ヤレヤレ

京太郎「お前は今、全国の京太郎さんに喧嘩売ったぞこら」グリグリ

優希「あぅー」ジタバタ



咲「って…これ…何?」

京太郎「あぁ、それか。それは春の分」

春「…え?」

京太郎「流石に黒糖アイスはなかったんで黒糖の飴を買っといたぜ」

春「」パァァ

京太郎「勿論、普通のアイスもあるから適当に選んでくれよ」

優希「…なんか私と露骨に扱いが違わないか?」

京太郎「そりゃお前、優希に優しくしても…なぁ」ジー

優希「やん♪京太郎のエッチー」カクシ

京太郎「…はぁ」

優希「おい今のため息はどういう事だコラ」

京太郎「いや、優希だって諦めずに居れば、AAから脱出出来るって」ポン

優希「こ、これでも一応、Aはあるもん!!!!」キシャー

咲「えっ!?」

優希「ちょっと待ってなんでそこで咲ちゃんが驚くんだじぇ?」

咲「う、ううん…な、何でもないよ!!」

咲「(…実は私、AAだなんて…絶対に言えない…!!)」



小蒔「むー…京太郎様!」

京太郎「ん?」

小蒔「わ、私だってその…おっぱい大きいですよ!」

京太郎「お、おう」

小蒔「だから、もうちょっと私にもこう…スキンシップをですね」

春「…嫉妬?」

小蒔「ち、違いますー!違いますけど…その…」カァァ

京太郎「んー…」

小蒔「」チラッチラッ

京太郎「…さっきいきなり抱きついてきたからそういうのなしで」

小蒔「」ガーン


和「そ、それより…須賀君、外は大丈夫でしたか?」グッ

京太郎「あぁ。まぁ曇りだったけど雪とか雨はなかったぜ」

京太郎「でも、そろそろ本格的に防寒具はいるかもな」

和「そ…そうですね。最近は急激に冷え込んできましたし…」グイグイ

小蒔「私なんかは最近はもうコートが手放せません…」

京太郎「鹿児島から比べるとぐっと冷え込むもんなぁこっち」

京太郎「大会も近いんだし、暖かくして、風邪とか引かないように気をつけろよ」ナデナデ

小蒔「はい…♪」

和「…結局、構っちゃってるじゃないですか」クスッ

京太郎「あ…しまった…つい撫でやすい位置に小蒔がいたからつい…」

小蒔「えへへ…私の勝ちですね♥」

京太郎「悔しいけど、その通りだなー。くそぅ…」

京太郎「ところで…和はさっきから何をやってるんだ?」

和「え…?」

京太郎「その…胸の下で腕を組むみたいな…」

和「こ、これは…その…」カァァ

小蒔「原村さんも…京太郎様に構って欲しいんですか?」

和「そ、そんなオカルトあり得ません!!」マッカ

京太郎「はは。まぁ、和が良ければ幾らでも構うけれどな」

和「えっ…」

小蒔「えー…原村さんだけズルいです…」

京太郎「小蒔はさっきズルして撫でられたからダメ」

小蒔「むぅーまこちゃんに言いつけて来ます!」

まこ「こらー京太郎。あんまり小蒔を虐めるんじゃないぞ」ハム


春「…じゃあ、私は黒糖くれたし京太郎に着く」

まこ「なん…じゃと…」

咲「え…えっと、じゃあ、私は神代さんの方に…」

優希「私も勿論、神代さんにオールインだじぇ!」

春「…孤立無援…」

京太郎「はは。分の悪い闘いになっちまったな」

春「でも…京太郎と一緒なら…悔いはない」

京太郎「春…お前…」

春「私は何時だって京太郎の味方だから…」ニコッ

京太郎「勝てる目算の殆どない闘いなんだぞ?」

春「それでも…死ぬ時くらい一緒が良い」

京太郎「馬鹿…」

春「知らなかった?恋する乙女なんて何時だって愚かな生き物」クスッ


小蒔「…むぅ…」プクー

まこ「なんか美味しいところだけ持っていかれたなぁ」ケラケラ

和「まさに役者が違うって感じですね…」

咲「まさか…神代さんだけじゃなくって滝見さんまで…?」

優希「本当、京太郎は鹿児島で何をしたんだじぇ…」

京太郎「まぁ…その辺はプライバシーなアレコレって事で黙秘権を行使します」

京太郎「それにこんなの冗談の一環だろ。本気にしたら春に悪いって」

春「……」

咲「(冗談…なのかな?)」

まこ「(その割りには…一瞬、目がマジだったと思うがな)」

優希「(京太郎は変な所で鈍感だからなー)」

京太郎「それよりほら、暖房入ってるんだし、和も早く食べないとアイス溶けるぞ」

和「え…あ…」

京太郎「どうした?」

和「…あの…えっと…」スッ

京太郎「ん?」

和「……」カガミ

京太郎「???……あ」ポム

京太郎「…」ナデナデ

和「あ…♥」

小蒔「ぅ~…今度は原村さんに…京太郎様を取られちゃいました…」

和「べ、別に取った訳じゃ…はぅ♪」ニヘラ

小蒔「その割りには顔が嬉しそうです…」プクー


京太郎「仕方ないな…ほら、小蒔」

小蒔「えっ…?」

京太郎「ちょっと曇りだけど、テラスの方行こうぜ」

優希「あー!それ私の特等席なのに!」

京太郎「悪いな、ちょっと貸しといてくれ」

優希「…仕方ない。その代わり後でタコスな」

京太郎「…買い出し行くだけだぞ」

優希「ちっ…ケチンボめ」

京太郎「別にそれが嫌なら何もなしでも構わないんだぜ?」

優希「ごゆっくりどうぞー」

京太郎「まったく…現金な奴め」



【テラス】

京太郎「それで…どうしたんだ?」

小蒔「え…?」

京太郎「最近はあんまり人前で抱きついたりしなうなったのに、今日は人一倍、感情の起伏が激しいだろ?」

京太郎「だから、何かあったのかなって思ってな」

京太郎「勿論、俺の思いすごしなら良いんだけどさ。もし、何かあったんなら、相談に乗るぞ」

小蒔「…ふふっ♪」

京太郎「ん?」

小蒔「いえ…すみません」

小蒔「やっぱり…京太郎様は凄いなって…そう思って」

京太郎「凄くなんかないって。小蒔の様子がちょっと変なのは多分、部長も気づいてたし」

京太郎「春辺りも間違いなく分かってたはずだしな」

小蒔「それでも…こうして私に手を差し伸べてくれたのは京太郎様なんです」

小蒔「私にとって最高の…身も心も捧げたくなるくらい素敵な婚約者さんなんですから…♥」


京太郎「あんまりそうやって持ち上げるなよ、恥ずかしくなるだろ」ポリポリ

小蒔「ふふ…♪でも、本心ですから」

京太郎「あー…もう…小蒔は時々、素直過ぎてやりづらいな」

小蒔「そんな私はお嫌いですか?」

京太郎「可愛くて堪らないからやりづらいんだよ」ナデ

小蒔「あふ…ぅ♪」

京太郎「そうやって目を細めて幸せそうにされると何でもしてやりたくなるからなぁ…」

小蒔「京太郎様が傍にいてくれるなら…何時だって今の私が見れますよ」

京太郎「それは魅力的な気がするけど…甘やかし過ぎて石戸さんたちに怒られそうだ」

小蒔「その時は駆け落ちでもしてみますか?」

京太郎「そんな事になったら石戸さんたちに地の果てまでも追いかけられそうだなぁ…」

小蒔「その時は私が霞ちゃんたちも巻き込んじゃいます♪」グッ

京太郎「六人での駆け落ちかぁ大所帯になるなぁ…」

京太郎「でも、まぁ…小蒔と一緒なら駆け落ちも悪くないって思えるよ」

小蒔「はぅん…♥」


京太郎「それで…結局、何があったんだ?」

小蒔「…秋季大会の事です」

京太郎「あぁ…そろそろだったもんな。もしかして部長に外れてくれって言われたのか?」

小蒔「いえ、まこちゃんはそんな事言いません。寧ろ…逆です」

京太郎「逆?」

小蒔「原村さんが今回完全に不参加を表明して…代わりに一試合でも多く私を出してあげて欲しい…と」

京太郎「あぁ…なるほど」

京太郎「それで…プレッシャーだったって訳か」

小蒔「…はい…」シュン

小蒔「私に…原村さんの代わりが務まるでしょうか…?」

小蒔「未だに原村さんに勝つ事の出来ない私では…逆に皆の足を引っ張ってしまうのではないでしょうか…?」ブル


京太郎「(…ここで小蒔が和の代わりになるのは簡単だ)」

京太郎「(小蒔が持つ巫女としての力を使えば、今の和をまくる事はそう難しくないんだから)」

京太郎「(だけど、小蒔はそれを意図的に使わないようにする為に頑張っているんだ)」

京太郎「(和だって…きっと勝つ為に今まで積み重ねてきたものを壊すようなやり方を望んでいる訳じゃない)」

京太郎「(きっと小蒔に自分自身の力で戦って欲しいからこそ、そうやって自分の枠を譲るような真似をしたんだろう)」

京太郎「(だから…ここで能力に関して言及する事は出来ない)」

京太郎「(それを抜きにした小蒔の力だけを話題にして…彼女を元気付けなけきゃいけないんだ)」

京太郎「(それを難しい…なんて言ってる場合じゃないよな)」

京太郎「(何時かはぶち当たる壁と思っていたでかい壁が小蒔に立ちはだかってるんだ)」

京太郎「(『最高の婚約者』なんて持ち上げられた俺がそれをスルーする訳にはいかないだろ)」

京太郎「(せめて…さっきのように小蒔が無理して明るく振舞ったりしなくてすむくらいに緊張を和らげてやらないとな)」


京太郎「…小蒔は強くなっていってるよ」

京太郎「今だって俺から見た実力差がグイグイ離されてるし、逆に和にドンドン近づいて行ってる」

京太郎「最近は和相手に逆転の手が入ったり、途中まで一位になれてた事も少なくないだろ?」

小蒔「それは…そう…ですけど…そう云うのを緊張して…取りこぼしてしまうのが今の私で…」シュン

小蒔「大会は…もっと緊張すると思います…だから…きっとミスも増えて…」

京太郎「そもそも…それが間違いなんだよ」

小蒔「え…?」

京太郎「何で大会だと緊張するんだ?」

小蒔「それは団体競技で…私の失点が皆の迷惑に…」

京太郎「…あいつらがそんな失点ものともすると思うか?」

京太郎「言っとくけど戦力だけで言えば、今の清澄は全国でも指折りのやばさだぞ」

京太郎「インターハイの試合を見て『魔王』だなんて不名誉な称号をつけられた咲含め、全国クラスばっかりなんだからな」

小蒔「あ…」


京太郎「そうやって不安に思うこと自体、小蒔は皆を信頼出来ていないんだよ」

京太郎「現に…永水だったらどうだった?」

小蒔「…先鋒で…安心して後ろを任せていました」

京太郎「それは皆ならば多少の失点は取り返してくれるって信じていたからだろ?」

小蒔「…はい…」

京太郎「勿論…それはきっと石戸さんや薄墨さん、狩宿さんの存在が大きかったんだと思う」

京太郎「そもそもこっち来てまだそんなに経ってないのに、それだけ信頼しろって言う方が無茶だ」

京太郎「でも…その無茶をねじ曲げて…俺は小蒔に皆のことを信じて欲しい」

京太郎「アイツらなら絶対に…小蒔がどんな戦い方をしても勝ってくれる」

京太郎「だから…小蒔にもそんな風に緊張しないで麻雀を楽しんで欲しいんだ」

小蒔「麻雀を…楽しむ…」



京太郎「自分だけじゃなくって他人の命運まで掛かってるんだ。それは難しい話なのかもしれない」

京太郎「でも、俺は…麻雀で『勝った』と言える奴は一番、楽しんだ奴だと思う」

京太郎「所詮、麻雀なんて娯楽なんだ」

京太郎「例え、最下位でもその人が楽しんでいたら勝ちだし、トップでも歯ごたえのなさにイライラしてたら負けだろう」

京太郎「勿論、これは俺の考えで、小蒔に押し付けるつもりはない」

京太郎「だけど…どうせなら俺は小蒔にそんな風に勝てる奴になって欲しい」

京太郎「そうすれば…きっと小蒔だって自分の本当の実力を発揮出来るはずだから」

小蒔「私の…本当の実力…」

京太郎「あぁ。小蒔はもっともっと強くなれる」

京太郎「神降しがどうとか巫女としての力がどうとかじゃない」

京太郎「今もミスして取りこぼしてるそれを…取りこぼさないような雀士になれるはずなんだ」

京太郎「そうすれば…小蒔は和にだって負けない全国クラスのデジタル打ちだ」

京太郎「多分、和が自分の枠を譲ってまで小蒔になって欲しいのはそういう打ち手なんだと思う」


京太郎「はは…下らない事ばっか語っちゃって悪いな」

京太郎「要点だけ伝えれば…まぁ、楽しんで打てばきっと勝てるっていうろくなアドバイスじゃないんだけど」

小蒔「いえ、とても参考になりました」ペコリ

小蒔「私…頑張ってみます」

小蒔「勝つ事じゃなく…楽しむ事を…」

小蒔「…新人戦の時の京太郎様のように…楽しんで打ってみたいと思います」

京太郎「あー…まぁ、あの時の俺はボロボロでまったくいい所なしだったんだけどな」ハハッ

小蒔「いいえ。とても格好良かったです…!」グッ

小蒔「今、こうして…京太郎様の考えを聞いて…改めて…そう思いました」カァ

小蒔「やっぱり京太郎様は…私にとって最高のお方です…♥」ギュッ

京太郎「ん…有難うな」

京太郎「そう言ってくれると…俺も嬉しいよ」ナデ


京太郎「それで…小蒔は大体、何処に配置される予定なんだ?」

小蒔「とりあえず初戦は副将という形でした」

京太郎「あー…なるほど。和の代わりに置くって事か…」

京太郎「(そして当たる可能性があるのは…インターハイと同じ構成なら東横選手や龍門渕選手…か)」

京太郎「(流石にこの二人相手に今の小蒔がぶつかって…オカルトなしで勝てるとは思えない)」

京太郎「(東横選手は副将戦で和以上に稼いだし、龍門渕選手は和と並ぶデジタル打ちなんだから)」

京太郎「(それに小蒔の後ろに点数調整出来る人が二人は欲しいから…)」

京太郎「…よし。俺から部長に言ってみるよ」

京太郎「小蒔は先鋒か次鋒起用の方が安定するって」

小蒔「いえ…大丈夫です」

京太郎「…小蒔?」

小蒔「私…副将で大丈夫ですから」

京太郎「…良いのか?」

小蒔「はい。プレッシャーは京太郎様のお陰で大分なくなりましたし…」

小蒔「それに私の後ろにいるのは…宮永さんかまこちゃんです」

小蒔「その二人に任せれば…大丈夫だって私、信じていますから」

京太郎「そっか」ナデ


京太郎「でも、無茶はするなよ。自分のやりたい打ち方で良いんだ」

京太郎「秋季大会なんて殆ど練習試合みたいなものなんだから、無理に気負って勝ちなんか狙わなくて良い」

京太郎「負けたら負けたで…一緒に皆に謝ろう」

京太郎「きっと皆なら笑って許してくれるはずだから」

小蒔「はい…っ♪」

小蒔「あ…でも…それじゃ…一つだけお願いしても良いですか…?」

京太郎「おう。俺に出来る事なら何でも言ってくれよ」

小蒔「あの…も、もし…私が最後まで頑張れたら…ご褒美…くれますか?」カァァ

京太郎「…エッチな奴?」クスッ

小蒔「そ、それも含めて…と言うか…その…ここ最近、一緒に居られる事が少なかったので…」モジモジ

小蒔「秋季大会が終わったらのんびり出来ますし…京太郎様と一緒に一日中過ごしたいな…って…」モジモジ

小蒔「ダメ…ですか?」ウワメヅカイ

京太郎「ダメな訳ないだろ」ギュッ

小蒔「ひゃぅ…♪」

京太郎「寧ろ、俺が言おうと思ってたくらいなんだからさ。…寂しがらせてごめんな」

小蒔「いえ…そんな…アルバイトや練習などで忙しいのは分かっていますし…」アセアセ

小蒔「寧ろ、私の方こそ…我慢出来なくて申し訳ないです…」カァァ

京太郎「…良いんだよ。そんな風に変な遠慮なんてしなくて」

京太郎「これから夫婦になるって男相手なんだからもうちょっと甘えて良いんだ」

京太郎「ダメならダメって言うけれど、それで俺が小蒔の事を嫌いになる事はないよ」

京太郎「それくらい俺は小蒔の事好きなんだからさ」ボソッ

小蒔「は…ぁ…ぁ♥」ブルリ



京太郎「さて…と…やっぱり外は随分と冷え込むな…」

小蒔「私は…こうして抱いていただければ…それだけでポカポカします…♥」

京太郎「まぁ…俺もそうなんだけどな。小蒔の体温って結構、高いし」

小蒔「京太郎様のお陰で…ポカポカしてますから…♪」

京太郎「俺専用ホッカイロか。随分と持ち運びが不便そうだな」クスッ

小蒔「でも…お側に置いてくだされば身の回りの世話も…色々しますよ…♥」

京太郎「エッチな事も?」

小蒔「じ、実は…得意分野だったり…しちゃったりして…」モジモジ

京太郎「んじゃ…今日は久々にその得意分野で役に立ってもらおうかな」

小蒔「い、良いんですか!?」

京太郎「あぁ。でも、今日は親父は遅くなる日だし、お袋も出かけるって言ってたから」

京太郎「まぁ、家に帰ってからだけど…小蒔の身体を味わう時間くらいはあると思う」

小蒔「あ…あぁ…っ♪♪」ブルッ

京太郎「…興奮した?」

小蒔「興奮どころか…スイッチ入っちゃっいましたぁ…♥」

京太郎「はは。悪い。でも…家まで我慢しろよ」

京太郎「そしたら…思いっきり可愛がってやるからさ」チュッ

小蒔「はい…っ♪」



優希「こらあああああ!京太郎!何時まで私の特等席でイチャついてるんだじぇ!」

京太郎「まったく…空気読めない奴だな」

優希「寧ろ、空気読んでますから!コレ以上、桃色オーラ出されると堪らないですから!!」

和「……」ニコニコ

春「……」ポリポリ

咲「……」ゴッ

優希「ほらな!!ほらな!!!!」ナミダメ

京太郎「あー…なんか良く分からないけどすまん」

優希「こんなに露骨なのに…これだから京太郎は」ハァ

京太郎「だから何なんだその溜息は」

優希「何でもないじぇ。…ただ、神代さんも苦労するなぁって思って」

小蒔「ふふ…♪でも、それ以上に幸せにして頂いておりますから…♥」

優希「あーもう…そろそろ冬も近いのに熱いってどういう事だじぇ」パタパタ

京太郎「バカは風邪引かないって聞いたけど…」

優希「ほぅ?」グッ

京太郎「すみません、優希様。だから、その握り拳を下ろして頂けないでしょうか」




京太郎「つか、俺らの分のアイスは…」

まこ「あぁ、もうわしらが食った」

京太郎「はぁ!?」

まこ「いやぁ、スーパーカップは強敵じゃったな」ケラケラ

京太郎「何時もストッパーな人が率先して食べてる…だと…?」

まこ「まぁ、アレだ。二人の関係は知っとるが、こう目の前でイチャつかれるとな」

優希「正直…生きた心地がしなかったんだじぇ」

まこ「そうそう。だから、これくらい手間賃として受け止めろ」

京太郎「手間賃って何なんですか」

優希「神代さんは京太郎には勿体無いくらいの人なんだからこれくらいは仕方ないじぇ」

京太郎「くそぅ…こんなの虐めだ…子ども電話相談室に連絡してやるぅ…」



小蒔「ふふ…♪私は別に構いませんよ」

小蒔「それよりももっと甘くて美味しいものを…頂きましたから…♥」カァ

優希「それって…」

和「」ゴッ

春「」ゴッ

咲「」ゴゴゴッ

優希「…火に油を注ぐだけって…遅かった…」

和「…小蒔さん、大会まで時間もありませんし、ちょっとこちらで特訓しませんか?」

咲「そうだね。和ちゃんの言う通り…時間が勿体無いよ」

春「大会までに姫様の安定性を鍛えるのは急務」

小蒔「そうですね。じゃあ、京太郎様、ちょっと行ってきます!」グッ

小蒔「あ、そうだ。京太郎様、これが終わったらスーパー寄りましょう」

小蒔「買い物に来る方々に夫婦みたいだねって言われるのも悪くないですし…アツアツのピッツァも食べてみたいです!」

小蒔「楢の木の薪で焼いた本物のマルガリータなんてどうですか?あ、勿論、ポルチーニ茸ものっけますね」テレテレ

小蒔「付け合せには京太郎様のパインサラダなんてどうでしょう?」

京太郎「いや、それは良いんだけど…あの…小蒔?」

小蒔「やった!それじゃあパインサラダ期待していますね!」グッ

京太郎「いや、あの、それは嬉しいんだけど、多分、今、あの三人に近寄らない方が良いと言うか…」

小蒔「すみませーん。お待たせしましたー」

京太郎「あぁ…浮かれ過ぎて聞いてない…」


















小蒔「ひにゃああああああああああ!?」



















【秋季大会清澄高校控え室】

小蒔「は…ぅぅ…ぅ」

京太郎「…大丈夫か?」

小蒔「はっ…え…な、何ですか!?」

小蒔「あ、明日のお天気は晴れだと思います!」

京太郎「まぁ…それも気にならないって言えば嘘になるけど…」

京太郎「小蒔の状態は大丈夫かなって」

小蒔「あ、はい!大丈夫です!」

小蒔「ち、ちょっとカンが怖いですけど…そ、それだけですから」フルフル

京太郎「…さーきー?」

咲「あ、あはは…その…ごめんなさい」

京太郎「まったく…大会前にチームメイト凹ませてどうするんだよ」

和「ごめんなさい…」シュン

春「反省してる…」シュン

小蒔「あ…い、いえ!本当に大丈夫ですから!だから、三人を責めないであげて下さい」

小蒔「皆は大会前に私を鍛えてくれようとしてくれただけで、凹んじゃった私が悪いんですから…」ショゲ

咲「はぅ」ズキズキ

和「うっ」ズキズキ

春「…ごめんなさい」ズキズキ


まこ「はいはい。小蒔が大事なのは分かるけど、その辺にしとけ」

京太郎「部長…」

まこ「それより…そろそろ一回戦が始まるから、その準備じゃ」

まこ「前もって伝えていた通りのオーダーで行くぞ」

優希「了解だじぇ」

春「…ん」

小蒔「了解です」

咲「はい」

まこ「一線級の戦力が集まった新生清澄の初陣じゃ」

まこ「注目もされとるが、その期待を超えられるだけの力があるとわしは思うとる」

まこ「だから、気軽に行こう」

まこ「いつも通りの麻雀をすれば、おのずと結果は見えてくるんじゃからな」

全員「はい!!」


京太郎「(…と、まぁ…始まった秋季大会だけれど…)」

京太郎「(正直、圧倒的と言っても良いくらいだった)」

京太郎「(元々、清澄の中核はほぼ抜けていないままに小蒔たちが入ってくれているんだ)」

京太郎「(インターハイが終わった影響で三年生が抜け、一二年生が主軸となった他校が対抗出来るはずがない)」

京太郎「(対戦者をまさしく蹂躙していくように清澄は勝ち進んでいった)」

京太郎「(その様を観戦室で『魔王の行進』だとか『魔境の中の魔境』だって言う人もいたくらいだ)」

京太郎「(まぁ…実際、俺も反則だって思うよ)」

京太郎「(相手からすれば和がいないのが舐めプに見えるレベルだってのも…なんとなく分かる)」

京太郎「(でも、だからって…『勝つ為に清澄が金で選手を集めた』とか『永水が取り入った』なんて陰口は、まったく的外れなものだ)」

京太郎「(そもそも清澄は元々のメンバーで優勝狙えるくらいに充実してるんだから)」

京太郎「(それをわざわざ永水から人を集めたり、逆に永水が清澄まで来る必要はない)」

京太郎「(そんなのは少し考えれば分かると思うんだけど…やっぱり妬みなんだろうな)」

京太郎「(良くも悪くも…今の清澄は注目の的なんだ)」

京太郎「(その一挙一動で評価が左右に振れてしまうくらいに)」

京太郎「(だからこそ、それを吹き飛ばすくらいの実力を見せなければいけないんだけれど…)」

【廊下】

まこ「ようやく準決勝…か。中々に順調じゃったな」

京太郎「そうですね。まぁ、相手に風越も鶴賀も龍門渕もいませんでしたし」

まこ「今のわしらにとって怖いのはその三高くらいなものじゃからなぁ」

京太郎「えぇ。…とは言っても…それもこれまでですけれど」

まこ「次は龍門渕…か」

京太郎「…部長、今日は…」

まこ「分かっとる。今日は満月でもないし、まだ夜と言うほど更けてもいない」

まこ「ここで龍門渕と当たれたのは寧ろ僥倖と言う奴じゃろ」

まこ「相手さんも県予選で当たった時より強くなっとるとは言え、こっちの戦力アップは著しい」

まこ「練習試合もよぉやっとるし、手の内も殆ど分かってる」

まこ「それを思えば…怖がるような必要はない」

まこ「だけど…どうしてじゃろうな」

まこ「さっきから…嫌な予感が止まらん」

京太郎「…部長」

まこ「はは。すまんな。つい弱音を吐いてしもうた」

まこ「もうちょい部長らしくしなきゃいけないってのは分かっとるんじゃが…」

京太郎「…どんな立場の人だって弱音を吐きたい時くらいあります」

京太郎「女子の前でしっかりしなきゃいけないってのは分かりますけれど…俺の前でそんな風に片意地はらなくて良いですよ」

京太郎「一応、口は固い方ですし、誰にも言いませんから」

まこ「…有難うな」




【控え室】

まこ「さて…次の相手じゃが…龍門渕に決まった」

和「」ピクッ

咲「って事は…次は激戦になりそうだね」

まこ「そうじゃな。相手は去年全国に出た強者じゃ」

まこ「小蒔たちもその実力の程は良く分かっとるじゃろ」

小蒔「…えぇ」

春「天江選手が最多得点記録を塗り替えた試合は…まさに圧倒的…」

咲「それ以外の人たちも全国で十二分に通用する打ち手だし…」

まこ「うむ。正直、これまでとは違う…互角かそれ以上の相手じゃ」

まこ「だけど、ここにいるメンバーであれば、勝って決勝に行くのはそう難しくない」

優希「公式戦リベンジのチャンスだじぇ」

まこ「…出る気満々みたいじゃが、優希を出すつもりはないぞ?」

優希「え、えぇぇ!?」

まこ「はは。冗談じゃ」

まこ「優希はうちの大事な切り込み隊長じゃからな」

優希「お、脅かさないで欲しいじぇ…」



まこ「さて…それで相手の編成じゃが…京太郎」

京太郎「うす。今まで観戦室で龍門渕の試合を見て来ましたが、メンバーに変化はありません」

京太郎「オーダーも何時もと同じでした」

京太郎「あちらで指揮をしているであろう龍門渕選手は目立ちたがり屋ではありますが、堂々とした選手です」

京太郎「恐らくは土壇場でこのオーダーを変える事はないでしょう」

まこ「…と言う事じゃ。つまりわしらも下手にオーダーを弄る必要はないという事じゃな」

まこ「いつも通りの清澄で…龍門渕を叩く」

まこ「その為に…まずは優希」

優希「はい」

まこ「相手は色々と世話になった井上選手じゃが…やれるな?」

優希「勿論!こっちの速さも負けてないって事を見せてやるじぇ」

まこ「では…次鋒はわしで…中堅は…滝見さん」

春「はい」

まこ「相手は恐らく国広選手。土壇場でも安定した打ち方をする相手じゃ」

春「大丈夫…どんな相手でも流すのは得意」

まこ「頼もしいな。では…副将は……」

和「……」


小蒔「あの…私は別に良いですから…」

和「えっ…」

小蒔「…原村さん、本当は出たいんですよね?」

小蒔「龍門渕の名前が出てから、少しソワソワしています」

和「…それは…」

小蒔「相手の龍門渕透華という方は原村さんをとても意識している方です」

小蒔「きっと今も原村さんと戦える事を楽しみにしているんじゃないでしょうか」

小蒔「…そんな相手を私に譲って…後悔しませんか?」

和「……」

小蒔「私なら…きっと後悔すると思います」

小蒔「だから、もし、原村さんが私の事を思ってそう言っておられるんなら…」

和「…いえ、良いんです」



和「今の私では透華さんの期待には答えられません」

和「彼女が追い求めてくれた…『のどっち』になれない以上、期待ハズレになるだけでしょう」

小蒔「原村さん…」

和「それに透華さんと戦うのは別に何時でも出来ますから」

和「…と言うか、実はこの間もネト麻で対戦したばっかりですし」クスッ

和「だから、私のことは気にしないで、小蒔さんが代わりに出てください」

和「それが清澄の為になるという考えは今も変わっていませんから」

小蒔「…分かりました」

小蒔「この神代小蒔。原村さんの代わりを精一杯務めさせて頂きます」

和「えぇ。でも、あまり気負わないで下さいね」

和「大事なのは勝利ではなく、一つでも多くのことを学ぶ事なんですから」

小蒔「はい…!」



まこ「…どうやら決まったようじゃな。では…副将は小蒔」

小蒔「頑張ります」グッ

まこ「大将は…まぁ、咲しかおらんじゃろ」

咲「ちょ、ちょっとプレッシャーかも…」

まこ「夏とは違って相手は全開じゃないとは言え、天江選手を咲以外で相手出来るとは思えんしの」

まこ「まぁ、咲がダメなら誰でもダメだったんじゃろうし、気楽に打てばええ」

まこ「わしも後に繋げるつもりで適当に打つしの」

咲「はい…」

京太郎「…咲、トイレとか大丈夫か?」

咲「ぅ…そ、そう言われると…ちょっと…」

京太郎「んじゃ、優希が会場行くついでに連れてって貰えよ」

咲「そ、そんな子どもじゃないもん!」

京太郎「そう言いながら三回戦の時に迷ってたのは誰だ?」

咲「そ、それは…その…」カァ

咲「で、でも、もう把握したもん。夏にも来たし…バッチリだもん!」

まこ「…優希」

優希「はいはい。じゃあ、咲ちゃん、私も行きたいから一緒に行こうじぇ」

咲「そ、それだったら、まぁ…」モジモジ

京太郎「(あぁ…やっぱり自信がなかったんだな…)」



京太郎「(そんなやり取りをしながら始まった準決勝)」

京太郎「(それはやっぱり今までどおり蹂躙とはいかなかった)」

京太郎「(勿論、他の二校の実力は俺は見る限りそれほど高くなく、清澄と龍門渕に翻弄されているのが分かった)」

京太郎「(しかし、それでもアドバンテージを奪い合う相手がいるというのは戦況を硬直させるものなのだろう)」

京太郎「(今までのような大差はつかず、龍門渕清澄共に+三万点で収まっていた)」

京太郎「お互いからは殆ど直撃をとれず、他の二校が沈んだ形だ)」

京太郎「(実力は互角だと予想していたとは言え…ここまで拮抗するなんてな)」

京太郎「(こうなると…一人一人の戦績が重要になってくる)」

京太郎「(誰もがそうは思いながらもリードを作る事は出来ず、ズルズルと大将戦へと進んでいく)」

京太郎「(何とか一位を維持していたものの、それは直撃一回で容易くひっくり返るようなリードでしかない)」

京太郎「(それを守りきれるか…それとも潰されてしまうのか)」

京太郎「(そんなプレッシャーの中…迎えた副将戦)」

京太郎「(そこで…大きな動きが起こった)」



小蒔「よろしくお願いします」

透華「…和でありませんのね」

小蒔「すみません。原村さんは今、体調が悪くて…」

小蒔「私では役者不足かもしれませんが、精一杯お相手させて頂きます」グッ

透華「あ…ごめんなさい…」

透華「てっきり和と打てると思っていたから…決して貴女が役者不足というつもりはありませんでしたの」

透華「いえ…そもそも無名の永水女子をほぼ一人で全国に連れて行った神代小蒔が相手となれば、役者不足はこちらの方ですわね」

透華「こちらこそ胸を貸してもらうつもりで打たせて貰いますわ」ニコッ

小蒔「いえ…そんな…」カァァ

小蒔「私なんて…麻雀も下手っぴで…一生懸命やっただけですし…」モジモジ

モブ1「(なんでこんな化け物二人がいる卓に詰め込まれてるのよ…正直、逃げたい)」

モブ2「(本音ではメゲたい…でも…そうやって自暴自棄になっても…何の意味もないし…)」


透華「ロン。3900ですわ」

小蒔「はい…」

まこ「うーん…やっぱり大分、押し込まれとるの」

京太郎「龍門渕選手は全国でも指折りデジタル打ちですから」

咲「…でも、今の透華さんはあんまり怖くないね」

京太郎「あぁ…合宿の時に出た冷やし透華…だったっけ?」

優希「そりゃもう凄かったじぇ…咲ちゃんと衣ちゃんが翻弄されてたからな…」

京太郎「んー…今の打ち筋を見る限り、そういったオカルト持たない堅実な人っぽく見えるんだけどな…」

和「まぁ…でも、今のままだとあの透華さんが出る事はないでしょう」

和「こう言っては何ですが…能力を使わない神代さんは透華さんには及びません」

和「相手の実力に反応するらしい透華さんが切り替わる事はないでしょう」

和「また…ここから先は推測ですが…合宿の時、透華さんが咲さんと同卓した時、彼女は反応しませんでした」

京太郎「…つまり一人一人の実力じゃなく、卓の総合力でスイッチが入ると?」

和「恐らく…ですが」

和「しかし、もし、その推測が当たっているのであれば…例え、能力を使っても透華さんが切り替わる事はほぼないかと」



小蒔「(皆が…大事に守ってきた点棒が…)」

小蒔「(私の所為で奪われて…どんどん龍門渕さんにリードを作られてます…)」

小蒔「(なのに…私…)」

透華「さぁ、どんどん行きますわよ」ゴッ

小蒔「(あの人に…勝てる気がしません…)」

小蒔「(今の私じゃ…まったく太刀打ち出来ないんです…)」

小蒔「(このままじゃ…私の所為で皆が負けて…)」

小蒔「(そんなのは…そんなのは嫌です…)」

小蒔「(…折角、ここまで来たのに…決勝が見えているのに…)」

小蒔「(こんなところで負けるなんて…絶対に…嫌…!)」

小蒔「(だから…私…私…)」


優希「あれ…?神代さんの顔つきが変わったような…」

京太郎「…!?まさか…!」

春「…神が降りる」

京太郎「…そうやって能力頼りにしない為の特訓だったのに…」グッ

和「仕方ありませんよ…神代さんは今までそれを武器にしていたのですから」

和「幾ら使うなと言われても…簡単に封印できるものではありません」

和「それは…今、ろくに戦えない私が一番、良く分かりますから」

まこ「和…」

和「…でも…どうしてでしょう…」

和「今の神代さんを見てると…嫌な予感が止まりません」

京太郎「だ、大丈夫だって。ああなった小蒔は限定的ではあるけど、とても強いんだから」

和「…えぇ。そうですね」

和「(確かに…能力が発動している間の神代さんは強いです。それを頼りにしてきた神代さんがインターハイで活躍できるくらいに)」

和「(でも…もし、それが通用しない相手が現れたら…神代さんは…何を頼りにして打てば良いのでしょう…?)」

和「(…能力が使えている間に…少しでもリードを縮められれば良いんですけれど…)」



小蒔「」カッ

透華「(さっきから…何やら神代さんの様子がおかしいような…)」

透華「(ろくに受け答えもありませんし…さっきまであった感情らしいものもありません)」

透華「(具合が悪いのかと思いきや…打ち筋はまったく別物)」

透華「(さっきまでのナマクラめいたものではなく…こちらが切れてしまいそうなほど鋭いものですわ)」

透華「(恐らく…これが…本物の神代小蒔。これが…本物の…『魔物』)」

透華「(咲さんや衣に並ぶ…人外の領域に住む雀鬼…)」

透華「(あぁ…ゾクゾクします…♪)」

透華「(だって…私は今から…それを打ち砕くのですから)」

透華「(人の領域にはあらぬそれを引きずり降ろして…打ち砕いて…私こそが一番だと証明する)」

透華「(そう思っただけで…身体は熱く…頭は寒くなっていきます)」

透華「(まるで…感情が削ぎ落とされ…思考だけがクリアになっていくような…それは…)」

透華「(『私』を消して…奥から別の何かを引きずり出すようで…)」



小蒔「」ハッ

小蒔「(…あう…また意識が飛んでいました)」

小蒔「(でも…意識が飛んでいたって事は、九面様が降りてきてくれたはずですよね…)」

小蒔「(例え誰でも…私が打つよりも強いのですから…リードは縮まって…)」チラッ

小蒔「…え…?」

小蒔「(…縮まってない…いえ…寧ろ…広がっているばっかりで…)」

小蒔「(嘘…九面様の力が及んでいない…?)」

小蒔「(原村さん相手でも…逆転してくれる九面様が…逆にリードを広げられるだなんて…)」

小蒔「(だとしたら私…どうしたら…?)」ブルッ

小蒔「(九面様より…原村さんより弱い私じゃ…こんなの…)」

小蒔「(…何も…出来ないじゃない…ですか…)」


まこ「…龍門渕透華に対する評価は改めなければいけんな」

和「…えぇ。まさか…あそこでスイッチが入るなんて…」

まこ「恐らく…和の推測は当たっておったんじゃろう」

まこ「予想外だったのは…神降しとやらを使った時の小蒔の実力じゃな」

和「途中までは破竹の勢いでした。でも…透華さんの様子が変わってからはドンドンと引き離されていって…」

まこ「こればっかりは相性差じゃな…」

まこ「卓が終わるまで永続的に続く龍門渕選手の能力と短期集中型の小蒔じゃ相性が悪い」

まこ「元々、地力の差があるのに、さらに引き離されるんじゃからな」

咲「せめて…無事に帰ってきてくれれば良いんだけれど…」

優希「原村さん…」

和「…えぇ。落ち込まず…普通に戻ってきてくれれば良いんですけれど…」

まこ「…ただ…やっぱり…ショックは大きいじゃろうな…」

春「…これまで頼りにしてきたものが砕かれたら…誰だってそうなる」

まこ「…そうじゃな。今も…モニター越しではっきり分かるくらいに暗い顔をしとる」

和「…完全に透華さんに飲み込まれていますね…」

京太郎「……」



小蒔「(牌が冷たい…)」

小蒔「(まるで雪を固めたみたいに…ひんやりと凍えるようです…)」

小蒔「(これが…これが龍門渕さんの本当の力…)」

小蒔「(私に似た…けれど、本質的には違う…自己変異型の能力…)」

小蒔「(きっと私と戦ってきた人たちも…今の私と同じ気持ちだったのでしょう…)」

小蒔「(こんなの勝てないって…こんなの…反則だって…)」

小蒔「(だから…何ですか?)」

小蒔「(私が今まで…ずっとズルして勝ってきたから…)」

小蒔「(だから…ようやく出来たお友達の足を引っ張って…私と似た能力を使う人に…負けてしまうんですか…?)」

小蒔「(だとしたら…だとしたら、私…)」

小蒔「(一体、今まで…何の為に…皆と頑張って…)」

透華「ツモ。3200オール」

小蒔「…はい…」


―― 半荘が終わったので10分の小休止を挟みます。

小蒔「」ダッ

小蒔「(私…私…マイナスにしちゃいました…)」

小蒔「(皆が三万点も稼いでくれた点棒…ついに全部溶かしちゃって…)」

小蒔「(私…一体…何を…何をやって…)」

京太郎「…小蒔」

小蒔「ぁ…」

京太郎「迎えに来たぞ」

小蒔「や…見な…見ない…で…」グスッ

小蒔「見ないで…下さい…こんな…私…」ポロポロ

京太郎「…」ギュッ

小蒔「ぅ…あぁ…」ギュゥ


小蒔「ごめん…なさい…っ!私…あんなに負けちゃって…」ポロポロ

京太郎「気にすんな。そういう時もあるさ」ナデナデ

小蒔「でも…でも…っ!まだ半荘あるんです!」

小蒔「前半戦だけで…三万も溶かされちゃった私が…後半荘も…!」

小蒔「九面様ももう降りてきてくれなくて…勝てないのに…私…」

小蒔「こんなんじゃ…宮永さんにバトンを渡す事すら…出来ません…」

京太郎「…別にそれで良いじゃないか」

小蒔「え…?」

京太郎「俺が大会前に言った事…覚えてるか?」

小蒔「一番…楽しんだ人が勝ちって…」

京太郎「あぁ。だから…勝ち負けとかそんなの気にせず打って来い」

京太郎「皆も…それを望んでる」

小蒔「そんなの…出来ません…っ!」

小蒔「皆の分も背負って…負けてるのに…楽しむなんてそんなの…」


小蒔「…どうしてですか…?」

京太郎「ん?」

小蒔「どうして…京太郎様は新人戦の時…最後、笑っていられたんですか…?」

京太郎「…そんなの決まってるよ」

京太郎「小蒔たちが居たからだ」

小蒔「え…」

京太郎「小蒔たちがいてくれたから…励ましてくれたから…俺を助けてくれたから」

京太郎「だから、俺はあの土壇場で完全に心を折れるような事はなかった」

京太郎「最後まで諦めず逆転を狙い続ける気概を持ち続ける事が出来た。最後まで楽しむ事が出来た」

京太郎「…小蒔にはそういうものはないか?」

小蒔「…私に…?」

京太郎「あぁ。諦めないでいられる理由、楽しもうと思える理由、何でも良い」

京太郎「もう一度、卓に戻って…戦おうって思える何かは小蒔にはないのか?」



小蒔「(私の…戦う理由…)」

小蒔「(麻雀は楽しくって…だから…ずっとこうして続けて…)」

小蒔「(それから…皆も巻き込んで…インターハイに行って…)」

小蒔「(負けたけれど…悔しかったけれど…でも…楽しくて…)」

小蒔「(じゃあ…何で…私は今…楽しめないんですか?)

小蒔「(負けてるのは…同じはずなのに…どうして?)」

小蒔「(……あぁ…そうなんですね…)」

小蒔「(私は…今まで誰かに何かを託す側だったんです…)」

小蒔「(ずっと先鋒って言う…一番、気軽な立場で…後ろには霞ちゃんたちがいて…)」

小蒔「(だからこそ…託されるものの重みなんて想像もしていなくて…それを知った今、押しつぶされそうになってるんです…)」

小蒔「(私は…私は今までこんなものをずっと押し付けていたんですか…?)」

小蒔「(こんなに重くて…辛いものを…霞ちゃんたちに…)」

小蒔「(だとしたら…私は…)」


京太郎「…小蒔」

小蒔「わ、私…は…」

小蒔「…戦う…理由が…なくなって…しまいました…」

京太郎「…どうしてだ?」

小蒔「だって…私…こんな重いもの皆に押し付けて…」

小蒔「こんなに辛いのに…皆何も云わないで受け取ってくれて…」

小蒔「それどころか…インターハイにまで着いてきてくれて…」

小蒔「わ、私…こんなに辛いなんて知っていたら…麻雀に皆を誘いませんでした…」

京太郎「…」

小蒔「だから…私にはもう…戦う理由なんて…」

京太郎「…甘ったれるなよ、小蒔」

小蒔「…え…?」

京太郎「そんなもの…誰もが背負ってるんだ」

京太郎「今まで小蒔が倒してきたどんな高校の奴だって…背負ってるものなんだよ」

京太郎「それをたった一回、負けそうになっただけで重いだなんて言って良いセリフじゃない」

京太郎「それは戦う理由がなくなったんじゃない。戦う理由から逃げてるだけだ」

小蒔「っ…!」


京太郎「今まで小蒔が努力してきたのは何の為だ?」

小蒔「それは…」

京太郎「…勝つ為か?それだけの為に…俺達と特訓してたのか?」

小蒔「違…います」

京太郎「だったら…どうしてなんだ?」

小蒔「私は…私は…一人で戦えるって…そう証明したくて…」ギュッ

小蒔「……いえ…本当はきっと格好つけたかったんです…」

小蒔「ファンだって言ってくれた京太郎様に…それに足るだけの人物なんだって」

小蒔「私は…京太郎様にファンになって貰えるだけの女なんだって…そう誇りたかったんです…」

京太郎「…だったら、まだ戦う理由って奴は残ってるじゃないか」

京太郎「俺の知る神代小蒔は…こんなところで逃げ続けてるような選手じゃない」

京太郎「例え点差があってもノビノビと打って楽しそうに麻雀をする選手だ」

京太郎「それを俺に見せて欲しいな」ナデナデ

小蒔「私…そんなの…出来ません…」

小蒔「それは…偽物の神代小蒔なんです…!九面様に…霞ちゃんたちに辛い事を押し付けてたから出来た麻雀なんです!」

小蒔「…九面様にもお力を借りられなくて…いえ…借りられたとしても…リードが広げられるばっかりで…」

小蒔「後ろにバトンを繋げるか怪しい今…そんなの…無理です…」


京太郎「(…やっぱり思いの他…堪えてるみたいだな)」

京太郎「(…当然か。今まで自分が頼ってきたものが…まったく使えないんだもんな)」

京太郎「(本当に裸一貫で…本当の『神代小蒔』として麻雀に向き合わなきゃいけないんだ)」

京太郎「(それが普通…とは言え、この土壇場で出来るようになれってのも無茶な話だ)」

京太郎「(今まで小蒔はずっと色んな人に護られてきたんだ)」

京太郎「(神様たちにも…石戸さんたちにも甘やかされていた小蒔にとってあんまりにもハードルが高すぎる)」

京太郎「(でも…そうなって貰わないと…小蒔はもう二度と麻雀に向き合えない)」

京太郎「(ずっと楽しかったはずのものから逃げ続けるような人生を送る事になるだろう)」

京太郎「(そうやって麻雀から逃げ続ける小蒔が幸せだなんて…俺には到底、思えない)」

京太郎「(例え、歪んだ形ではあったとしても、俺は小蒔を幸せにするってそう決めたんだ)」

京太郎「(だから…ここで俺がやるべき事は…なりふり構わずに、小蒔の背中を押してやる事なんだろう)」

京太郎「(例え、どんな形であっても…もう一度、卓に戻れるように)」

京太郎「(途中で逃げ出して…それで終わりになんてならないように)」

京太郎「(その為なら…俺は…どんな嘘だって吐いてやる)」

京太郎「(どんな推測でも…どんな楽観でも…平気な顔して口走ってやるさ)」

京太郎「(それで小蒔が少しでも前を向く気になれるなら…安いものなんだから)」



京太郎「じゃあ、俺が一つ…戦う理由って奴をやるよ」

小蒔「え…?」

京太郎「もし…逃げなかったら、後でご褒美だ」

京太郎「デートでも…何でも付き合うよ」

京太郎「小蒔が望むなら、一週間だって一ヶ月だって傍にいる」

京太郎「だから…麻雀からは逃げないでくれ」

京太郎「一度、麻雀から逃げてしまったら…もう戻れないんだから」

京太郎「その瀬戸際まで行った俺には…それがよく分かる」グッ

小蒔「京太郎様…」

京太郎「押し付けがましくてごめんな。でも…あそこまで努力したのにここで止めるのはやっぱり勿体無いと思うんだ」

京太郎「少なくとも…神代小蒔のファンである俺はそう思う」

京太郎「…だから、もうちょっと頑張ってみないか?」

小蒔「…私…は…」


小蒔「もう少しだけ…勇気をくれませんか…?」

小蒔「…京太郎様の言う通り…頑張ってみます。頑張ってみますから…」

小蒔「もう少しだけ…こうして…私を抱いて…勇気を下さい…」

京太郎「…あぁ。それくらいお安い御用だ」

京太郎「…だけどな。俺は別にそれだけを小蒔にやるつもりでここに来た訳じゃないぞ」

小蒔「…え?」

京太郎「…小蒔、あの人に…龍門渕選手に勝ちたいか?」

小蒔「…勿論です」ギュッ

小蒔「勝ちたいです…悔しいです…!このまま終わりたくありません…っ!」

小蒔「でも…私じゃ…どうしようも出来なくて…」

京太郎「だったら…もう少し自分って奴を認めてやれ」

小蒔「自分を…認める…?」


京太郎「小蒔は神様を降ろす能力が嫌いか?」

小蒔「…あまり…好きではありません」

京太郎「それはどうしてなんだ?」

小蒔「私が…望む望まないに関わらず…この力で人に迷惑を掛けてしまっているからです…」

小蒔「霞ちゃんたちにしたって…私がこんな力がなければ…親元から離れて暮らす事にはならなかったでしょう」

小蒔「何より…京太郎様にだって…私は害を…加えて…」ジワッ

京太郎「…でも、その力がなかったとして、小蒔は皆と会えたと思うか?」

小蒔「それは…」

京太郎「もしもの話だから…何とも言えないけれど…でも、多分、無理だったと思う」

京太郎「石戸さんたちにも…俺にも出会わず…普通の女の子として暮らせていたんだろう」

京太郎「でも、小蒔は…そうなりたいと思うか?」

小蒔「え…?」

京太郎「もし、全て過去からやり直せるとして…普通の女の子になりたいか?」

小蒔「私…は…」ギュッ



小蒔「(そんな事…考えもしませんでした)」

小蒔「(私にとって…巫女としての自分というものは決して不可分なものであったのですから)」

小蒔「(物心ついた時から私は九面様の巫女として扱われ…霞ちゃんたちが傍にいてくれました)」

小蒔「(そんな私にとって…巫女としての自分の否定というのはこれまでの人生の否定にも近い事だったのです)」

小蒔「(これまで個人としての神代小蒔であった事の方が少ない私にとって…それは…アイデンティティを揺るがす問いにも近くて…)」

小蒔「(私は…答える事が出来ませんでした)」

小蒔「(内心、それを望んでいたはずなのに…普通の女の子になりたいと思っていたはずなのに…)」

小蒔「(いざ…そう問いかけられると…私は頷くことさえ出来なかったのです)」

小蒔「(もう既に出ている答えを口にしようとする度に…脳裏に霞ちゃんたちの姿が浮かびあがって…)」

小蒔「(私の口から言葉を奪って…逡巡を全身に走らせるのでした)」

小蒔「(まるで…身体がそう答える事を拒否しているようなそれに…私は京太郎様の前で…沈黙を続けました)」



京太郎「……俺もさ。最近…色々と思うようになったんだ」

京太郎「自分の能力で色々と苦しんだ事はあるけれど…でも、これがなければ今の俺はなかった」

京太郎「小蒔に出会う事なんて殆どなかっただろうし、会ったとしてもこんな関係になる事はまずないだろう」

京太郎「そう思ったら…まぁ、感謝って訳じゃないけれど…認めてやろうと思ってさ」

小蒔「認める…?」

京太郎「…あぁ。こんなどうしようもない…馬鹿みたいな能力だけど、これも俺の一部なんだって」

京太郎「どんな形であれ俺を助けようとしてくれているんだって」

小蒔「助けようと…してくれている…?」

京太郎「…小蒔もそろそろ…認めてやったらどうだ?」

京太郎「巫女としての…なんて自分の中で区切りを作らずにさ」

京太郎「全部、ひっくるめた自分を…本当の『神代小蒔』を認めてやっても良いんじゃないかな」

京太郎「それがない自分を想像出来ないくらいなら…頷く事さえ出来ないくらいなら」

京太郎「多分、そっちの方が楽なんだと俺は思うよ」

小蒔「…でも…私…」



京太郎「勿論…ずっとそれを二分してきたのは小蒔にも理由があって…認めがたい事なんだろう」

京太郎「だけど…そうやって頑なに認めまいとしていたら…多分、一歩も前には進めない」

京太郎「ずっとそこに縛られて…足踏みを続けたままだ」

小蒔「それは…なんとなく…分かります」

小蒔「ですが…私の力は…到底…そんな風には…」

京太郎「…本当にそうか?」

小蒔「……」

京太郎「さっきだって小蒔はそれに頼っただろう?」

小蒔「…はい」

京太郎「とても苦しい場面で…小蒔はそれに頼ったんだ」

京太郎「それなのに…助けて貰ってないって…ただ、辛いだけの要らない能力だって、そう本心から言えるのか?」

小蒔「それ…は…」ジワッ


京太郎「誤解しないでくれ。俺は別に…小蒔の事を責めてる訳じゃない」

京太郎「…寧ろ、頼るまいとしてくれていたものに頼ってまで…勝とうとしてくれた事に感謝してる」

京太郎「それだけうちの麻雀部の事を大事に思ってるってのが伝わってきて…嬉しいんだ」ナデナデ

小蒔「京太郎様…」

京太郎「でも…だからこそ…俺は小蒔にそれから目を背けないで欲しい」

京太郎「嫌いだけど頼らなきゃいけないって不健全な状況からは脱して欲しいんだ」

京太郎「そして…それはきっと九面様も同じだと思う」

小蒔「えっ…」

京太郎「俺はさ。多分、九面様は小蒔の事が大好きなんだと思うんだ」

京太郎「だって、普通、麻雀やる為だけに巫女に力を貸すと思うか?」

小蒔「…それは…ない…と思います」

京太郎「だろ?小蒔は身近過ぎて今まで気づいてなかったかもしれないけれど…九面様たちは凄い過保護でダダ甘なんだよ」

京太郎「それはきっと小蒔が可愛くて良い子だって事も大きな理由なんだろう」

京太郎「でも、それ以上に大きいのは…きっと小蒔に自分の力を嫌いになって欲しくなかったからじゃないかな」


京太郎「勿論…これは俺の推測だ。正直、合っているかは分からない」

京太郎「でも…小蒔は九面様にとても大事にされているのは事実だ」

小蒔「私が…大事に…?」

京太郎「あぁ。九面様たちはきっと小蒔の事が大好きで仕方がないんだよ」

小蒔「でも…それならどうして…九面様たちは…力を貸してくれないんですか…?」

小蒔「今は大事な時なのに…このままじゃ負けちゃうかもしれないのに…また私のところに降りてきてくれないんですか…?」

京太郎「…それはきっと小蒔に原因があるんだと思う」

小蒔「私に…?」

京太郎「あぁ。九面様が…今、この場で小蒔に手を貸さないのは…多分、龍門渕選手の所為でも九面様の所為でもない」

京太郎「ああなった龍門渕選手はオカルトを封じる力を持つらしいけど…それはあくまで卓上の事なんだ」

京太郎「小蒔自身に神様を降ろす力を防げるはずがない」

京太郎「実際、龍門渕選手がああなってから小蒔が目を覚ますまでに結構な時間があったからな」

京太郎「九面様も小蒔にだだ甘で一回の戦いで何回も降りてくる事があるんだから…そっちに原因がある訳じゃないだろう」

京太郎「だから…残るはただ一つ。小蒔自身が…それを本心で望んでいないからだと思う」

小蒔「っ!そんな事っ!」

京太郎「ない…と思うか?

小蒔「当たり前です!私は本気で勝つ為に…っ」

京太郎「…じゃあ…どうしてさっき戦う理由がなくなったって…そう言ったんだ?」

京太郎「あの卓へと戻るのに…俺に背中を押して欲しがったんだ?」

小蒔「それ…は…」

小蒔「(京太郎様の言葉に…私はちゃんとした理由を返す事が出来ませんでした)」

小蒔「(だって、私はあの時…逃げたくて仕方がなかったのです)」

小蒔「(頑張ったのに手も足も出ないという現実から逃げたいって気持ちで一杯だったのですから)」

小蒔「(決して勝利を望んでいなかった訳ではありませんが…真摯に向きあえていたとは到底、言えません)」

小蒔「(そして…九面様は…そんな私の事を気にかけてくれているのだとすれば…)」

小蒔「(…ここでお力を借りる事が出来ないのは…私が…辛いって思ったから…?)」

小蒔「(私が…麻雀なんて…もう続けたくないって思ったから…)」

小蒔「(九面様は…力を貸してくれなくなったんですか…?)」

小蒔「(もう頑張らなくても良いんだよって…もう麻雀なんて止めて良いんだよって…)」

小蒔「(そう…言ってくれているんですか…?)」

小蒔「(だとしたら…私…これまで…さっき…なんて失礼な事を…)」

小蒔「(九面様たちが力を貸してくれなくなった理由も考えず…ただ…落ち込むばかりで…)」

小蒔「(こんなんじゃ…呆れられて…当然です…)」

小蒔「(自分の事ばっかりで…相手の都合も考えず…)」

小蒔「(今までお力を借りられていたのが特別であった事にも気づかなかったんですから…)」


京太郎「俺は…小蒔じゃないから分からない」

京太郎「今、言っている事も…無根拠な推測に過ぎないんだからな

京太郎「でも…小蒔はさっき戦いたくなかったんじゃないのか?」

京太郎「麻雀なんてやめたくて…逃げたかったんじゃないのか?」

小蒔「はい…」ポロポロ

小蒔「私…私…」

京太郎「良いんだよ。誰だって負けてる時は辛いもんだ」ギュッ

京太郎「それがチームとかそういうものを背負ってるならなおのこと…な」ナデナデ

京太郎「でも…そうなんだとしたら…九面様たちが手を貸してくれない理由はそこにあるんだと思う」

京太郎「九面様たちはきっと小蒔が望む事を全力で叶えてあげようとしてくれているだけなんだ」

京太郎「後は小蒔が…それに立ち向かう事さえ出来れば…きっと大丈夫」

京太郎「九面様はまた…小蒔に力を貸してくれるはずだ」



―― 休憩時間終了まで残り2分です。会場外の選手は試合会場へお戻り下さい。

京太郎「っと…アナウンスが出ちまったな」

京太郎「俺もそろそろ控え室の方に戻るよ」ソッ

小蒔「あ…」

京太郎「それとも…入り口までついていった方が良いか?」

小蒔「…いえ、大丈夫です」

小蒔「…今、分かりました。私は…一人じゃなかったんだって」

小蒔「だから…大丈夫です。今度こそ…戦えます」

京太郎「うん。良い返事だ」ナデナデ

京太郎「本当は…もっと色々してやりやかったんだけど……俺が出来るのはここまでだ」

京太郎「情けない奴で…ごめんな」

小蒔「いえ…京太郎様は…この短い間で色んなことを気づかせて下さいました」

小蒔「きっと…私だけじゃ何時までも気づけなかった事を」

小蒔「だから…そんな風に謝らないでください」

小蒔「私が…こうして元の場所に戻れるのは…他でもない京太郎様のお陰なんですから」

京太郎「…そっか。ありがとうな」

小蒔「ふふっ。それはこっちのセリフですよ」

………



……







【控え室】

まこ「…どうじゃった?」

京太郎「…分かりません。でも…もう逃げるつもりはないみたいです」

霞「…ごめんなさい。須賀君にばっかり任せっきりで…」

京太郎「いえ…良いんですよ。あんまり大勢で押しかけても小蒔は強がるだけでしょうし」

京太郎「ただ、本当に良かったんですか?折角、応援に来たのなら石戸さんの方が…」

霞「…ううん。もう姫様は私よりも須賀君の事を信頼しているから」

初美「それにどうせなら全部終わった後で驚かした方が面白いですよー」

巴「それに…須賀君ならきっと姫様の事ちゃんと勇気づけてくれるって信じてるから」

春「私達だと…つい甘やかしちゃう…」

京太郎「まぁ…俺も何度かそうなりそうになったんですけどね」

京太郎「でも…きっと小蒔は俺でなくても…誰かの手を借りればすぐに立ち上がれたと思いますよ」

京太郎「大事なものは決して間違えず…立ち向かえる強さがあります」

京太郎「でなければ、泣くほど辛かった場所に一人で戻るなんて言えませんよ」

まこ「そうじゃな…」

春「…姫様…頑張って…」



【試合会場】

モブ1「あ…」

小蒔「すみません。お待たせしました」

モブ2「えっと…大丈夫?」

小蒔「はい。お騒がせしてすみません」ペコリ

モブ1「いや…私らは良いんだけどさ」

モブ2「こういう事を対戦相手が言うべきじゃないだろうけど…無理しない方が良いよ?」

小蒔「大丈夫です。もうあんな醜態を見せたりはしませんから」グッ

モブ1「ん…そっか。それなら安心かな」

モブ2「まぁ…清澄の逃亡で流局になればなーってのは正直、ちょっと思ってたんだけどね」ハハッ

モブ1「あ…ずっるーい」

モブ2「しゃあないじゃん。これだけ圧倒的なら…さ」

モブ1「…じゃあ、投げる?」

モブ2「冗談。…そっちだってまだやるつもりだし…清澄の…えっと、神代さんもそうなんでしょ?」

小蒔「はい」

モブ1「まぁね」

モブ2「だったら…最後までやろうよ。じゃないと勿体無いじゃん」



小蒔「勿体無い?」

モブ2「あ、うん。私は三年生がいなくなって初めてレギュラー取れたくらいの実力しかないからさ」

モブ2「もしかしたら、今回でレギュラー外されちゃうかもしれない」

モブ2「そう思ったら…ここで諦めて勝負捨てちゃうのは勿体無いってね」

モブ1「こっちは…今でも、逃げたいかなぁ」

モブ1「でも…今まで私は何度も逃げてきて…だからこそ、逃げた先での後悔を知ってる」

モブ1「あの時あぁすれば良かった、こうすれば何とかなった」

モブ1「そんな風に思うのは…もう嫌だからさ」

モブ1「そう思うのに一年無駄にしちゃったけど…でも、だからこそ、もう逃げて時間を無駄にしたくない」

モブ2「へぇ…神代さんは?」

小蒔「そうですね…色々ありましたけど…凄い端的に言えば…」

モブ1「端的に言えば?」

小蒔「愛の力です」ニコッ

モブ1「えー…何でここで惚気るの…?」

モブ2「あーもう…熱いなー」パタパタ


―― 時間になりました。それでは後半戦開始してください。

モブ1「って…時間か」

モブ2「こっから先は敵同士…だね」

小蒔「そう…ですね」

小蒔「でも、こうして開始前になって話せたのは凄い嬉しかったです」

モブ1「はは。まぁ、それは私も同じかな」

モブ2「私も…かなり気が楽になったしね」

小蒔「でも…だからこそ…」

小蒔「…私が…いえ、私達が…全力以上で…お相手致します」ゴッ

モブ1「っ…!?」ゾッ

モブ2「(何…これ…さっきと…まるで違う…)」ゴクッ


小蒔「(…私はずっと逃げていました)」

小蒔「(自分から、過去から、そして麻雀から)」

小蒔「(そして…同時に護られてもいたんです)」

小蒔「(私が逃げようとしていた色々なものから…ずっと)」

小蒔「(だから…私はきっと凄い幸せ者なんでしょう)」

小蒔「(そんな風に我儘ばかり言ってた私を多くの人が見守ってくれていたのですから)」

小蒔「(でも…それは…今日までです)」

小蒔「(私…向き合いますから)」

小蒔「(これまで護ってくれていた人たちに応える為に…逃げてきたものから…向き合って見せますから)」

小蒔「(小蒔はもう…護られるだけの子じゃないって証明しますから…)」

小蒔「(だから…お願いします)」

小蒔「(…私の代わりではなく…私を護る為じゃなく)」

小蒔「(私と一緒に戦って下さい…!)」



―― 心得た







春「っ!…嘘…!?」

まこ「どうかしたのか?」

霞「姫様が…また神降しを使おうとしてる…?」

巴「でも…早過ぎるわ…。まだ一局目が始まったなのに…」

初美「何時もならこんなに降りる事なんて…」

春「…来る…!」



―― ゴゥッッッ



咲「」ゾクッ

まこ「…な、なんじゃ今の…会場全体が震えるみたいな…」

優希「わ、私にもはっきり聞こえたじぇ…」ブルッ

霞「う…そ…」ブルブル

春「…異常事態」グッ

まこ「ど、どうした?分かるように説明してくれ」




和「神代さんの様子が…今までと違います」

京太郎「…あぁ。降りてるのに…小蒔の意識ははっきりしてる」

優希「あ…本当だ…目にしっかりと力が入ってるじぇ」

咲「牌もちゃんと見てる…じゃあ…さっき何が起こったの?」

霞「…今の姫様は九面様を降ろしてるんじゃないの」

初美「…まるで衣装か何かのように…全身に纏ってるんですよー…」

まこ「そんな事出来るんか?」

巴「い、今までに…ある程度選んで九面様を下ろせる巫女は居たけれど…」

春「降ろすのではなく…自分の纏う巫女の存在なんて…どんな文献にも載っていない…」

霞「当然よ。だって…こんなの…巫女としての力じゃないもの」

霞「巫女とは神の器であり代演者。それなのに…今の小蒔ちゃんは…まるで九面様と同格みたいで…」

春「まさに…イレギュラー」



京太郎「…でも、どれだけ異常に見えても…きっとアレが本当の小蒔の姿なんだ」

巴「え…?」

京太郎「小蒔自身が逃げ続けて認めまいとしていた巫女としての力」

京太郎「時として悪いものに乗っ取られそうになるくらいの力を…全て使って…対抗しようとしているんだ」

春「姫様…」

京太郎「…応援…しようぜ」

京太郎「あそこにいるのは…自分の持つ力を全部振り絞って勝とうとしてくれる普通の女の子なんだ」

京太郎「自分の中の認めたくないものを受け入れてまで…戦ってくれている俺達の仲間なんだ」

京太郎「どれだけ巫女としてイレギュラーでも、それだけは変わらないだろ?」

霞「そう…ね。須賀君の言う通りだわ」

春「…うん」

優希「正直、神様とか巫女がどうとか分かんないけど…ともかく、がんばれー!神代さん!!」

初美「姫様ー!ファイトですよー!!」

小蒔「(今の自分の状態がどんなものなのか…正直、良く分かりません)」

小蒔「(今まで私と朧気ながらに繋がってくれていた暖かいものが…今、身近にいてくれている)」

小蒔「(そんな確信だけがあって…その他は何時もと同じなのですから)」

小蒔「(だけど…どうしてでしょう…)」

小蒔「(一人ではないからか…さっきとはまったく違うんです)」

小蒔「(この牌の寒さも…目の前の龍門渕さんも今は怖くありません)」

小蒔「(寧ろ…今の私なら何とか出来るって言う…自信が湧いてくるんです)」

小蒔「(勿論、その自信は九面様の力を当てにした情けないものでしかありません)」

小蒔「(でも…今の私はそれを遠ざけようとはまったく思いませんでした)」

小蒔「(それを自分の一部なんだって、誇らしいものなんだって…受け入れる事が出来ているんです)」

小蒔「(今まで…ずっとずっと嫌だったはずなのに…不思議ですね)」クスッ

小蒔「(いえ…不思議と言うほどではありませんか)」

小蒔「(こうして私の背中を押してくれたのは…京太郎様なんですから)」

小蒔「(私が…大好きで大好きで仕方のない京太郎様だから…こうして心穏やかにいられるんです)」

小蒔「(私を受け入れて普通の女の子だって言ってくれた京太郎様だからこそ…私はその言葉を素直に受け止める事が出来たんです)」

小蒔「(そんな京太郎様に報いる為にも…そして今もまた私に力を貸してくれる九面様に報いる為にも…)」

小蒔「(まずは…これを完成させなければいけません…)」ゴッ

小蒔「…リーチです」トッ



京太郎「…和…アレは…」

和「…えぇ。そうですね…所謂…国士無双13面待ちです」

まこ「じゃが…ありえるのか?」
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・
まこ「その必要牌を全てツモって持ってくるだなんて…本当にありえる事なのか…?」

和「確率は信じられないほど低く…現実的ではないのは確かですね」

巴「勿論…何万何十万と打ってる人にとっては絶対にないとは言い切れないだろうけど…」

春「…姫様は次に来る牌が分かってる」

まこ「そうじゃな。そうでなければ最初の一筒引きの時点で崩れとったじゃろう」

咲「来ると信じているからこその国士無双…そんなのって…」

まこ「…しかし、データ的に見れば小蒔の役満率は異常じゃ」

まこ「それがもし、神降しとやらの力で…成し得ているものだとしたら…」

霞「それを完全に制御出来ている今ならば…自分で役満を作る事も可能かも…しれない…」

まこ「やれやれ…ここまで来ると…オカルトを超えて超能力の世界じゃな…」

優希「でも…その超能力のお陰で…」



小蒔「…ツモ。役満…国士無双です」

モブ1「な…!いえ…すみません」

モブ2「(…この河で…国士無双?一体…どんな神経しているの…)」

透華「…はい」ソッ

小蒔「(…とりあえず…まずは一回)」フゥ

小蒔「(龍門渕さんとのリードを大分、縮める事が出来ました)」

小蒔「(だけど…まだ…トップは依然、龍門渕さん)」

小蒔「(…悔しいかな、役満の一回や二回で埋められるような差ではありません)」

小蒔「(その差を縮める為にも…もっと頑張らないと…)」グッ

小蒔「(私が分かっている範囲で言えば…この力はあまり使い勝手が良いとは言えないのですから)」

小蒔「(それがバレてしまう前に…1000点でも多く点数を稼いでおかないと…)」

小蒔「(圧倒的に地力で劣っている分…私に残された勝機は奇襲が成功して動揺している内に稼ぐ事…!)」

小蒔「(でも、それさえ出来れば…このまま逆転する事だって…)」ゴォッ



透華「…ロン。5200」ゴッ

小蒔「っ!…はい…」

小蒔「(…ダメです…龍門渕さんに動揺はありません…)」

小蒔「(…もしかして…さっきの一局で気づかれてしまったんですか…?)」

小蒔「(いえ…そんなはずはありません…)」

小蒔「(一局だけで気づかれるほど私の能力は単純ではないはずです)」

小蒔「(たまたま私が当たってしまっただけで…まだバレるような時期ではありません)」

小蒔「(…だから、落ち着くんです、神代小蒔)」

小蒔「(ココで焦って…手の内を晒してしまえば何もかもが水の泡)」

小蒔「(もう一局だって無駄にしては追いつけないくらいのリードがあるんです)」

小蒔「(一局一局を確実にとっていかなければ…宮永さんにバトンを繋ぐ事も出来ません)」

小蒔「(だからこそ…冷静に…使いどころを見極めるんです)」

小蒔「(その判断を…九面様は私に委ねてくれているのですから…)」


まこ「…どうやら小蒔の新しい力というのはそれほど使い勝手が良い訳ではなさそうじゃな…」

和「…えぇ。神代さんのはあくまで役満に絡む牌を引っ張ってくる能力のようですから…」

優希「配牌が最悪なら、14巡先まで和了れないって事だじぇ」

まこ「じゃが、時間さえ掛ければほぼ確実に役満を和了れる…というのは恐ろしいな」

春「速攻型とは相性が悪いだろうけれど…高火力という意味では他に類を見ない」

咲「…だけど…それがさっきのはそれが逆に仇になってる…」

霞「…そうね。今の姫様は能力のお陰で役満を狙えるけど、代わりに早和了が出来ない状態」

霞「さっきのように先に和了られる事はそう珍しくないでしょう」

京太郎「それに…役満という限られた役を考えれば、その捨て牌を読むのも難しくありません」

和「今はまだバレてはいないでしょうけれど…相手は準決勝まで残った強敵ばかりです」

和「気づかれるのも時間の問題かもしれませんね…」

まこ「防御を捨てて、完全にノーガードで打ち合うスタイル…か。リスクがあまりにも大きすぎるな…」

京太郎「…大丈夫ですよ」

まこ「ん…?どうしてそう言い切れる」

京太郎「昔の小蒔なら…確かに危なかったかもしれません」

京太郎「でも、あそこにいるのは…永水に居た頃の小蒔とは違いますから」



小蒔「ロン。8000です」

透華「」スッ

まこ「…満貫?いや…あの形は…」

京太郎「えぇ。役満を意図的に降りてます」

咲「カモフラージュ…?」

巴「それだけじゃないわ。リスクのある役満を捨てて、早和了に繋げてる」

春「来る牌が予めある程度、分かっているからこそ出来る形」

京太郎「多分、昔の小蒔じゃあんな判断は出来なかったんだろう」

京太郎「でも…皆と麻雀して学んだ事はちゃんと小蒔の中で生きている」

京太郎「だから…きっと大丈夫だ」

京太郎「小蒔は負けない。必ず咲にバトンを渡しに帰ってきてくれるさ」

和「…神代さん…」




小蒔「(…やっぱり…役満を降りると…九面様たちとの繋がりが希薄になりますね…)」

小蒔「(次に使えるのは数局後…でしょうか)」フゥ

小蒔「(その間…孤立無援で…一人っきりで戦わないといけません)」

小蒔「(ですが…)」

透華「」ビュオッ

小蒔「(一人でも…怖くありません)」

小蒔「(私はもう…戦えるって分かりましたから)」

小蒔「(今の一撃で…決して狙えない訳じゃないって分かりましたから)」

小蒔「(能力が復活するまで逃げ切って…いえ、寧ろ、このまま点差を縮めます…!)」

小蒔「(今の私には躊躇していられるような余裕なんて…欠片もないんですから)」

小蒔「(残り『4回』で…龍門渕さんとのリードが詰めきれると言い切れない以上、ここは…攻めるべき場面です…!)」ゴッ


和「…まずいですね」

まこ「あぁ…まさか…こうなるとはな…」

初美「リードが埋まる前に…他の二校が飛びそうになってますよー…」

和「基本、神代さんは役満ツモ和了ですし…透華さんへの直撃は難しいですから…」

咲「周りから点数を奪っていっちゃってるんだね…」

霞「勿論…親っ被りを狙ったりしてるけど…前半に作られたリードが痛すぎるわ…」

優希「このままじゃ…逃げ切られて終わりだじぇ」

和「…でも…神代さんは…」

京太郎「…あぁ。まだ諦めてない」

京太郎「小蒔はここに至っても冷静だ」

京太郎「まだ出来る事がある事を…小蒔は知っている」

京太郎「だから…きっと…大丈夫だ」


モブ1「(まさか…対局中に同じ相手から複数の役満見る事になるとはね…)」

モブ1「(可愛らしい顔して神代さんも十分、化け物だったって事か)」

モブ1「(『牌に愛された子』…だったっけ。随分と御大層な名前だと思ったけど…今は納得出来る)」

モブ1「(これは確かに…愛されてるとしか思えない強さだわ…)」

モブ1「(まぁ、愛されてるのは牌じゃなくて神様っぽいけどね)」フゥ

モブ1「(龍門渕さんもそうだけど…才能の壁って奴はホント…分厚いわ…)」

モブ1「(せめてその天才児のどちらかににこの七対子だけでもぶち当てたいんだけど…焼け石に水…)」

モブ1「(そもそも…局も進んで私の待ちもバレバレな以上…当てさせて貰えるとは思えないし…)」

モブ1「(あー…くっそ…悔しいなぁ…)」

モブ1「(今まで逃げずにちゃんと麻雀やってたら…これも当てられたんだろうか…)」

モブ1「(何で…私、一年も無駄にしちゃったのかなぁ…)」

モブ1「(才能ないなんて分かってたんだから…それこそ人並み以上に頑張らないといけなかったのに…)」

小蒔「…」トン

モブ1「え…?」

小蒔「…どうかしましたか?」

モブ1「あ…そ、それロン!チートイで6400!」

小蒔「…はい」ニコッ



モブ1「(…振り込まれちゃったなぁ…)」

モブ1「(まぁ…このままだと私が飛んじゃうから仕方ないんだろうけれど…)」

モブ1「(でも…神代さんはまだ諦めてないんだ)」

モブ1「(さっき真っ先に泣いて逃げた子が…まだ…こんなに頑張ってるんだ)」

モブ1「(役満直撃か…役満二回和了らないと埋まらない点差なのに…わざわざ振り込んでまでチャンスをモノにしようとしてるんだ)」

モブ1「(…それなのに…私がここでメゲてちゃ…格好つかないよね)」

モブ1「(私がラス親なんだから…そこで連荘すれば…まだチャンスはある…!)」

モブ1「(諦めるには…まだ早い…!大将戦もあるし…少しでも点を稼いで繋げればまだ逆転の目だって…)」

小蒔「ツモ。九蓮宝燈…役満です」

モブ1「あ……はい…」

モブ1「(さっき入った点数…根こそぎ持っていかれてしまった…)」

モブ1「(残り1000点…はは、リーチも出来ないや…)」

モブ1「(でも…ここで私が逃げるなんて思うなよ…)」

モブ1「(例え…飛ばされるにせよ…最後まで絶対に諦めたりなんかしないんだから…!)」



まこ「…舞台は整ったな」

京太郎「…えぇ。逆転の為の条件はクリアされました」

京太郎「後は…もう一度、役満を上がる機会さえあれば…他家を飛ばした上で逆転出来ます」

巴「本当は…とりあえず親以外に振り込んで、大将戦まで回すって手もあるんだけど…」

まこ「…龍門渕の大将があの天江衣である以上、ここで振り込むのはかなりのギャンブルじゃな…」

咲「ごめんなさい…私がもっと強ければ…」

まこ「いや…そんな事言ったら、これまでもっと貯金を作れんかったわしらが悪い」

春「…お陰で姫様に…窮屈な闘いを強いている…」

優希「私があそこで満貫和了れていれば…うぅ…申し訳ないじぇ…」

和「…今はそうやって悔やむ時間じゃありませんよ」

京太郎「…あぁ。そうだ。今は…小蒔が勝ってくれる事を祈ろう」


小蒔「(ようやく…ここまで来ました…)」

小蒔「(逆転の舞台…私が勝てる唯一の方法を模索し続け…ようやく掴んだ勝機)」

小蒔「(でも…ここまで来るのに…『九回』全部…使い切っちゃいました…)」

小蒔「(もうすっからかんで…能力なんて使えません…)」

小蒔「(此処から先は…私だけの力で戦わなければいけないんです)」

小蒔「(でも…不思議と不安はありません)」

小蒔「(今まで…自分が積み重ねてきたものがあるからでしょうか)」

小蒔「(私だけでも決して逆転に届かない訳ではないと…そう思えるのです)」

小蒔「(ふふ…昨日までの私なら…きっとそんな風には思えなかったでしょうね)」

小蒔「(きっとこの土壇場で…プレッシャーに押しつぶされそうになっていたはずです)」

小蒔「(でも…そう。でも…私は今…とっても…)」

透華「ツモ。2000オール」

モブ1「あ…っ」

モブ2「…あぁ…」

小蒔「…はい」


小蒔「…ありがとうございました」

モブ1「…ありがとう…ございました」ジワッ

モブ2「ありがとうございました。…強かったです」

透華「あり…」フラァ

ハギヨシ「お嬢様…!」ガシッ

純「ハギヨシさん…ストレッチャー借りて来ました!」

ハギヨシ「今、運びます。…あ、お騒がせしました」イソイソ

モブ1「…」

モブ2「…」

小蒔「…」

モブ1「…何だったの?」

モブ2「…さぁ…?」

小蒔「大丈夫でしょうか…」



モブ1「…神代さん、ごめんね。折角…振り込んでもらったのに…」

小蒔「良いんですよ。三巡目で和了られちゃったらどうしようもないです」

小蒔「それに…私の配牌もあまり良くありませんでしたから」

小蒔「どの道…あのまま龍門渕さんに追いつくのは難しかったと思います」

モブ2「あはは…まぁ…圧倒的だったもんね」

モブ1「正直…才能の壁って奴を思い知らされた気分」

小蒔「あ…ごめんなさい…」

モブ1「良いよ。神代さんはまったく悪くないんだしさ」

モブ2「そりゃあ…二人にボコボコにされたもん。楽しかったなんて素直に言えないけど…舐めプされた方が腹立つし」

モブ2「何より一生懸命食らいつこうとしてるのが伝わってくる相手に腹立てるほど落ちぶれちゃいないって」クスッ

モブ1「そうそう。それに神代さんの逆転劇は傍で見ててると興奮したしさ」

モブ2「あー分かる。役満連発で凄い麻雀だったもんね」

モブ1「なんて言うか…大味で格好良い麻雀だったよ。また一緒にやりたいな」

小蒔「~…っ!はい!!私も…またお二人と一緒に打ちたいです…!」グッ



【控え室前】

小蒔「……」オロオロ

小蒔「…っ」ソーッ

小蒔「……」オロオロ

京太郎「控え室前で何やってるんだ?」

小蒔「ひにゃ!?」

小蒔「あ…いや…これはですね…その…」アタフタ

京太郎「…」

小蒔「わ、私が負けちゃった所為で…決勝…いけなくて…」シュン

京太郎「…小蒔」グッ

小蒔「え…?ひわぁ!?」グイッ

京太郎「良いからとっとと…こっちに来い」

小蒔「え、いやいや、あの!ま、まだ心の準備がああ!」


和「お疲れ様です」

まこ「お疲れ様。凄い麻雀じゃったぞ」

優希「お疲れ様だじぇー。今度、私とも打とうな!」

咲「お疲れ様です。神代さんの麻雀、格好良かったです!」

初美「姫様!格好良かったですよー」

巴「…お疲れ様。また一つ大きくなられたんですね」

春「お疲れ様。…姫様は頑張ってた」

小蒔「あ…」ジワッ

霞「…小蒔ちゃん」

小蒔「あ…霞…ちゃん…ごめん…なさい。私…」ポロポロ

霞「謝らないで。小蒔ちゃんは凄かったわ」

まこ「そうそう。勝ち負けなんて二の次でええ」

まこ「それよりここにいる誰もが…小蒔が新しく何かを掴んでくれた事の方が嬉しい」

小蒔「でも…私がもっと…早くからこれを使いこなせていれば…」

優希「そんな事言い出したら…私が先鋒戦で満貫トチって純さんに直撃喰らわなきゃ勝ててたかもだじぇ」

春「私も…今から思い返せばミスは沢山あった…」

まこ「わしもじゃよ。もっと積極的に行けば、小蒔にこれだけの負担を強いる事はなかった」

まこ「じゃから、そんな風に謝ってくれるな」

まこ「小蒔が負けだと思うそれは…ここにいる全員で共有するべきものなんだから」

小蒔「でも…私は…」シュン



まこ「さて…それじゃ京太郎。後は頼むぞ」

京太郎「うす。その代わり打ち上げの準備お願いします」

咲「…早めに来てね」

優希「あんまいちゃつくと後でお仕置きだじぇ」

春「…姫様の事、お願い」バタバタ

巴「…やって良いのはキスまでだからね」

京太郎「そんな事しませんよ…多分」

霞「今までの経緯が経緯だけに安心は出来ないわね」

和「…須賀君はケダモノですから」クスッ

京太郎「う…まぁ、否定出来ないけどさ」

初美「でも、そのケダモノを…姫様が誰よりも信頼してるのは事実ですよー」

和「そうですね。だから…後はお願いします」

京太郎「あぁ。当然だ」




京太郎「…皆、行っちまったな」

小蒔「どうして…ですか…?」

京太郎「俺が頼んだんだよ。最初は俺と小蒔の二人っきりにして欲しいって」

京太郎「まぁ…皆一言だけでも言いたいって譲らなくて…こんな形になったけれどさ」ナデ

小蒔「あ…」ポロポロ

京太郎「皆も言ってたけど、小蒔は頑張ったよ」

京太郎「すげー格好良かったし…正直、惚れなおしたくらいだ」ダキッ

小蒔「…でも、私が負けたのは…事実です」ギュッ

京太郎「…じゃあ、聞くけど…小蒔は楽しくなかったか?」

京太郎「絶望的な状況で、それでも可能性を切り開いて、追いすがって…けれど、負けた」

京太郎「そんな全力を出し切るような麻雀をして…悔しいだけだったか?」

小蒔「それは…でも…」

京太郎「違うだろ?だって…そうだったらあんな輝いた表情なんて出来ないもんな」

京太郎「小蒔は間違いなく…最後まで楽しんでた」

京太郎「絶望的な状況は変わらないのに…それでも諦めなかったんだ」

京太郎「そんな小蒔を俺も、そして皆も誇りに思ってる」



京太郎「だから、そうやって必要以上に自分を責めるな」

京太郎「俺達は出来る事をやって…それで負けたんだからさ」

京太郎「それが悔しいって言うんなら…次はもっと頑張ろう」

京太郎「誰よりも楽しんで、誰よりも勝って…そして誰よりも胸を張れるようにさ」

小蒔「…私に…出来るでしょうか…」

京太郎「出来るさ。だって…小蒔はようやく一つ夢を叶えたんだから」

小蒔「私の…夢…」

京太郎「あぁ。小蒔は最後まで自分で打てたじゃないか」

小蒔「でも…それは…九面様のお力を借りて…」

京太郎「じゃあ、あそこで役満崩して満貫の直撃を狙ったのも神様の力か?」

小蒔「…いえ…アレは…あぁした方が点差が縮まると思って…」

京太郎「じゃあ…それは小蒔の力だよ」

京太郎「小蒔が振り回される誰かの力じゃない。小蒔の裁量で…小蒔の意思で使える小蒔だけの能力なんだ」

小蒔「私の…能力…」



京太郎「神様から力を借りられるって言うのは立派な小蒔の個性だ」

京太郎「そう受け入れるように…したんだろ?」

小蒔「…はい」

京太郎「だったら、今日の戦果も自分のものだって認めてやれよ」

京太郎「小蒔が前に進もうとしたから、誰かの為に頑張ろうとしたから…」

京太郎「得られた一つの結果なんだって…さ」

小蒔「…良い…んでしょうか…」グスッ

小蒔「私…負けてしまったのに…そんな風に喜んでしまって…」

小蒔「他の皆さんに…失礼じゃないでしょうか…」

京太郎「んな訳あるかよ。アイツらは…寧ろ心配してたぜ?」

小蒔「心配…?」

京太郎「あぁ。小蒔が変に落ち込んでやしないか、自分を責めたりしていないかってな」

京太郎「控え室からいなくなる前に一言声をかけさせて欲しいって言ってたのもそれが理由なんだから」ナデナデ

京太郎「だから…小蒔はもっと自分のことを喜んで…褒めてやっても良いんだ」

京太郎「小蒔は…自分が思っている以上に周りに愛されてるんだからさ」

小蒔「あ…あぁ…ぁ…」ポロポロ

小蒔「私…私…楽しかったです…!」

小蒔「負けたのに…悔しかったのに…あんなに楽しい麻雀…初めてで…!」

小蒔「負けた瞬間まで…スッキリして…辛くなんかなくって…ぇ…」

小蒔「こんなので…良いんですか…?」

小蒔「負けてしまった私が…こんな風に思っても…許されるんですか…?」

京太郎「…当たり前だろ」

京太郎「寧ろ、俺は…それを聞いて誇らしい気分で一杯だよ」

京太郎「俺がファンになった人は、将来を約束してくれた人は、こんなにも麻雀を楽しめる人なんだって」

京太郎「それはきっと…皆も同じだ」

京太郎「だから…さ。今は思いっきり泣いちまえよ」

京太郎「俺なら…何でも聞くからさ。何時まででも付き合うから…悪いもんは全部、ここで吐き出してしまえ」

京太郎「んで…それが終わったら…皆に笑顔で会いに行こうぜ」

京太郎「それから打ち上げやって…何時も通り適当にはしゃごう」

京太郎「多分、それが皆に対する一番のお礼だと思うからさ」

小蒔「…ダメですよ、そんな事言ったら…」

小蒔「私…また涙が止まらなくなっちゃいます…」

小蒔「感動して…京太郎様から離れられなくなりますよ…ぉ…」ポロポロ

京太郎「言っただろ?何時までも付き合うって」

京太郎「俺の事なんて気にせず…何時まででもくっついていれば良いさ」

京太郎「今日一日、小蒔は誰よりも頑張ったんだから…神様だってそれくらい許してくれるはずだ」




初美「姫様…大丈夫でしょうか」

春「京太郎に任せておけばきっと大丈夫」

まこ「アイツはアレでやる時はやる奴じゃ。安心して欲しい」

霞「そう…ね」

霞「(でも…あの時、見せた姫様の力は…巫女という枠組みには収まらない力だった)」

霞「(アレが…須賀君の言う通り、小蒔ちゃんの本当の力だとしたら…)」

霞「(きっと鹿児島にいるままでは開花しないものだったでしょう)」

霞「(もし、私達が姫様の傍に居ても甘やかしてしまうだけで…あんな風に立ち向わせる事なんて出来ないんだから)」

霞「(だとしたら…ご当主様があっさりと姫様の転校を認めたのは…その為?)」

霞「(須賀君の傍にいれば一皮むけるって…そう分かっていたから…?)」

霞「(そもそも…最初に須賀君をあのお屋敷に招き入れる事を決めた時点から…何かがおかしかった)」

霞「(まるで…最初から須賀君が小蒔ちゃんに良い影響を与えてくれるって知っているようなそれは…一体…)」

霞「(…これは念のため調べておかないといけないわね…)」



………



……







前話  次話




名前:
コメント: