寮長さんは金髪学生 清澄編

設定は朝晩二食付きの学生寮みたいな

京太郎「おーいみんなー!ご飯出来てるから早く降りて来いよー!」

「「「「「はーい!」」」」」」

久「おはよう須賀くん。今日のご飯は何?」

京太郎「おはようございます久先輩。今日はシンプルに味噌汁と卵焼き、あと焼き魚です」コトッ コトッ

久「あら、たまにはそういうのも良いわね」パクッ「んっ、すごくおいしい。どんどん腕上げるわねー」モグモグ

京太郎「ありがとうございます。まあ慣れれば上手くもなりますけどね」モグモグ

まこ「おはようさん。味噌汁のにおいがしよったし今日は和食かの?」

和「おはようございます皆さん。…やっぱりあの二人はいないんですね。毎度のことながら情けない…」ハァ

京太郎「まあまあ。それこそ毎度のことなんだから気にしてちゃキリねぇよ。俺はもう食い終わったし起こしてくるわ。和はゆっくり食べててくれな」

和「あ、はい。わかりました…」

久(和はあなたと食べたいからあの二人に起きてきてほしいのにね)ヒソヒソ

まこ(言うんは野暮じゃぞ?)ヒソヒソ

和「聞こえてます!そ、そんなオカルトなんてあり得ませんからね!」


ーーー
オーイオキロフタリトモー!!

優希「んにゅ…すぴー」

京太郎「起きんかぁー!!」バンッ

優希「ほぅわっ!?何事なんだじぇ!?」

京太郎「朝だよさっさと起きろタコス。はやくしねぇと朝飯抜きだぞ?」

優希「やっべー急ぐじぇ!京太郎!味噌汁とご飯混ぜといてほしいじぇ!」バタバタ

京太郎「咲起こしてからなー」

ウヒーネオキニハキツイジェー

京太郎「さて…一番難儀なところなわけだが…どうするか…」

咲「くぅくぅ…」

京太郎「…」コソコソ ガシッ←布団をつかんだ

バサァッ

咲「痛いっ!?」ゴチン

京太郎「遅刻すんぞ急げ」

咲「あわわわ、京ちゃんおはよう!急ぐから朝御飯は食べさせてえぇー!!」アタフタ

京太郎「わーったから早くしろー」スタスタ

清澄寮の朝はいつも騒々しい

カンッ