春「ねぇ京太郎早く選んで」ムニュッ

由暉子「そうですよ京太郎さん。どっちの胸が好みなんですか?」ムニーッ

京太郎「あわわあわわ」

どうしてこうなった。原因を探すために十分前を思い出してみる。

ホワンホワンホワーン

春「私の胸と由暉子の胸」

由暉子「触り比べてくれませんか?」

京太郎「」

ホワンホワンホワーン

脈絡ねえ!
脈絡なんて存在しなかった!訳が分からないよ!

京太郎「これはいったいどういう状況なのでしょうかマジで何なのこれ」

確かにおいしい展開ではある。
ただここまで露骨だと何かない方がおかしいと思ってしまう。

春「だから最初から言ってる」ムニュムニュ

由暉子「私と春さんのどちらが理想的かを聞きたいのです」ムニムニ

京太郎「あわわあわわ」

俗に言う淡のあわあわ状態である。あの髪の毛って何かおかしいよ「余計なことは考えないで下さい」アイエエエエエ

京太郎「ひぃぃぃぃ」

怖い。ただ怖い。普段ゲスゲスしてる俺でも実は純情なのである。


京太郎「許してぇぇぇ」ボロボロカタカタ

マジ泣きマジ震えである。しかしこの状況でそうなると。

春「あんっ」ピクッ

由暉子「っふぅ」ピクン

こうなる。八方塞がりとはこのことなんだね(小並感)

由暉子「ふふ、二人ともが良いなんて欲張りですね♪」クスクス

春「しょうがない。京太郎がいうならそうする」ハァ

京太郎「何々何するの俺に何するつもりなの!?」

しかし二人はただ無情に。ただ非情に。

由暉子「恐れないで、私たちに身を任せて」

春「天井のシミを数えればすぐ終わる」

俺に近づくのだ。そして俺は。

京太郎「お、俺のそばに近寄るなあああああ」

死亡フラグを立てた。そしてーー

「いただきまぁす」

その声の後は何も聞こえない。あれは誰の声だったのか。今となっては誰も分からない。

カンッ