京太郎「強いて言うなら塞ちゃん先輩が一番タイプですよ」

塞「……………………」

京太郎「先輩?」

塞「きょ、京太郎くんもなかなか切り返しが上手くなったじゃん!? お姉さんちょっとドキドキしちゃったよ!」

京太郎「どうも」

塞「ここだけの話だよ?」

京太郎「はい?」

塞「京太郎くんのこと狙ってる子がいるのよ。ウチの麻雀部に」

京太郎「そうなんですか」

塞「そうなんですかって、なんか興味なさそう。綺麗どころばかりなのに」

京太郎「そんなことないですよ。フリーですから、今」

塞「そっか、フリーか! よかったよかった」

京太郎「よかったんですか?」

塞「ととと、友だちがフられるところなんか見たくないじゃん!?」

京太郎「その友だちがおれと交際できるようにタイプを聞いたんですね」

塞「そ! だからちょっとマジメに答えてくれるかな」

京太郎「マジメって」

塞「ふんす」


京太郎「シロさん、かな」

塞「え」

京太郎「マイペースだけど気配り上手な一面もあって、ステキですよね」

塞「ああ、うん。そだね…………」

京太郎「先輩?」

塞「でも残念! 須賀後輩に気があるのは別の先輩だぞ!」

京太郎「ああ、そうなんだ」

塞「そうなんです! だから京太郎くんはシロとは付き合えません!」

京太郎「がっかりですね」

塞「……………………」

京太郎「……………………」

塞「あのさ!」

京太郎「はい」

塞「そんな可哀想な後輩くんでもオールオッケーで、ちょっとだけイイ感じな物件があるんだけど。興味、ないかな」



京太郎(かわいい)