春「きょうたろ」むに

京太郎「わあおっぱいだ! なんで無闇にこういうサービスすんの!?」

春「鼻の下伸ばしてたから。むらむらしてるのかと思って」

京太郎「伸ばしてないぞ別に」

春「さっき。原村さん」

京太郎「あれは仕方ないだろ。あれは仕方ないだろ!」

春「大星さんにもぴったりエリマキされてたし、京太郎は節操なし」むにむに

京太郎「淡はスゲーいい匂いするし意外にも出るとこ出てるけど妹みたいなもんだよ」

春「……………………」むにむにむに

京太郎「ごめんなさい」

春「許す」

京太郎「ありがとう」


春「……………………」むにむにむにむに

京太郎「……………………」

春「気持ちいい?」

京太郎「だってお前、これはすごいよ……」

春「気持ちいいんだ」

京太郎「もちろん気持ちいいよ! でもなんだかいけないことしてるみたいだ」

春「普段は松実さんと二人でおもちおもち言って喜んでるのに」

京太郎「あれは初対面のとき作ったキャラにお互い引っ込みがつかないだけなんだよ……」

春「おっぱい嫌い?」むにむにむにむにむに

京太郎「好きだよ。滅多なこと言わないでくれ」

春「ごめんなさい」

京太郎「許す」

春「ありがとう」

京太郎「でもやっぱり違うんだよ。おっぱいだけじゃなくて恥じらいも欲しいんだ」

春「恥じらい」

京太郎「おっぱいが向こうからやってくるのは違う」

春「京太郎はたまによくわからないことを言う」むにむにむにむにむにむに

京太郎「難しい問題だよ。あと今だけは目線下げたらダメだぞ。絶対だからな」

春「おちんちんが元気になってる」

京太郎「すぐ約束破るよね」

春「本人には強く言って聞かせる」

京太郎「……………………」

春「ありがとう」

京太郎「まだ何も言ってないしガン見すんのは恥ずかしいからやめろよ!」

春「わたしを京太郎の彼女さんにしてくれるなら」むにむにむにむにむにむにむに

京太郎「男女交際とかそういうのはもっとお互いのことをよく知ってからじゃないとうわあ柔らかい!」

春「それが自慢」にっこり