プロ編

京太郎「こんにちは。須賀京太郎です。最近暑いですね。みなさんは如何お過ごしでしょうか?」

咏「いやー涼しいねぃ…やっぱクーラーは必需品だわ。知らんけど」パタパタ

えり「涼しくても扇子を手放さない咏さんにはびっくりですけどね」ズズー

咏「まー細かいことは気にすんなって」ケラケラ

京太郎「夏休み。学生だけの特権ですね。この暑い時期に家でゆっくりできるなんて素晴らしいですよね」

健夜「スイカか…そういえば最近食べてないなぁ…」

恒子「んー?どーしたのすこやん?それって誰かに切ってもらおうというアラフォーの遠まわしなおねだりかい?」

健夜「アラサーだよ!何言ってるのこーこちゃん!?スイカぐらい自分で…自分で…」

京太郎「それ以外にも部活で精をだすことや、遊びに行く方などもいらっしゃるでしょう」

恒子「意地張るのは良くないよー?観念しなってー」

健夜「確かにそうだけどひどいよこーこちゃん…」

京太郎「そういう楽しみ方もあるのだと思います。でも俺は家で静かに過ごしたいんです…なのに…」


咏「まーまーそう落ち込みなさんなって。これあげるから」ヒョイ

健夜「なにこれ?」『アラフォーからの婚活』「アラサーだよ!」バシッ←床に叩きつける

咏「ひゃっひゃっひゃっひゃっ!」ゲラゲラ

恒子「三尋木プロ笑いすぎ…ブッフ」プルプル

えり「これ福与さんの仕込みでしょ…」プルプル

健夜「何この仕打ち!?私が何したの!?こーこちゃんのせいですっごい恥ずかしいよ!」

京太郎「なんで俺の願いはことごとく踏み潰されんですか!?恨むぞ神様!」

恒子「ていうかさっきから須賀くんうるさいぞー。もうちょっと空気読めー」ブーブー

咏「そーだぞそーだぞきょーたろーひっこめー」ブーブー

京太郎「誰が引っ込むか!ここは俺の家です!むしろあんたらが引っ込め!」ガー

咏「お?年上にタメ口かこのやろー?」

京太郎「あんたらが年相応の態度とってないからだろ!休日にいきなり人んちきてなにくつろいでんの!?」


健夜「そ、そうだよ!そういえばなんでいきなり京太郎君の家に来ることになったの!?」

恒子「あれー?すこやん点数稼ぎー?さすがアラサーは格が違うねっ!」

健夜「アラフォッ…アラサーだよ!なんでここで不意打ちするの!?それにそんなこと考えてないからね!?」

京太郎「わかりましたから落ち着いてください健夜さん…福与さんの思うつぼです…」

えり「もうこの無茶ぶりにも慣れましたけどね…本当にすみません須賀くん」ペコリ

京太郎「あ、いえいえ針生さんが悪いわけではないですかr」ピンポーン「…嫌な予感しかしない」

京太郎「はーい、どちらさまです…」「呼ばれた!」プンスコ「」

恒子「言い忘れてたけど野衣プロ呼んじゃった☆」テヘペロ

京太郎「もうなんなんだよぉー!!」

オレガナニシッタッテイウンダヨォー! オ、オチツイテ!

終わり