― バンッ

小蒔「見つけましたよ!絶倫大帝キョウ=タロー!」

漫「き、今日こそうちらプリキ○アが!」

和「あ、貴方に引導を渡してあげます!」

京太郎「…え?何これ?」

漫「ほらああああ!言ったやん!うち言ったやん!!」

小蒔「あれー…昨日もコスプレエッチでノリノリだったからいけると思ったんですけど…」

和「と言うか、流石にこの衣装、スカート短すぎません?フリル一杯なのは良い感じですけど」

漫「大丈夫。その辺は原作通り…って違うって!そうやないって!!」

漫「ほら、京太郎君ついていけへんで唖然を通り越して凄い冷静やん!」

漫「寧ろ、すっごい生暖かい目でこっち見てるやん!」

小蒔「えへへ…どうですか?この衣装、皆で頑張って作ったんですよ」ヒラヒラ

京太郎「あ、うん。凄い良く出来てる。皆、可愛いよ」

漫「そういう説明よりも先にする事があるやろ!!」

和「まぁ…その…何時も通りと言うかですね」

京太郎「大丈夫。大体、分かった。また小蒔が変に影響を受けちゃったんだな」

小蒔「プ○キュア可愛いし、格好良いです!」フンスー

漫「うぅ…こんな事になるなら見せへんかったら良かった…」グスッ

和「まぁまぁ。小蒔さんも楽しんでるみたいですし…」

小蒔「と言う訳で、絶倫大帝キョウ=タローの命運はここまでです!」

京太郎「あ、俺、悪者設定なんだな」

和「しかも、ラスボスらしいですよ」

漫「大体、どういう展開望んでるのか分かるキャラ配置やね」

京太郎「んじゃ、それに乗っかるとするか」

キョウ=タロー「ふぅははははー。どうした?大口叩いた割りにはその程度なのか、プ○キュアどもよ」

キュアコマキ「くぅぅ…まさか、キョウ=タローの力がこれほどまでだったなんて…」

キュアスズ「皆…ごめん…うちら勝てへんかった…」

キュアノドカ「(あ、もう負けてる設定なんですね)」

キョウ=タロー「だが、しかし、久しぶりの戦いで我が身の滾りは収まらぬ」

キョウ=タロー「この滾り、貴様らの身で晴らさせて貰おうか」

キュアコマキ「な、何をするつもりですか…!?」ドキドキ

キョウ=タロー「まずは貴様らの純潔を奪い…我の忠実な下僕としてやろう」

キュアスズ「た、例えどんな事をされようと…うちらは絶対にアンタの思い通りになんかならへん!」

キョウ=タロー「くくく…それはまずこのキスを受けてから言うのだな…!」

キュアスズ「ふぐぅ…♪♪」

キュアコマキ「…あ、漫ちゃんズルい…」

キュアノドカ「素に戻ってますよ、小蒔さん」

キュアコマキ「あ、いけない…。す、漫ちゃんに酷い事しないで!」

キョウ=タロー「ちゅ…♪ならば、貴様にも我が責め手を受けてもらおうか!」グイッビリビリ

キュアコマキ「きゃあぁっ♥♥」

キョウ=タロー「あ、すまん。破けちまった…」

キュアノドカ「大丈夫ですよ。わざと破れやすいように作ってありますし」

キュアコマキ「ち、違います!こ、これはキョウ=タローの闇のパワーが大きすぎるからで…」

キョウ=タロー「ふむ…それではキュアコマキ、貴様の身にも我が闇のエネルギーを味あわせてやろう」クリクリ

キュアコマキ「ふあ…ぁっ♪いきなり乳首は卑怯です…よぉ…♥」

キョウ=タロー「くくく…スーツの内側がノーブラだった奴が何を言う。本当は貴様も期待していたんだろう?」

キュアスズ「こ、小蒔ちゃんにばっかり酷い事したらあかんで!」

キョウ=タロー「ふふ…殊勝な事を言っているが、本当は、さっき流し込まれた闇の力が物足りないんだろう?

キュアスズ「そ、そんな訳ある訳ないやろ!う、うちは小蒔ちゃんが大事だから…!」

キョウ=タロー「ならば、貴様にもキュアコマキと同じ目に合わせてやろう!」ビリビリ

キュアスズ「や…あぁっ♪」

キュアノドカ「(…二人とも羨ましいです…)」

キョウ=タロー「あー…」

キョウ=タロー「キュアノドカ、貴様には特別に我が邪眼の力を掛けた」

キュアノドカ「えっ…?」

キョウ=タロー「今や貴様の身体は我が意のままよ。さぁ、我が逸物に奉仕するのだ」

キュアスズ「あっズルい!」

キュアコマキ「もうちょっと我慢しておけば…うぅ…」

キョウ=タロー「はいはい…二人は俺が可愛がってやるから…」

キュアノドカ「くすっ…♪」

キュアノドカ「あぁ…そんな…身体が勝手にキョウ=タローに跪いて…こんな事…したくないのに…♥」

キョウ=タロー「上手くやれば、褒美としてその顔に我が子種をくれてやろう」

キュアノドカ「そ、そんな汚いもの…い、要りません…!」ドキドキ

キュアノドカ「あひぃぃんっ♪♪大帝様ぁっ♥もっと…もっと子種汁下さいっ♪」

キュアノドカ「チンポぉっ♥大帝様の逞しいのでメス犬ノドカに種付けしてくださいぃっ♥♥」

キュアスズ「あかんのに…ぃっ♪負けたらあかんのにぃぃっ♪♪何でこんなに気持ちええのぉっ♥♥」

キュアスズ「大帝様のチンポ凄すぎて…うちもうプ○キュアじゃなくなるぅっ♪♪大帝様の下僕に…ぃっ♥メス犬になっひゃうぅぅ♥♥」


キュアコマキ「メス犬良いのっ♪大帝様の闇のパワーで種付け素敵ぃっ♥♥」

キュアコマキ「闇のパワー注入でぇっ♥メス発情期止まんないれすぅ♪♪」

キョウ=タロー「くくく…最初の威勢が嘘のようだな。世界を護るという覚悟はどうしたんだ?」

キュアノドカ「しょんなの…大帝様のチンポには勝てませんっ♪♪世界なんてどうでも良いですからぁっ♥♥」

キュアコマキ「大帝様に愛して貰えるだけで…私たち十分なんですぅっ♪その為なら…何だってしますからぁっ♥♥」

キュアスズ「うちらの事…もっと可愛がって下さいっ♪大帝様に逆らった愚かなメス犬を一杯躾けて欲しいんれすっ♪♪」

キョウ=タロー「殊勝な奴らめ。良いだろう。貴様らメス犬どもを特別に我の奴隷妻に任命してやろう。だから、より一層、我に心酔し、我を求めよ」

キュアノドカ「あぁぁ…大帝様ぁ…♥」

キュアスズ「逆らったうちらを愛してくれるだけじゃなくて…素敵な事言われたら…うちらもう…止まりません…っ♪♪」

キュアコマキ「大好きです…大帝様…っ♪♪皆…大帝様の事愛してますから…だから…っ♥纏めて妻にしてください…っ♥♥」

キョウ=タロー「いや、ちょ…!さ、流石に三人掛かりはきつ…!!」



その後、絶倫大帝キョウ=タローは力を合わせたプリキ○アに打ち倒され、世界には平和が戻りました。



京太郎「当分、そのコスは封印な」
三人「「「えー」」」