玄「そういえばつかぬ事をお聞きするのですが」

京太郎「何です薮から棒に?」

玄「京太郎君もまた大きなおもちに興味津々だとか何とか」

京太郎「おもち……?餅はそんなに食べませんけども」

玄「これですよこれ」自分の胸を指差す

京太郎「!!な、何を言ってるんですか全く」カアア


京太郎「大体俺がおpp……おもちに興味があるなんて誰が」

玄「和ちゃんですけど何か?」

京太郎「すみませんでした」土下座

玄「よしよし、正直者はお姉ちゃん好きですぞ」

京太郎「……しかしなんでまた俺もまたって……"もまた"?」

玄「いかにも!まさかかような地で同胞に出会えようとは」エッヘン

京太郎「そんな大仰に言われても困りますけど……」


玄「あの手心地!あの滑らかさ!あの柔らかさ!あれこそアメージンググレイスなのですよ!」

京太郎「お気持ちはわかるんですけど……すごい執着心ですね」

玄「これはこれは、京太郎君そんなカマトトぶる必要はございませんぞ」

京太郎「ぶるも何も触った事すらありませんから語りようもないんですが」

玄「むぅ……じゃあ触ってみます?」

京太郎「……は?」


玄「衣食足りて礼節を知るという古き名言もあることですし」

京太郎「思いっきり管仲さんに土下座したくなる事言わないでもらえませんかね……」

玄「でも興味はあるのでしょう?今なら出血大サービスですよ」

京太郎「……まあ、どちらかと言えば大賛成ですけど」

京太郎「本当にいいんですね?後で後悔しても知りませんよ」

玄「おまかせあれ!どんと箱船に乗った気持ちで来なさい」フフン


京太郎「……じゃあ失礼して……」

京太郎(改めて見るとこの人のも相当素晴らしいおもちだよなぁ)ムニュ

玄「ん……」ピク

京太郎「す、すいません!」

玄「い、いやぁ結構恥ずかしいものですなこれは……」

玄「実は男の人に触られるのって初めてでございまして……」ポッ

京太郎(こんな時にそんな事言いますかこの人は……!)


玄「それでは続けてくだされ」スッ

京太郎「……(そんな上気した顔で目を閉じないでいただけませんかね……!)」ムニュムニュ

玄「んっ……ふぅっ……あっ……」ビクッ

京太郎「……っ!!(なんて声出しやがるんだこの人は……!!)」ギュッ

玄「っ!!」ビクンッ





GER「オマエタチガ『コノ先』ニタドリ着ク事ハ決シテ無イ」
(訳:時間切れなので仕事行ってきます)