前回←  

優希「さあ、京太郎。遠慮はいらないじぇ」

京太郎「お前治ってんじゃね?」

優希「いや、ダルくて死にそうだじぇ。だから食べさせてくれないとダメだじぇ」

京太郎「へいへい。ほら、あーん」

優希「あ~ん・・・うん、上出来だじぇ」

春「京太郎、こっちも・・・」

優希「こっちにもう一口だじょ!」

京太郎「あーもー、赤ん坊かお前ら!」


まこ「ジャンケンじゃ仕方ないのぉ。ほら、あ~ん」

咲「んむ・・・美味しいです」

玄「あれ、憧ちゃん一人で食べれるの?」

憧「うん、まあね…ちょっと元気になったみたい」

泉「さっきのジャンケンで無駄に体力使ってしもた・・・すみません、リアルに食べさせてください」

灼「大丈夫?はい、お口空けて」

淡「・・・後でマッサージしてもらうもん、いいもん」

和「・・・美味しい」


春「あむ・・・美味しいね」

京太郎「そうか、良かった。でも、この体勢はどういう…」

春「・・・気にしない」←京太郎の膝の上

京太郎「気にするわ!」

優希「ぐぬぬ…」

穏乃「うう・・・お腹空いた」

京太郎「穏乃」

穏乃「ん?」

京太郎「忘れてた、穏乃に昼食作って来たからよかったら食べてくれ」

穏乃「え!?作ったの!?」

京太郎「ああ…まあ、ご覧のとおり動けないから自分でとってくれ・・・」

穏乃「うん、このお盆だね」

パカッ

穏乃「おお…えへへ、嬉しいなぁ。いただきます!」

穏乃(あ~んはしてもらえないけど…ある意味役得かもね!)



春・優希「ごちそうさまでした(!)」

京太郎「お粗末様。どうだ、少しは元気になったか?」

春「京太郎のおかげで」

優希「春ちゃんくっつきすぎだじぇ。あ、でも京太郎サンキューだじぇ。栄養補給完了!」

京太郎「そうか。でもまだ無理するなよ」

京太郎「早く元気になって、麻雀しような!」←イケメンオーラ

春・優希「///!」

春(キュンッてなった・・・)

優希(あーもう卑怯だじぇ京太郎ーー!!)


泉「クークー・・・」

和「スースー・・・」

淡「zzz・・・」

憧「ムニャムニャ・・・」

まこ「寝てしもうたの」

穏乃「おかゆ、全部食べたんだね」

玄「風邪には栄養取って寝るのが一番だよ」

咲「ごちそうさまでした」

灼「宮永さんも寝ておいた方がいいと思う・・・」

咲「コホッ、そうですね。でも、あまり眠たくなくて・・・」

京太郎「あれ、咲寝ないのか?」

咲「京ちゃん、二人は?」

京太郎「ご覧のとおり、満腹でお休み中だよ」

咲「京ちゃん、おかゆ美味しかったよ。前より美味しくなってた」

京太郎「はは、覚えてないだろーに」

咲「あはは、バレた。でもね、看病してもらったことは、よく覚えてるよ」

京太郎「そうか…」

咲(あの時、風邪で辛かったけど、京ちゃんがいてくれて嬉しかったなぁ。京ちゃんが子守歌歌って・・・あのおかげで眠れたんだっけ)

京太郎「・・・~♪」

咲「・・・あ」

京太郎「~~♪♪~~~♪」

咲(そうだ、これ・・・このメロディ・・・京ちゃんも、ちゃんと覚えてたんだ…)


灼「さっきの歌・・・」

京太郎「ん、俺の母親のマネです」

玄「なるほどっ」

まこ「子守歌まであるとは…お?」

穏乃「スピー・・・」

玄「ありゃ、穏乃ちゃんまで寝ちゃった」

灼「風邪引いちゃう、毛布を・・・」

まこ「お疲れじゃったの、京太郎」

京太郎「先輩たちもありがとうございました。二人じゃきつかったっすから」

灼「それじゃ、私たちは一旦・・・」

まこ「おいとまするわ」

京太郎「そうですね…皆寝ちゃいましたし」

玄「須賀君も無理しないでね、それじゃっ」

京太郎「どうもでしたー」

バタン

京太郎「ふう」←椅子に座る

京太郎「……皆よく寝てるみたいだな」

京太郎「まずい、俺も眠くなってきた・・・どうする、病人放って部屋戻るのも、女子8人いる部屋で寝るのも・・・」

京太郎「ふわぁ~~~。あー、瞼が、下がる・・・」


Zzz・・・・・


――夕方

咲「・・・・・ん」

咲「熱、熱・・・」

ピピッ

咲「6度9分・・・ちょっと下がってる」

京太郎「クカー・・・」

咲「京ちゃん、寝てるの?」

京太郎「グー…」

咲「・・・」ドキドキ

咲「ありがと、京ちゃん」

チュッ


咲「・・・・・///」カァァ~

咲「も、もう少し寝てよう・・・」


――夜

京太郎「6度8分か。だいぶ下がってきたな」

泉「ホンマ?やっぱ睡眠で大事なんやね」

京太郎「これなら夕飯は食堂で食べれそうだな」

泉「う~、でも寝過ぎで体痛いわー。マッサージして」

京太郎「ま、マッサージ?」

泉「あ、今イヤらしいこと考えたやろ」

京太郎「し、してねえよ!」


穏乃「憧、顔色良くなってるよ」

憧「ふふ、穏乃の看病のおかげかな」

穏乃「あれ、京太郎じゃなくて?」

憧「穏乃だって頑張ってたじゃない」

和「ありがとうございます、穏乃」

穏乃「えへへー、どういたしまして!」



京太郎「咲ー、皆で食堂行くけど眠いのか?それともまだダルいのか?」

優希「さっき計ったら6度5分だったじぇ」

咲(なんであんな事しちゃったんだろ・・・///)

咲(か、風邪引いてたから仕方ないよね!うん!)

咲「い、行く、行くよ!」

京太郎「おう」

咲(風邪も、悪い事ばかりじゃないのかも・・・なんて)


――翌日

咲「・・・京ちゃん、風邪引いたって…」

憧「まあ、そうなっちゃうよね・・・」

泉「そして相変わらずこの子は…」

穏乃「げ、元気なのはいい事じゃん!」

淡「ということは…誰か看病しないとね」

和「一人じゃ不安ですよ。二人くらいで…」

春「誰がするの・・・?」

8人「・・・」

優希「選抜ジャンケンスタートォ!!」

8人「最初はグー!」



京太郎「腹減った・・・誰か飯作ってくれぇ・・・」



カン!