1年生集合の続きっぽいもので今回はちょっと複合で。
長いので前後編に分けたいと思います。


穏乃「京太郎ー!お腹空いたー!」

京太郎「おいおいさっき食べたばかりだろうが…もうタコスは無いぞ」

穏乃「ええ~…そんなぁ…」シュン

穏乃「もう動けないよ…」

京太郎「…分かったよ、作ってやるからちょっと待っとけ」

穏乃「本当!?」パアッ

穏乃「やった!さすが京太郎だね!」

京太郎(そんなに喜ぶ事か?)

京太郎(しかし…)

京太郎「………」

穏乃「どうしたの?京太郎?」


京太郎「いや、穏乃って何か犬っぽいなって思ってさ」

穏乃「私が犬っぽい?」

京太郎「ああ、すぐ喜んだり落ち込んだりして犬っぽいなぁって」

京太郎「しっぽフリフリして喜んでる感じがしてさ」

京太郎「頭撫でたら凄く喜びそうだよ」

穏乃「う~ん犬かぁ…」

穏乃「よし!だったら撫でてみてよ京太郎」

京太郎「え?良いのか?」

穏乃「おお!どんと来い!」

京太郎「じゃあ失礼して」スッ

穏乃「うわわっ!」

穏乃(おお、これは…///)

京太郎「よしよし穏乃は良い子だな~」ナデナデ

穏乃「え、えへへ///」


ガチャ

憧「あ~やっと掃除終わった…」

憧「って何やってるのよ2人とも!」

京太郎「よう憧。お疲れさん」ナデナデ

穏乃「あ、憧。お疲れ~」フニャ~

憧「う、うんお疲れ…ってそうじゃなくて!」

憧「何で京太郎はしずの頭を撫でてるのよ!」

京太郎「何でって言われてもなぁ…」ナデナデ

憧「とにかく京太郎は撫でるの止める!」

京太郎「分かったよ」ピタッ

穏乃「あ……」シュン

穏乃「もう、憧何で止めるんだよ…」

憧「何でじゃない!何で京太郎はしずの頭撫でてたのか答えなさいよ!」


説明中

憧「しずが犬っぽい?」

京太郎「そう。何か犬っぽいなって」

京太郎「それで頭撫でたら犬みたいに喜ぶかなって思って撫でてたんだよ」

穏乃「京太郎に撫でてもらうのとっても気持ち良かったんだよ!」

穏乃「宥さんの言うあったか~いって意味分かった気がする!」

憧「あんたねぇ…女の子にとって髪は大事な物なのよ?」

憧「簡単に触らしたらダメでしょ」

穏乃「え?京太郎にだったら別に良いよ?」キョトン

憧「まったくしずったら…」

京太郎「う~ん…何かごめんな?穏乃」

穏乃「ううん!京太郎は悪くないよ!」

穏乃「私がやろう!って言ったんだし」

京太郎「でもなぁ…」


穏乃「そうだ!憧もやってもらいなよ!」

憧「はあ!?私が!?」

穏乃「そう!やってもらったら良さが分かるはずだよ!」

憧「そ、そんな事だよ言われたって…」

京太郎「そうだよ…憧が俺なんかに撫でられたって嬉しくないって」

憧(ムッ……)

穏乃「え~?そうかなぁ…?」

京太郎「そうだって。もう止めておこうぜ」

憧「ちょ、ちょっと待ちなさい!」

京穏「「えっ?」」

憧「い、いいわよ。撫でなさいよ!」

憧「絶対に気持ち良くなんて無いんだから!」

京太郎「い、いや無理しなくていいんだぞ憧?」

憧「無理なんてしてない!ほら早く!」


京太郎「じゃ、じゃあいくぞ?」スッ

憧「う、うん…」

ナデナデ

憧「ふきゅっ!?」

京太郎「だ、大丈夫か憧?」アセアセ

憧「い、いいから続けなさいってば///」

京太郎「わ、分かった」ナデナデ

憧(な、何これ!?京太郎の手が私の頭を撫でてる!)

穏乃「おお…憧の顔真っ赤だ…」

憧(ど、どうしようこれ…クセになっちゃいそう///)

京太郎「しかし穏乃もそうだったけど憧の髪もサラサラで気持ち良いな」ナデナデ

憧「ほ、本当に?」ナデナデ

京太郎「ああ、凄くサラサラしてるよ」ナデナデ

憧「と、当然でしょ。ちゃんと手入れしてるんだもん」ナデナデ

憧(京太郎が褒めてくれた!髪がサラサラだって褒めてくれた!)

憧「え、えへへ///えへへへへへ///」ナデナデ

穏乃「お、おおう…憧が凄い顔してる」イイナー

京太郎「よし、こんなもんだろ」テヲハナスー


憧「あっ…」シュン

穏乃「ねえねえ憧どうだった?気持ち良かった?」

憧「えっと…ま、まあまあなんじゃない?」

穏乃(顔真っ赤にして言っても意味無いけど…)

憧「だ、だからこれからもたまには撫でること!いい?」

京太郎「え?良いのか?」

憧「たまにだからね?たまによ?」

穏乃「私も!」


その後たまにと言いつつ毎日撫でてもらい
、他の部員にバレて結局全員にしてあげるのはまた別の話


カン!



京太郎「弱ったな…」

穏乃「そだね…」

咲「ゴホッ、ゴホッ・・・」

淡「グシュグシュ・・・」

京太郎「俺と穏乃以外皆風邪引いちまうとは…」

穏乃「憧ー、大丈夫・・・?」

憧「大丈夫じゃない…ゴホッ」

泉「アカン、頭ボーっとする・・・」

京太郎「滝見さん、熱は?」

春「コホッ、7度8分・・・」

京太郎「そうか…皆軽く熱があるな。こりゃしばらく寝てた方がいいな」

優希「クーラー効かせ過ぎたかもだじぇ・・・」

和「完全に寝冷えですね…」

京太郎「だな。ほら、冷えピタ」

優希「京太郎貼って・・・」

京太郎「分かった分かった」ペタ

優希「う~ん、ひんやりだじぇ・・・」

穏乃「皆にも配るよー」タタッ

和「須賀君、私も…」

京太郎「お、おう。(髪下ろして弱ってる和、すごい色っぽ・・・おっと、不謹慎不謹慎)」ペタッ

和「ごめんなさい、須賀君」

京太郎「気にしなくていいよ。ちゃんと休んで、元気になってくれればそれでいいから」

和「・・・はい」ニコッ

京太郎「さてと、穏乃ちょっと様子見ててくれ。ポ○リ買ってくる」

穏乃「はいよー」


春「なんで穏乃ちゃんだけ元気なの・・・」

穏乃「さ、さあ~?」

憧「日々の運動の賜物かしら…ゴホゴホ」

ク~

淡「・・・お腹すいた」

咲「そういえば朝ご飯食べてないね…」

穏乃(どうしよう。私おかゆなんか作れない・・・あ、京太郎なら作れるかも)

泉「食欲はそんなないけど、少しお腹入れたいわ…」

穏乃(京太郎にあんまり負担掛けたくないなぁ・・・あ、そうだ!)

穏乃「応援要請だよ!」ポパピプペ

和「?」

優希「クークー」



京太郎「買ってきたぞー」

穏乃「ありがと京太郎!あのさ、京太郎っておかゆとか作れる?」

京太郎「ん?おう、作れるぞ。中学時代咲の看病で作ったこともあるしな」

憧・淡「!?」

咲「あ、あの時はたまたま私一人で…///」

春「・・・いいなあ」

京太郎「なんだ、皆腹減ったのか?」

穏乃「もう10時だし、そろそろ何か食べないと」

京太郎「7人分か、少し時間かかるな…皆をほったらかすのも気が引けるしなぁ」

穏乃「その点は、大丈夫!」

京太郎「なんで?」


ガチャッ

玄「みんなー、応援に来たよー」

まこ「夏風邪とは情けないのぉ」

小蒔「皆さん、大丈夫ですか?」

京太郎「あれ、染谷先輩?それに2年生の皆さんも」

穏乃「2人で7人の看病は大変だからね」

まこ「話は聞いたけぇ、思う存分おかゆ作ってきんしゃい」

京太郎「あ、おかゆ作りは手伝ってくんないんすね」

京太郎「まあ、いいか。さて、それじゃあ気合い入れて作りますかね!」

バタン

まこ「生きとるか~皆」

咲「結構辛いです…」

和「コホッコホッ・・・油断してました…」

優希「スースー」

まこ「まあ、栄養取って安静にしとくのが一番じゃき。焦らずゆっくり治しんさい」ナデナデ

咲「先輩、ありがとうございます…」

まこ「この際京太郎に体でも拭いてもらえばいいじゃろ。にひひ」

咲「むむむむ、無理です///!!」

和「へ、変なこと言わないでください。熱が…」

まこ「和―、意識しちょるから顔が熱くなるんじゃろ?つまりはそういうことじゃ」

和「・・・もう、知りません」

まこ「優希、ライバル一杯じゃな。頑張れー」ムニムニ

優希「むにゅ・・・」


誠子「こう弱ってる淡も珍しいよね」

尭深「そうだね」

淡「ひどい先輩、もっと心配して…」

尭深「体にいいお茶あるよ…すごく苦いけど」

淡「苦いのはノーサンキューです・・・」

誠子「寝てばっかりだと筋肉弱るからね、マッサージしようか」

淡「うん…コホッ」

誠子「それとも後で須賀君にやってもらう?好きなんでしょ?」

淡「せんぱーい、乙女のヒミツをそんなさらっと言わないでよー・・・」

尭深(秘密もなにも)

誠子(結構大っぴらだよね)

淡「先輩にお願い・・・さすがに京太郎に体揉まれるのはちょっと恥ずかしいよ」コホコホ

誠子「はいはい」

尭深「早く元気になってね、淡ちゃん」


浩子「泉でも風邪引くんやねー」

泉「どういう意味ですか…」

浩子「後で須賀君がご飯持ってくるみたいやけど、食べれる?何なら食べさせたるよ?」

泉「そこまで辛くはないですよ・・・自分で食べれます」

浩子「とか言うて後で須賀君に「あ~ん」してもらうんやろ?せこいわ~」

泉「ちゃいます!」


春「姫様、心配かけてごめんなさい・・・」

小蒔「いいんですよ。しっかり治して、元気な姿を見せてくださいね」

春「大丈夫・・・京太郎(と穏乃ちゃん)が看病してくれます」

小蒔「そうですか…あんまり甘えちゃダメですよ」

春「・・・」←たっぷり甘える気だった

小蒔「?」

春「わかりました姫様(棒)」

小蒔「ふふ、いい子いい子、です」ナデナデ


灼「なんで憧だけ?」パタパタ←憧を扇いでる

憧「あたしは「なんで穏乃だけ」と問いたいよ・・・」

穏乃「あははー、なんでだろー」

玄「さすが、頑丈!憧も見習わなきゃ」

憧「穏乃レベルは無理よ…久しぶりに風邪なんかひいたわ…だるい」

灼「食欲、ある?」

憧「あんまり無い・・・」

玄「せっかく須賀君特製おかゆなのにね」

憧「あ…」

穏乃「余ったら私たちで食べちゃいましょうか」

灼「うん、きっと美味しい」

憧「・・・なんかだんだんお腹が空いてきたような気がする」

玄「そう?よかったあ」

憧(せっかくの手料理、逃してなるもんですか!)

灼(都合のいいお腹・・・)

穏乃「はっ、私自分のお昼どうしよう」


京太郎「ういー、出来たぞー」ガラガラ

穏乃「お疲れ様京太郎ー」

京太郎「やー先輩方、ありがとうございます」

浩子「いやいや、大したことしてへんよ」

誠子「さてと、須賀君も帰ってきたことだし白糸台はこれから練習だから失礼するね」

尭深「ゴメンね淡ちゃん」

淡「平気だよー」

小蒔「御免なさい、永水もこれから・・・」

浩子「残念ながらウチ(千里山)もや」

京太郎「あ、そうなんですか。じゃあ後はお任せを!」

バタン

まこ「部員の多い学校は違うのう…」

玄「お姉ちゃん呼んだほうがいいかな?」

灼「宥さんが風邪引いちゃうよ」


京太郎「ところで・・・何してんだお前ら」

ジャンケンポン! アイコデショ!

優希「誰にあーんしてもらうかを決めるジャンケンだじぇ!」←起きた

咲(染谷先輩には申し訳ないけど…)

憧(出来ることなら京太郎に…!)

淡「アイコで~ショッ!!」

京太郎「元気じゃねえか…」

まこ「ほほう、これは治った後に説教じゃのう…」

灼「染谷さん、阿知賀もですね」

玄「え、え、私たち罰ゲーム扱い?」

ルール:勝ち2人→京太郎 負け5人→先輩達



優希「勝ったじぇええ!」

春「やった」

他5名「……」

京太郎「・・・お前らそんな元気なら一人で食べれ・・・むぐっ」

まこ「空気読むんじゃ」

前編カン!