憧「……ん?ふぁ~……朝ね」

憧「……アレ?あたし、なんでYシャツだけ?これ誰の?……って下なにも無い!?」

憧「え?……確か、合宿に来て……そういえば、京太郎以外は同じ部屋なのにみんなは……え?」

京太郎「...zzz...zzz」

憧「……きゃ、きゃあああああああ!!」

京太郎「うおっ!?な、なんだ!?」

憧「お、起きるな!目閉じろ!!」

京太郎「あ。憧!?ここ俺の部屋だよな!?」

憧「いいからこっち見るなああああ!!」



京太郎「……で、俺は後ろ向いてりゃいいのか?」

憧「……そーよ」

京太郎「ったくどんな格好してんだよ」

憧「……えっち」

京太郎「なんなんだ……で、どうしてこんなことに?」

憧「あたしだってよく覚えて……あ。昨日の夜、間違えて晴絵のすっごく強いお酒飲んだわ」

京太郎「……思い出した、それ俺も飲んだ。憧が急に酒瓶持ってきて……」

憧「え?いきなり黙ってどしたの?」

京太郎(……口移しで飲まされたとか言えるか!!)

京太郎「とにかく飲んだ。で、そこから覚えてない」

憧「……そ、そう」

憧(お互い酔って、こんな格好って……え?京太郎と?……でも、こんな格好だし……)

京太郎(やばい……酔ってたとはいえ、キスしたとか言えねーわ……でもなー……)

京太郎「あー……その、な」振り返る

憧「え!?こ、こっち見ないで!」京太郎を押す

京太郎「うおっ!」酒瓶が足に引っかかる

憧「ふきゃっ!」

京太郎「いてて……え」憧を押し倒す

憧「いたた……あ」Yシャツがはだける

京太郎「…………」

憧「…………」

京太郎(あ、これ)

憧(やば……)

ガラッ

晴絵「いやー、悪い。間違えて飲ませて……」

穏乃「憧?いる……」

玄「2人とも大丈夫……」

灼「結構飲んだっぽいけど……」

宥「昨日は赤土先生が酔っちゃって……」

全員「…………」

晴絵「な、何やってるんだあああああああ!!!」

京太郎「誤解!誤解です!!」

憧「そ、そうよ!何も無いわ!!……多分」

穏乃「た、多分って何!?」

玄「お、おおお落ち着くですのだ!!」

灼「……2人とも、おめでと」

宥「ああ……そういえばたまに旅館であったな、こういうの」

その後、2人はそれなりに怒られました

その騒ぎに乗じて、憧はちゃっかりYシャツ(京太郎の)は持って帰ったとか