合宿に京太郎も来ている設定です


美穂子「こんな時間ね……何か軽いものでも作ろうかしら」

京太郎「ったく優希のアホめ……タコス作れって、材料があるかも分からねーんだぞ」

美穂子「あら」

京太郎「あ」

美穂子「あなたは清澄の……なんでここに?」

京太郎「風越の部長さん……実は優希、先鋒だった奴です。そいつにちょっと頼まれまして」

美穂子「あなたに料理を?」

京太郎「ええ。そいつの好物なんですけど、材料もあるか分からなくて」

美穂子「……なら、そのお手伝いしていいかしら?」

京太郎「……へ?」



美穂子「なるほどね、その材料ならあるから大丈夫よ」

京太郎「ありがとうございます」

美穂子「いえいえ。それにしても、男の子なのに料理できるのね」

京太郎「元々ある程度の家事はできまして。タコスづくりは優希と部長に頼まれてやってるうちに覚えて」

美穂子「あの子と上埜さんが……そのタコス、今の人数分作っていいかしら?」

京太郎「え?」

美穂子「もうこんな時間だし、何か軽く食べられそうなもの作ろうと思ってたの」

京太郎「大丈夫ですけど、結構苦手な人もいるかもしれませんよ?」

美穂子「大丈夫。さっきレシピ聞いて、あっさりしたのを思いついたの」



美穂子「皆さん、よかったら軽いものでもどうですか?」

久「お、いいわね」

まこ「そんじゃあひとつ……タコス?」

京太郎「あ、優希に頼まれてたんで。で、台所で福路さんと会って」

美穂子「軽食にタコスを作ってみたんです」

優希「おお……タコスがこんなに……」

和「優希、みんなの分ですから食べすぎは駄目ですよ」

京太郎「優希ががっつくから多めにあるから大丈夫だぞ」

優希「それじゃあ最初は私が…」

純「もーらいっ」パクッ

優希「あー!またか!!」

純「……お、うまいなこれ」

一「へえ、どれどれ」

桃子「あ、こっちも欲しいっす!」

ゆみ「ちゃんとあるから大丈夫だ」

美春「……タコスって、こんなにあっさりしてましたっけ?」

美穂子「あ、それは須賀くんから聞いて少し味付けを変えたものなの」

睦月「あっさりしてておいしいです」



翌朝

京太郎「あ、おはようございます」

美穂子「おはよう。早いわね」

京太郎「なんか目覚めちゃって」

美穂子「そう。なら、朝ごはん作るの手伝ってくれない?」

京太郎「はい」



咲「あ、このお味噌汁おいしい」

衣「うむ。なかなかだな」

華菜「キャプテンの手作りだから当たり前だし!」

京太郎「あ、味噌汁は俺です」

和「これを須賀くんが?」

久「……なんか負けた気がするわ」



華菜「あ、キャプテン!」

美穂子「で、お昼なんだけど…」

京太郎「それならこの人数ですし…」



咲「あ、京ちゃん!」

京太郎「昨日のタコスですけど…」

美穂子「あれは隠し味に…」



華菜「アレ?ひょっとしてキャプテンを」

咲「京ちゃんを」

咲・華菜「……取られた?」

美穂子「で、この味付けが…」

京太郎「だったらこれも…」

でも合宿の間はおいしいご飯が食べられました