晴絵「最近流行ってる、Kちゃんってどう思います?」

トシ「またいきなりだねぇ」

晴絵「いや、うちの教え子達が全員買ってて、どうなのかなって思いまして」

貴子「アレですかー。いいんじゃないですか?練習とかの邪魔にならなければ」

晴絵「それが対局中にぬいぐるみ持ってる和を見て、Kちゃん持って打つ選手も出てきて……」

雅枝「あー、千里山の子らはやらんけど、うちの子がやってたな。あ、洋榎のことな」

貴子「どうだったんですか?」

雅枝「持ってても持ってなくても勝ってるから分からんかったわ」

トシ「あの選手ならねぇ……」

郁乃「2人とも持ってるより別の使い方の方がええみたいですよ~?」

雅枝「別の?」

郁乃「前に合宿やった時に景品に使ったら、みんなやる気でしたよ~」

晴絵「ああ、それもひとつの手ですね」

郁乃「結局呼んだプロの人が持ってってブーイングの嵐やったけど」

貴子「そりゃそうなりますよ」

トシ「ま、人気があって欲しがってる子が多いってことだね」

晴絵「そうですね」

トシ「という訳で、誰か買ってきてくれない?うちの子達1人しか持ってないのよ」

雅枝「無理ですって」