小蒔「お父様、明日、お時間ありますか?」

小蒔父「ん?まあ、明日なら取ろうと思えばいつでも時間は取れるぞ?」

小蒔「良かったです!実は、明日、紹介したい男の人がいまして」



小蒔父「ということがあったんだが、どうすればいいんだ」

霞「……いや、私に言われても」

小蒔父「男だぞ!?あの小蒔が男を紹介したいって……ああああああああ……」

霞(本気で頭抱えてる……)

霞「その、小蒔ちゃんから詳しく話を聞いたりしたんですか?何かの間違いじゃ……」

小蒔父「明日、こっちに来ることになっているから紹介したい、ぐらいだ」

霞「どんな方かは…」

小蒔父「『内緒です』とか可愛く言われたら引くしかないだろ!!」

霞「いっそ断ったら……」

小蒔父「小蒔が変な男に引っかかってたらどうするんだ!!」

霞「あー……気持ちは分からなくもないですが、もうどうしようもないですね」

小蒔父「こうなったら今から雨乞いでもやって明日嵐を……」

霞「それこそ小蒔ちゃんが泣きますよ」

小蒔父「くっ……こんなに恐ろしいことはヤマタノオロチの亡霊退治と新婚の時の夫婦喧嘩以来だ……」

霞「……それじゃ、私はこれで」

小蒔父「待ってくれ!明日、どうしたらいいんだ!!ああ……小蒔!お父さんは許しませんよ!!」

霞(明日、逃げようかしら……)



小蒔「お父様!彼が須賀京太郎くんです!!」

京太郎「あー……どうも、須賀京太郎です」

小蒔父「……ああ」

小蒔父(おいおい金髪?それに年下か?母さんと好みが似て……いやいや、認めないぞ)

小蒔「この間の全国大会で知り合った、私の大切な人です!」

小蒔父「そ、そうか……」

小蒔父(大切な人ぉぉぉ!?つまり、小蒔は……あああああああ!!)

小蒔「ええ!大切な"友達"をぜひ紹介したくて…」

小蒔父「……友達?」

小蒔「はい!全国大会で偶然知り合ったんですが、今では大切な友達です!」

小蒔父「そうか……友達か」

小蒔父(いよっしゃああああああああ!!勝った!勝ったぞぉぉぉぉ!!)

京太郎「そこまで言われると嬉しいですね。俺にとっても、小蒔さんは大切な友達ですよ」

小蒔「えへへ……嬉しいです!」

小蒔「あ、京太郎さん。この辺りを案内しますね!」腕抱きつき

小蒔父「……へ?」

小蒔「こっちにあるのがですね…」抱きついたまま

小蒔父(やっぱり認めねええええええええ!!)