京太郎「……ふぁ~」

竜華「なんや大きな欠伸やね」

京太郎「ああ、部長。いや、ちょっと昨日ついネト麻で熱くなりすぎて。のどっちおそるべし」

竜華「ふーん。部活までまだ結構時間あるし、寝とったら?」

京太郎「そうですね。じゃ、そこのソファー使わせてもらいます」

竜華「ん。……よし」ソファー座る

京太郎「あの、部長?座るなとは言いませんけど、いきなり俺が倒れてくるかもしれないですよ?」

竜華「そんなん違うて……ん」膝叩く

京太郎「……へ?」

竜華「ん!」膝叩く

京太郎「……いやいやいや、それは駄目でしょう」

竜華「部員が眠そうにしとったら、これくらいやるんわ部長の仕事やって」

京太郎「そこは怜さんの指定席じゃないんですか?」

竜華「たまにはええって。それに、その怜絶賛の膝を試したくないん?」

京太郎「それは……」

竜華(最近同じ部内だけでなく、姫松の連中や三箇牧のナース、他が色々京太郎くん狙っとるしな。ちょっと本気で落とすで!!)

竜華「それとも、うちの膝じゃ眠れんの……?」

京太郎「わ、分かりました!寝ます!」

竜華(計画通り)

京太郎「じゃ、失礼します」ぽすっ

竜華「ん……」

京太郎「あー……確かにこれはいいですねー」

竜華「ホンマ?怜しか感想言わへんから実はあんまよくなかったらどうしよう思ってたわ」

京太郎「ええ……もう、寝そう……...zzz...zzz」

竜華「早!どんだけ眠かったんよ……もう」

竜華「髪、結構さらさらやね」ナデナデ

竜華「……ふふっ……って今チャンス?」

竜華(京太郎くん寝てるし、誰もおらん。正直胸でもって思ってたけど、今なら思い切って……)

京太郎「...zzz...zzz」

竜華「……寝とるよねー?……ん……」

ガチャ

セーラ「部活やー!」

怜「セーラは元気やなぁ。ウチは竜華に膝枕してもらいたいわー」

竜華「うわひゃあっ!!」

京太郎「んむっ!?」むにゅ

セーラ「あー!竜華何してるん!!」

怜「ウチの膝枕ー!!」

竜華「いや、ちゃうねん!」

京太郎「む、むー!?」むにゅむにゅ

セーラ「京太郎に胸押し付けて何してるんや!」

怜「自分があるからてズルイで!!」

竜華「え?あああ!京太郎くんゴメンなー!!」

京太郎「ぶはっ……あのまま……死んでも……本望……でした……ガクッ」

竜華「京太郎くーん!!」

怜「ここはうちが人口呼吸を……」

京太郎「……!!?」ピクッ

セーラ「いや京太郎大丈夫やから」