多分臨海で合宿かどっか行ってます


京太郎「……ん、朝か。いやー、よく寝たな……ん?あったかい?」バッ

ネリー「...zzz...zzz」裸Yシャツ

京太郎「……ネリー!?」

ネリー「んー……あ、おはよーきょーたろー」

京太郎「ああ、おはよう……じゃなくて!なんでネリーがそんな格好で俺のベッドの中にいるんだよ!」

ネリー「アレ?裸Yシャツ嫌い?ちゃんときょーたろーのYシャツだよ?」

京太郎「それは嫌いじゃないけど!なんでいるんだよ!」

ネリー「……ぽっ」

京太郎「ネリー?ネリーさん?なんですかそのリアクションは?」

ネリー「初めてだったのに……」

京太郎「何が!?」

ネリー「あんなに激しくするなんて……でも、そんなきょーたろーも……」

京太郎「待て待て待て!記憶にないぞ!?」

ネリー「……そう言って、捨てるの?」赤面+涙目+上目遣い+裸yシャツ

京太郎「可愛いなコノヤロー!」

ガチャ

ダヴァン「キョータロー、朝です、よ……」

京太郎「あ」

ネリー「……きゃっ」京太郎に抱きつき

ダヴァン「あー……サクバンハオタノシミデシタネ?」

京太郎「どこの宿屋!?違いますよ!!」

ネリー「もー……激しくて……」

ダヴァン「うーん……私はキョータローを信じてマスヨ?」

ネリー「えー?明らかに既成事実だよー?」

京太郎「自分で言うな。後、俺はやってない」

ダヴァン「うん、ネリーはそろそろ本当のこと言った方がいいデスヨ?」

ネリー「ネリー、本当のことしか言ってないよー?」

ダヴァン「……私の後ろでサトハがポン刀持って待ってても?」

智葉「……ネリー、ちょっと話そうか?」ゴゴゴゴゴ

ネリー「……あ」

ネリーの言っていたことは添い寝と寝相のことでした