甘味屋

春「……ふぅ」

明星「ん~、おいしい」

十曽「……甘い」

京太郎「……明日準決勝なのに、なんで永水の春とこんなのんびりしてるんだろ」

春「……いいんじゃない?」

京太郎「というかそこの子達は?」

明星「明星です」

十曽「十曽です」

京太郎「あ、須賀京太郎です」

春「……よし」

京太郎「いや、良しじゃないって」

春「……うるさいからこれでも食べて」ひょい

京太郎「ん……冷たくて甘い」

春「黒糖アイスパフェ」

京太郎「……なんか、もういいや。あ、チョコレートパフェお願いします」

春「……私の大会は終わった」

京太郎「……そうだな」

春「個人は姫様達応援するけど、団体は清澄応援してるから」

京太郎「……負けたからか?」

春「……京太郎がいるから」

京太郎「そ、そうか。あ、パフェ来た」

春「……おいしそう」

京太郎「ほら、さっきのお返しだ。あーん」

春「……あーん、ん。……おいしい」

京太郎「そりゃ良かった」

春「……ねぇ」

京太郎「なんだ?」

春「また、来よ?」ニコッ