智葉「おい須賀、いるかー?」

京太郎「...zzz...zzz」長椅子に座りながら

智葉「なんだ、寝てるのか」隣に座る

智葉「……掃除はしっかりしてるし、牌譜の整理も終わってるか」

京太郎「……ん」倒れて智葉で膝枕

智葉「……何やっているんだ貴様、と本来は言うところだが」

京太郎「...zzz...zzz」

智葉「1人で終わらせたんだ、これくらい多めに見てやる」

京太郎「...zzz...zzz」

智葉「全く、これじゃ私も明華やハオと変わらないな」

智葉「そういえばあいつらは……」

京太郎「...zzz...zzz」

智葉「…………」ペタペタ

智葉「…………」イラッ

智葉「……オラッ、さっさと起きろ!!」ゲシッ

京太郎「あだっ!?」椅子から落ちる

京太郎「アレ?先輩?俺は一体……」

智葉「よく寝てたみたいだな?」

京太郎「あー……」

智葉「ま、雑用やった後だし、構わんよ」

京太郎「先輩……」

智葉「ということで、休憩もしたんだ。私がしっかりと指導してやろう」

京太郎「え!?……あの、お手柔らかにお願いします」

智葉「ああ……無理だから諦めろ」

京太郎「酷い!?」



智葉「ああん?なんでそれ切ったか言ってみろ!?」

ネリー「サトハ、きびしーねー」

智葉「だからそうじゃねーんだよ!今のお前の実力ならまずは…」

ダヴァン「んー……でもなんかサトハ楽しそうデスネ」

智葉「そう!それだよ!今のはよくやった!!」