ダヴァン「やっぱり日本のラーメンは最高デス!」

京太郎「で、これで何軒目ですか?」

ダヴァン「……4軒目?」

京太郎「俺来たのさっきですよ!?」

ダヴァン「朝に1杯、10時のおやつ代わりに1杯、キョータローと行く前の腹ごなしに1杯デスネ!」

京太郎「そんな曇りなき笑顔で言われても……ラーメン3杯食ってんのに入るんですか?って今さら愚問でしたね」

ダヴァン「ラーメンはムゲン!!」

京太郎「はいはい。あ、来ましたよ」

ダヴァン「おおお……サイコーですね!!」

京太郎「じゃ、いただきまーす」



ダヴァン「やっぱりサイコーです!」

京太郎「今3分の2ってとこですか?」

ダヴァン「イエス!スープもしっかりね!スープ残す人多いけど、私はそんなことしまセン!」

京太郎「なるほど。あ、すいませーん替え玉お願いします」

ダヴァン「へ?」

京太郎「あ、どうも」

ダヴァン「キョ、キョ、キョータロー!!い、今のはホワッツ!?」

京太郎「混ざってる混ざってる。いや、替え玉ですよ?」

ダヴァン「替え玉……なんですかそれは!?」

京太郎「ひょっとして、スープ飲み干すから替え玉知らなかったんですか?」

ダヴァン「なんということだ……スープを残す人達には替え玉という新たな可能性があったトハ……」

ダヴァン「私にも替え玉を!」

京太郎「いや、麺残ってるじゃないですか。食ってしまってからいいましょうよ」

ダヴァン「なるほど!」ズルズルズル、ズズーッ

ダヴァン「さあ!レッツ替え玉!!」

京太郎「……スープないじゃないですか」

ダヴァン「……あ」

ダヴァンが替え玉を注文できたのは7軒目だったとか