京太郎「咏さんっていつも着物ですよね?」

咏「うん?まーそうだけど、いきなりどした?」

京太郎「いや、初めて会ってからずっとそうだったんで。いつから着物なんですか?」

咏「うーん……わっかんねーわ。いや、マジで。着物がトレードマークみたいになってるし、慣れちゃったしね」

京太郎「なるほど」

咏「着物に興味持っちゃったかい?知りたいことあったらなんでも聞いてくれていいよ」

京太郎「じゃあ、昔からの疑問をひとつ」

咏「うん」

京太郎「帯引っ張ってコマみたいになるやつ、どうなるんですか?というかやっていいですか?」

咏「…………」

京太郎「…………」

咏「アレはめんどいからお断りだねぃ」

京太郎「……へぇ」じりっ

咏「おいおいおいおい、なんでにじり寄ってくるかな?」じりっ

京太郎「あれですよ。知的好奇心」

咏「ほほう。そういうものは素晴らしいと思うけどね、アレはやめて欲しいなー」

京太郎「その言い方だと一回やったんですか?」

咏「酔ったすこやんはやりんコンビがね……いや本当にやめてほしいな。お姉さんからのお願い」

京太郎「恋人からのお願いは聞いてもらえませんかね」

咏「……ずっこいな、それ。断れなくなるぜ」

京太郎「断らせる気ないですからね。小鍛冶プロと瑞原プロがやってて俺がやってないって、嫌なんで」

咏「嬉しい嫉妬だねぃ……好きにしていいよ。でも」

咏「帯を引っ張って、脱がす訳でもあるんだし、脱がした後期待していいんだよね?」