望「ねえ憧ー」

憧「んー?」

望「最近京太郎くんとどう?」

憧「!?ゴホッ、じゅ、ジュースが変なとこ入った!」

望「動揺しすぎー」

憧「お、お姉ちゃんが変なこと言うからでしょ!」

望「いやー、最近年下もいいかなって思ってね?」

憧「なっ!?」

望「で、京太郎くんかっこいいし?家事もできて性格も悪くないし?ね?」

憧「きょ、京太郎はちょっとえっちだし!」

望「それくらい男の子なら当然よ。むしろ、色気で悩殺しちゃおうかな」

憧「う~……自分が少しは胸あるからって……」

望「はっはっは。これが差よ」

憧「ていうか……本気なの?」

望「割と……巫女服で迫ってみよっかなー」

憧「わ、私だって負けないからね!」

望「いいわよー。容赦しないから、本気で来ないと取るからね」

後日、いきなり姉妹からのアプローチを受けた京太郎が困惑するのは、別の話