ハギヨシ「……お集まりの皆さま、ただいまより、Kちゃん争奪麻雀大会を開催致します!」

ワーワー、パチパチパチ

淡「限定Kちゃんが手に入るって聞いてきたけど……結構人多いし、強そうな人もいるじゃん!」

ハギヨシ「なお、麻雀のルール自体は大会の物と同じですが……皆さんには脱衣麻雀をしてもらいます!」

ざわ、ざわ

洋榎「コラー!ふざけたルールやめろやー!!」

一「そうだそうだ!すぐ終わる人もいるんだぞ!!」

穏乃「脱衣麻雀反対!!」

初美「反対ですー!!」

ハギヨシ「……皆様、不満の方もいるでしょう。不満ならば不参加でも構いません。ただし」

ハギヨシ「優勝商品は、Kちゃんのモデルご本人ですよ?」バサッ

京太郎「...zzz...zzz」

ざわ、ざわ、なんだと!、ざわ、ざわ、本物?

ハギヨシ「……これでも、不参加の方はいらっしゃいますか?」

シーン

ハギヨシ「では、脱衣麻雀大会、開始です!!」

パチパチパチパチパチ

淡「……大変なことになっちゃったなー。あそこの人とか超有利だし」

エイスリン「フコウヘイ!ヌグ!!」

宥「えっと……ごめんなさい」

淡「あそこはあそこで大変だし」

玄「おもち……脱衣……おもち……脱衣……」

和「く、玄さん?」

霞「彼女、何か憑いてたりする?」

淡「まあ、テルーにでも当たらない限り、高校100年生は負けないけどね!!」

淡「あ、私はここかー。どーもよろしく」

健夜「あ、よろしくねー」

竜華「……怜へ、先立つ不孝を許して下さい、っと」カリカリ

やえ「……王者の散り際とは、どうあるべきだろうな」

淡「……すいませーん!チェンジ!!」

竜華「あはは……楽しいかもしれへんよ?」

淡「遺書書いてる人に言われたくないよ!」

やえ「これだからにわかは……」

淡「あなたは散り際とか言ってたじゃん!」

健夜「あはは……まぁ、楽しもう?」

淡「超本気じゃん!プロじゃん!!」

健夜「大丈夫……さあ、始めよう」ゴゴゴゴゴゴゴゴ



健夜「ふぅ……久しぶりに本気出したけど、まだ持つのかぁ」服、5枚中5枚

竜華「ふふふ……ここまでやられるとむしろ清々しいで……」服、5枚中2枚

やえ「はっはっは……ここまで追い詰められるとは、にわかは私か」服、5枚中1枚

淡「まだ……まだ私は負けてない!」服、5枚中2枚

竜華「淡ちゃん、さすがにこれは無理っちゅうもんやろ?」

淡「……もう、私は簡単に負けられないんだ!相手が世界2位でも、逃げない!!ダブルリーチ!!」

健夜「ちょっと申し訳ないし、逃げないのはいいけど……負ける気はないよ」タン

淡「くぅ……ここまで……」

ハギヨシ「……失礼します」

健夜「え?何?」

ハギヨシ「……小鍛冶健夜様、あなたは、参加書類にて虚偽を書いたという疑惑が出ています」

健夜「そ、そんなことは……」

ハギヨシ「ここの年齢が、20なのはどういうことでしょうか?」

健夜「だ、だって……」

ハギヨシ「参加年齢は20歳以下限定です。あなたは、参加できないのですよ」

健夜「そ、そんな!!」

ハギヨシ「……残念ですが、規則です。そもそも女子高生ばかりの場ですよ?大人げないでしょう」

健夜「ぐふっ!」グサッ

ハギヨシ「ということで、引き続きどうぞ」

健夜「う、うわーん!!これ以上は、婚期がぁぁぁ……」

淡「…………」

竜華「…………」

やえ「…………」

淡「……続き、しよっか?」



淡「ふー、なんとか勝ててよかったー」

淡「……胸、おっきかったな。王者の人も意外と、っと。ここだね」

淡「たのもー」

衣「お、来たかー」

小蒔「...zzz...zzz」

照「……ん?淡?」

淡「……チェンジ!!」

優勝は宮永姉妹のワンツーフィニッシュでした

2人は仲良く2人で景品を持って帰ったそうです