朝、教室

桃子(やっとKちゃん届いたっす!さっそく先輩に見せるっすよ!)

桃子(しかし……本当によくできてるっすね)

モブA「あ、そのぬいぐるみかわいい!!」

桃子(私以外にもぬいぐるみ持ってきた人がいたんすかね)

モブA「ねえ、ちょっと見せてくれない?」

桃子(でも、私のKちゃんの方がかわいいっすよ)

モブA「ねえって」

桃子(なんすか?早く見せてあげればいいのに)

モブA「東横さん!」

桃子「はい!?……へ?私っすか?」

モブA「東横さん以外ぬいぐるみ持ってないじゃん!ね、見せてよ!」

桃子「い、いいっすけど」

モブA「わ~、かわいい!それに良くできてるね」

モブB「何それ!すっごいい良いじゃん!」

モブA「なんか、東横さんが持ってたの!」

モブB「東横さんの!?どこで売ってるか教えて!」

モブC「あ、私知ってる!それ、Kちゃんだよね!?」

桃子「そ、そうっす。昨日届いて」

モブC「いいな~。私の時は売り切れだったんだよ~」

モブB「運が無かったんじゃない?」

桃子「…………あれ?」

モブA「あ、東横さん、そういえばさ…」

放課後、部室

ゆみ「……ふう、私だけか。モモが隠れてたりしないよな?」

ガチャ、バタン

桃子「せ、先輩ー!!」

ゆみ「モモ。今来たのか?あ、Kちゃん届いたのか」

桃子「大変なことになったっす!」

ゆみ「なんだ?」

桃子「私、ステルスじゃなくなったっす!!」

ゆみ「…………なんだって?」



ゆみ「つまり、教室で普段通りしてたのに急に話しかけられた、と」

桃子「そうっす!しかも、その後しばらくは普通に話せたっす!」

ゆみ「昨日まで消えてていきなり、な……」

桃子「信じてないっすね!?じゃあ、むっちゃん先輩で試してみるっす!」

ガチャ

睦月「あ、先輩に……桃子?Kちゃん持ってどうしたんだ?今日は消えてないのか?」

桃子「ほら!消えてないっす!」

ゆみ「ああ、これは確定だな」

睦月「何があったんですか?」

桃子「私、ステルスじゃなくなったっす!」

睦月「それは、本当か?」

桃子「はいっす!今、むっちゃん先輩が証明してくれたっす!」

睦月「うむ……麻雀でもか?」

桃子「……え?」

睦月「だから、麻雀でももうステルスできないのか?」

桃子「……分かんないっす」

桃子(でも、そうだったら私は……)

ゆみ「はぁ。モモ、つまらないこと考えてないか?」

桃子「はい?」

ゆみ「麻雀で消えれなくなっても、私は構わない。私はステルスできるできない関係なく、モモが欲しかったんだから」

桃子「せ、せんぱーい!!」抱きつき

ゆみ「おいおい、Kちゃん落としたぞ」

睦月「拾っておきますね」

桃子「私、先輩についてきてよかったっす!」

ガチャ

智美「ワハハ。来たぞ」

佳織「お疲れ様です。あ、Kちゃんぬいぐるみ!」

睦月「ああ、桃子のものだ」

佳織「そうなんですか。で、その桃子さんは?」

ゆみ・桃子・睦月「え?」

佳織「まだですか?それとも、また消えてます?私、まだ見つけられないんですよー」

智美「いや、においはするぞー……ああ、ゆみちんに抱きついているのか」

睦月「どういうことですか?」

ゆみ「まさか……モモ、Kちゃん抱きしめてみろ」

桃子「は、はいっす」ギュッ

佳織「あ、いました!Kちゃん持ってるんですね!」

ゆみ「……まさか、Kちゃん持ってる時だけ消えないのか?」

桃子「……あ」

智美「そういえば、今朝ずっとぬいぐるみ抱いて歩いている子がいるって聞いたなー。ワハハ、モモだったのか」

睦月「桃子、朝いつから」

桃子「……どうせ見えないと思って……家からずっとっす」

ゆみ「あー……うん、私はお前の味方だぞ?」

睦月「……うむ」

桃子「また消えるっす~~!!」

智美・佳織「?」

後に、桃子に友達が増え、いつもぬいぐるみを抱いているというキャラが確立した