玄「京太郎くん……お願いです」

京太郎「玄さん……」

玄「京太郎くんにしか頼めないのです……」

京太郎「でも……でも……」

玄「お願いだから……!!」

玄「発売終了した奈良限定Kちゃんが欲しいのです!!」

京太郎「だから……諦めましょう」

玄「そこをなんとか!京太郎くんが製作者の方に頼んでくれれば!」

京太郎「いや、多分大丈夫でしょうけど、1人だけ特別扱いっていうのはどうかと……」

玄「むむむ。、こうなったら奥の手です!」

京太郎「はい?」

玄「京太郎くん!!私のおもち好きにしていいから!!お願いします!!」

京太郎「な、何言ってるんですか!駄目ですよ!!」

玄「私、本気。Kちゃんが欲しい」

京太郎「だからって、好きでもない男におもちを好きにさせるとか駄目です!おもちマイスターですが、それは友人として駄目です!!」

玄「……違うもん」

京太郎「……へ?」

玄「Kちゃんが欲しい以上に、京太郎君が好きだからだよ!!好きな人なら、何されたっていいんだよ!!」

京太郎「……玄さん」

玄「……Kちゃんは、本当はそんなに欲しくなにのです。私は、京太郎くんが欲しいから、言ったのです」

玄「京太郎くんは、私のこと、嫌い?」

京太郎「……止まれませんよ?」

玄「……へ?」ガシッ

京太郎「正直、あんなこと言われただけでもやばいのに、とどめですよ」

玄「あのー、手が、その、おもちに……」

京太郎「好きにして良いんでしょう?好きですし」

玄「え?……ちょ、待って!」

京太郎「大丈夫です……責任は取りますから」



玄「ねえ」

京太郎「なんですか」

玄「松実京太郎と、須賀玄、どっちがいい?」

京太郎「……さあ。じっくり考えましょうか」



おまけ
京ちゃんはやっぱり紳士だね!ルート

玄「京太郎くん!!私のおもち好きにしていいから!!お願いします!!」

京太郎「……分かりました」

玄「本当!?」

京太郎「ええ。玄さんの覚悟、しっかり伝わりましたよ」

玄「それじゃ!」

京太郎「限定版の件、しっかり伝えましょう!でも」

玄「う、うん……大丈夫。私は京太郎くんを信じてるから」

京太郎「分かりました。では、少し待ってて下さい」



玄「京太郎くん、遅いな……部室で待っててって言ったっきり、いつまでかかるんだろう」

ガチャ

京太郎「お待たせしました。頼んで、作ってもらいましたよ」

玄「こ、これは確かに限定版!」

京太郎「さて、俺は約束を守りましたよ?」

玄「……分かっているよ。今さらどうこう言わないよ……服、脱ぐからあっち向いててくれる?」

京太郎「……玄さん。俺は確かにおもちが大好きです。ですが、紳士であれと師から教わりました」

玄「え?」

京太郎「だから、俺はあなたのおもちを弄ぶようなことはしません」

玄「え!?で、でも約束が…」

京太郎「……俺は、ね」

玄「へ?」

京太郎「さすがに、異性に触らせる訳にもいかないので、今回ぜひ触ってみたいという女性の方をお呼びしました」

玄「女の人……いいの?京太郎くんは!」

京太郎「俺は、紳士ですから」

玄「京太郎くん……」

京太郎「では、どうぞ」

咲「……呼ばれたんで来たよ京ちゃん」

照「……久しぶり」

玄「…………ちょっと待って」

京太郎「話をしたら、どうやったら胸が大きくなるか知りたい、って言ってまして」

玄「待って」

咲「あははー大丈夫ですよー」ゴッ

照「そう……大丈夫……多分」ギュルルルル

京太郎「では、ごゆっくりー」

玄「待ってー!!京太郎くん!!」

咲「とりあえず」ゴゴゴゴゴ

照「触って確かめてみようか」ギャルルルル

玄「助けてぇぇぇぇぇ…………」