雅枝「…………」下着姿

Kちゃんぬいぐるみ「…………」

雅枝「『Kちゃんぬいぐるみ抱いて寝ると安眠できるんやー』って、ホンマかいな洋榎」

雅枝「っちゅーか洋榎も絹恵も、ぬいぐるみ抱くくらいなら本人にせいっちゅーねん」

雅枝「何度もうちに須賀連れてきよるくせに、変なとこでヘタレな娘達め」

Kちゃんぬいぐるみ「…………」

雅枝「……まあ、旦那も出張やし、試すんもアリやな。よっと」

雅枝「明日早いし……はよ寝よ……」

Kちゃんぬいぐるみ「…………」



真夜中

雅枝「...zzz...zzz」

京太郎「……ん?アレ?ここ、どこだ?」ムニュ

京太郎「……へ?」

雅枝「...zzz...zzz」

京太郎「なぁぁぁぁぁぁ!?なんで愛宕雅枝さん!?そして下着姿でおもちがすばら!!」

雅枝「……あー?うるさいでー?」

京太郎「まっず!」

雅枝「……なんや、そんなとこおったんかい」

京太郎「……へ?」

雅枝「……ん」ギュッ

京太郎「……これは、完全にホールドされた?」

雅枝「...zzz...zzz」

京太郎「……どうしろと?」




雅枝「……ん?朝かー」ムクッ

Kちゃんぬいぐるみ「…………」

雅枝「……須賀、やないよな?」

Kちゃんぬいぐるみ「…………」

雅枝「……アホらし。はよ、支度しよか」

Kちゃんぬいぐるみ「…………」

雅枝「……まあ、悪くはなかったで」



姫松高校

洋榎「なんや?京太郎眠そうやな」

京太郎「なーんか変な夢みたんですよ」

洋榎「奇遇やな。うちもやで?なーんかな?夜中におかんと京太郎が抱き合って寝てるんよ」

京太郎「…………」ダラダラ

洋榎「で、朝起きたらおかんなんか機嫌ええんよー。変やろー?」

京太郎「あ、あははは。そいうですねー」

洋榎「京太郎はどんなやったん?」

京太郎「……すばらなおもちでした」

洋榎「……はぁ?」