マホ「こんにちわー!連絡があったので大急ぎで来ましたー!」

久「いらっしゃい。もうすぐ終わるから、少し待っててね」

裕子「すいません」

まこ「いいんじゃ、こっちが呼んだんじゃから。お、もう終わるか」

咲「カン!カン!ツモ、嶺上開花!!」

京太郎「おぉぉぉぉ……最後にぶっとんだ……」

優希「さっすが咲ちゃんだじぇ!!」

和「ええ……須賀くんも、上達してますよ?」

京太郎「ふ……今言っても死体蹴りだぜ……」

咲「ご、ごめんね?つい……」

京太郎「つい、で飛んだのかよ……」

優希「さーって、罰ゲームの時間だじぇ!!」

マホ「ええ!?そ、そんなの駄目ですよ!!」

和「マホちゃん」

マホ「賭けとか、そんなの駄目って言ってたじゃないですか!!」

優希「こいつ、自分がトップだったら、のどちゃんのおっぱいを揉む気だったんだじぇ?」

マホ「容赦なくやりましょう!!」

久「後輩の教育がよくできてるわね」

まこ「なんか違うと思うぞ」

優希「でも、罰ゲーム特に決めてないんだなーこれが」

京太郎「財布にくるの以外なんでも来いよ。トップになった咲からなんかないのか?」

咲「うーん、特にないかなー。私もこういうのちょっと苦手」

久「……なら、いいの思い付いたわ」

優希「お、部長なら期待だじぇ!」

まこ「そういう方向の期待はどうかと思うんじゃがな」

久「須賀くん」

京太郎「はい……なんでもどうぞ!」

久「今日1日、椅子になりなさい」

京太郎「……はい?」

京太郎「…………」

マホ「えーっと、いいんですか?」on the 京太郎

久「いいわよー、しっかりねー」

和「部長……これは本気で訳が分からないんですが」

久「平常心を鍛えるためよ。どんな状況であっても、自分の実力を出し切れる。そのための特訓ね」

まこ「本音は?」

久「面白そうじゃない」

裕子「……大丈夫なんですか?」

優希「大丈夫だじぇ……のどちゃんさえ乗らなければ」

京太郎「そんな!?ひっでぇ!!」

咲「京ちゃん……」

和「はぁ……では、マホちゃん。始めますよ?」

マホ「はい……あ。これ、持って打ちますね」

まこ「そりゃKちゃんぬいぐるみ……中学でも流行っとるんか」

和「……まさか私のエトペンみたいに、って理由ですか?」

マホ「な、なんで分かったんですか!?やっぱりすごいです!」

和「……分かりやす過ぎるのが難点ですね」

咲「あはは……じゃ、行くよ?」

優希「後輩だからといって遠慮は無しだじぇ!」

マホ「は、はい!マホ、行きます!!」



マホ「カン!カン!ツモ、嶺上開花!!」

和「こ、これは!?」

優希「じぇー……」

咲「が、合宿の時より……」

マホ「やりましたー!マホ、トップです!!」

まこ「こ、こんなに強かったか?」

裕子「い、いえ。今まで見た中で一番強かったです」

久「……そのまま、もう一回いいかしら?」

マホ「……ツモ!!」ヒュッ、バシッ!!

和「な、なんですかそれ……」

優希「ぶ、部長みたいだじぇー……」

咲「う、うわわわわ……」

マホ「やりましたー!マホ、絶好調です!!」

まこ「おい、何やった」

久「な、何もしてないわよ!?」

京太郎「あのー、そろそろ足痺れてきたんで、椅子やめていいですか?」

久「いいわよ。今、それどころじゃないし」

京太郎「じゃ、降りてくれ」

マホ「むー……不服ですが降ります」

優希「じゃ、もう一度やるじぇ!!リベンジだじぇ!!」

マホ「マホ、今日は負けませんよ!!」



マホ「……飛んじゃいましたー」

和「……なんですかこれ」

優希「そんなオカルト?」

咲「ありえません?」

和「……私、そんな言い方でした?」

久「なんだったのかしら?」

まこ「さあな。さて、そろそろ時間じゃ。今日はここまでにしとくか」

裕子「ありがとうございました。なんか、マホが変なことしたみたいなのに」

マホ「へ、変じゃないですよ!?」

久「いいわよ、良い練習になったし。また来て相手してくれるかしら?」

マホ「は、はい!マホでよければ!!」



数日後

マホ「お邪魔しまーす」

京太郎「...zzz...zzz」

マホ「須賀先輩だけ?ってネト麻つけたままです」

京太郎「...zzz...zzz」

マホ「……ちょっとだけですよー?」



PC「ツモ!!国士無双!!」

マホ「ぜ、絶好調です……」on the 京太郎

京太郎「...zzz...zzz」

マホ「まさか、須賀先輩の上に座ってKちゃんを抱けば……」

和「あら?来てましたか?……なんでまた須賀くんの上に座っているんです?」

マホ「和先輩!!須賀先輩を下さい!!」

和「!?」