宥「……とんでもないもの、当たっちゃった」

憧「宥姉、どったの?」

穏乃「当たったって、懸賞とかですか?」

宥「これ」KASIMO

灼「何々、『Hondaと龍門渕グループの連携企画、大人気ASIMOとKちゃんのコラボKASIMO』宥さんすごい」

宥「でも、あんまりあったかそうじゃない」

穏乃「確かに、Kちゃんぬいぐるみの方が可愛いですよね」

憧「ベースはASIMOだから、しょうがないでしょ……ん?試作品につき新機能?」

玄「新機能、麻雀モード搭載?……すごい!!」

灼「さっそく打ってみる?」

宥「う、うん」

穏乃「じゃあ私も!」

玄「もう1人はおまかせあ…」

憧「あたしがやるわ」

玄「えーなんでー?」

憧「機械が打つのにドラ無しとか、エラー起こしたらどうすんのよ」

灼「一理ある」

玄「うう~」

宥「じゃ、じゃあ始めよっか」



穏乃「ツモ!……終わりっ!!」

宥「……なんていうか」

灼「KASIMO、麻雀」

憧「弱い」

KASIMO「…………」カタカタカタカタ

玄「初心者っぽかったねー」

宥「うーん……ん?なんか言ってる」

KASIMO「東場速効がない……悪待ちがない……カンされない……SOA……キンクリされない……」ボンッ!

穏乃「わっ!なにこれ!?」

憧「ショートした!?」

宥「あったか~い……」

灼「言ってる場合?」

玄「こ、壊れた!?」

結局KASIMOはその見た目と性能から試作段階で製作中止となった

宥の元の試作品も、後日お詫びを持ってきたとある執事が回収しにきたらしい

なお、最後に言っていたことに関して聞くと

「……相手が悪かったんでしょうね」

とだけ言ったとか