照「ただいま」

菫「おう、早かったな。迷子になってまだかかると思ってたぞ」書類仕事中

淡「テルー、おかえ……り?」

誠子「おかえりなさいです宮永先ぱ……」

尭深「……お茶、淹れますね」

照「菫、菫」

菫「なんだよ。今見ての通り忙しいんだ」

照「お持ち帰りしてきた」

菫「は?」振り返る

照「長野から持って帰ってきた」腕抱きつき

京太郎「あー……どうも」腕抱きつかれ

菫「……何をやっているんだお前はぁぁぁぁ!!」



菫「で、何か言うことは?」

照「咲のKちゃんが駄目だったから本人をお持ち帰りしてきた。後悔はしてない」

菫「もっと駄目だろ!どうやって拉致ってきた!!」

照「別に?腕に抱きついてただけだよ?」

京太郎「照さん1人で東京帰るって聞きまして……」

菫「ああ……」

照「……照れる」

菫「褒めてない!!」

尭深「お茶、どうぞ」

京太郎「ありがとうございます……このお茶おいしいですね。どう淹れてるんですか?」

尭深「これ?このお茶は……」嬉しげ

淡「むむむ……とーうっ」背中抱きつき

京太郎「おわっ!……何するんだよ」

淡「同じ金髪だからなんとなく?」

京太郎「理由になってねーぞ」

淡「いーじゃんいーじゃん!金髪同士ってことで!!」

誠子「ごめんな、淡が」

京太郎「あ、大丈夫です。似たようなの相手してますから」

誠子「まさか、淡と同じようなのがいるなんて……」

京太郎「いるんですよ。こう、ほっぺムニムニしたくなるようなのが」

誠子「あー、分かる分かる」

菫「……即チーム虎姫に馴染んだぞ彼」

照「むー……私が持って帰ってきたのに」

菫「そもそも人を持ち帰るなって……というか、彼どうするんだ?ちゃんと許可もらってきてるのか」

照「勿論大丈夫だか…」プルルルル

菫「おい携帯なってるぞ」

照「……はい」

咲「お姉ちゃん!京ちゃん返し」ピッ

照「……さて」

菫「早く彼を返してやれ!」

照「……もうちょっとだけ」

菫「あー、須賀くんだよな?照が本当にすまない」

京太郎「あ、いえいえ大丈夫ですよ。昔から似たようなことはしてましたし、今も手のかかるやつがいますから」

照「私は咲程酷くない。京ちゃん失礼」

京太郎「はいはい。すいませんでした」頭ナデナデ

照「ん……許すからもっと」

菫「手慣れてる……」

京太郎「この姉妹の扱いと、迷子探しなら誰にも負ける気はしません」

菫「そうか、須賀くんは2人分だったのか……大変だったろうに」

京太郎「いやいや、もうコツは掴んでますから大丈夫です」

菫「ああ、私もコツ掴むまで大変だったな……」

京太郎「まず探す順番ですよね」

菫「そうそう。で、次に…」

照「……なんで2人とも迷子探しでそんなに盛り上がれるの?」

京太郎・菫「そりゃ、照(さん達)がいるから」

照「……道が悪いんだ」

淡「私を忘れるなー」背中抱きついたまま