○ひげのタルinドラゴンKちゃん

穏乃「…………」カチッ

憧「…………」カチッ

灼「…………」カチッ

宥「…………」カチッ

京太郎「…………」カチッ

玄「いやおかしいよね!?」

憧「玄……あんたの番よ」

灼「早くしてほし……」

玄「いや、なんで普通に○ひげやってるの!?しかも私のKちゃんで!?今さらだけどよく入ったね!?」

京太郎「昔、縁日のあやしいおっちゃんに貰った『○ひげ危機一髪~ビッグアメリカンサイズ~』がこんなとこで役に立つとは……」

穏乃「ちなみに入れたのは私です!」

玄「穏乃ちゃん!?」

穏乃「いや~昨日ドラゴン危機一髪って映画見たんで、つい」

玄「つい、で私のKちゃんが危機に!?」

宥「大丈夫だよ玄ちゃん。もし飛んでもKちゃんは無事だからって京太郎くん言ってたから」

玄「お姉ちゃん……」

宥「さっき穏乃ちゃんと憧ちゃんが罰ゲームで使うとか言ってたけど」

玄「ふーたーりーとーもー?」

穏乃「いやー、こういうのあったら燃えません?」

憧「ま、軽い罰ゲームしかないから」罰ゲームボックス

玄「……やるしかないの?」

灼「早くやって終わらせればいいと思う……」

玄「じゃ……えいっ」カチッ、ヒュッ、ドガッ!!

ドラゴンKちゃん、飛翔&天井激突

玄「ああああああ!?」

憧「うわっ、勢い強っ」

穏乃「これが本当に昇り龍!」

京太郎「あれで付属の○ひげ無くなってな……いろんなもので代用したんだ」

灼「……大丈夫?」

玄「あ、ぬいぐるみだからあんまりダメージはない」

宥「良かった……」

憧「じゃ、おまちかねの罰ゲームいっとこーか」

玄「うう……色々と理不尽だよ……」

穏乃「じゃ、引いて下さい!」

玄「……これ!」

玄「……スカートギリギリまでたくし上げ」

灼「案外軽い……」

憧「言ったとおりでしょー?」

玄「で、でも京太郎くんもいるのに……」

京太郎「俺は問題ないです!」

宥「すごい、いい笑顔……」

憧「サイテー」

穏乃「何が?」

灼「穏乃はいつもやってるようなものだしね」

玄「うー……やるから、あんまり見ないでね?」

京太郎「無理ですすいません!」

憧「即答!?」

京太郎「さあ!俺にかまわずどうぞ!」

玄「……こ、こう?」たくし上げ

京太郎「まだいけますよ」

憧「この変態……でもまだいけるのは確かね……これくらい?」上げる

玄「わわ。ちょ、危ない!」

京太郎「……おもちもいいけど、太ももが」

灼「本格的に変態っぽい……」

宥「京太郎くん……」

穏乃「?限界までなら、こうじゃないんですか?」グイッ

玄「え?だ、駄目!その限界じゃ…」ブワッ

憧「…………」

灼「…………」

宥「…………」

京太郎「…………」

穏乃「?」

玄「……見た?」

京太郎「……いや、憧が邪魔であんまり良く」

玄「ちなみに白だよ?」

京太郎「え?ピンクと青の水玉でしたよ?」

玄「…………うわーん!!」ダッ

憧「玄!?待って!どこ行くの!?」ダッ

穏乃「え!?玄さん!?」ダッ

灼「……とりあえず、謝った方がいいっぽいね」

宥「うん……」

京太郎「……はい」

その後、穏乃と京太郎は玄が泣きやむまで謝り続けた

翌日、玄がリベンジのために再び○ひげをしようと持ちかけ、また罰ゲームを受けるのは、別の話