雅枝「という訳でどうや」裸エプロン

京太郎「……なにこれ似合いすぎてるぜ」

雅枝「新婚の時もやってたからなぁ……今もたまにやるで?」

京太郎「驚愕の事実!?」

雅枝「そしたら洋榎も対抗してやってくるんやけど……なぁ?」

京太郎「ああ……可哀想ですね」

雅枝「ちゅーかなんも言わんのか?最初だけやん」

京太郎「いや、突っ込むところがないくらい似合ってるんで見惚れてました」

雅枝「そーか……まだいけるな」

京太郎「さすがに自重しましょう」