豊音の場合

豊音「これが裸Yシャツ……昼のドラマとかでよく見たよー」

京太郎「ああ……俺のシャツが超伸びてる……代われ……!!」

豊音「でもこれ下スースーしない?」

京太郎「へ?いやなんで穿いてないんですか!?」

豊音「?裸Yシャツだから?」

京太郎「下着はいいんですって!豊音さんならすごく危ないことになるんで!!」

豊音「……危ないことってどんなことかなー?」

京太郎「……はい?」

豊音「お、教えて欲しいなー?」



哩の場合

京太郎「……哩さんって着やせするんですか?」

哩「……例えそうやったとしたって大した大きさやなかろ」

京太郎「でも、すっごい綺麗ですよ?体のラインとか白い足とか」

哩「……京太郎がお願いするからしただけやけん」プイッ

京太郎「でも」

哩「ひゃっ!」

京太郎「結構すぐしてくれましたよね?裸Yシャツ」

哩「ど、どこ触って……」

京太郎「今日は縛ったりしませんからね?」

哩「んっ……うん……や、やさしゅうして……」



胡桃の場合

京太郎「…………」

胡桃「…………」ダボー

京太郎「……普通にすっぽりですね」

胡桃「うん」

京太郎「もはや裸Yシャツというよりワンピースですね」

胡桃「うーん、よし!」

胡桃「Yシャツもうひとつ持ってきて!寝る時に使うから!」

京太郎「気に入られた!?そしてパジャマ代わりですか?」

胡桃「京太郎に包まれてるみたいで安心するからね!」

京太郎(なんかすげえこと言ったって自覚あるのかな)

胡桃「♪」

京太郎「まあ、いいか」



初美の場合

京太郎「おかしい」

初美「どこがですかー?どこからどう見ても普通に裸Yシャツしてるだけじゃないですかー」

京太郎「裸Yシャツの方が布面積広い!」

初美「どういう意味ですかー!!」

京太郎「普段がなぁ……」

初美「むきー!!」

京太郎「……しばらくそれで言ってみません?」

初美「さすがに止められるですよー!!」

巴「……止めます?」

霞「むしろ今よりマシなら推奨するわ」



淡の場合

淡「……ん?……きょーたろー?……どこ?」

京太郎「お、やっと起きたか」

淡「んー……朝?」

京太郎「朝だよ早く服着てこい」

淡「ん……これでいい」

京太郎「俺のYシャツ1枚じゃねーか」

淡「……おやすみー」

京太郎「おい!寝るな!!」


淡「おはよー……って私の格好なに!?」

京太郎「いや自分で着たんだろ」

淡「こ、こっち見ないでよ!」

京太郎「もっと恥ずかしいことしてるのにな」

淡「きょーたろーのバカー!!」



まこの場合

まこ「……ふむ、意外と楽じゃなコレ」

京太郎「機能性重視ですか」

まこ「脱ぎ着しやすいし、見た目を気にしなければ動きやすいぞ?」

京太郎「俺としてはそのチラチラ見えてる太ももや胸元を気にしてほしいんですけどね」

まこ「ん?こうか?」前全開

京太郎「ちょ!」

まこ「お前が恥ずかしがるなよ……」

京太郎「むしろ恥ずかしくないんですか!?」

まこ「別にお前になら構わんぞ?一切隠さなくても、そういう関係じゃろ?」

京太郎「……その言い方はずるいですよ」



姫子の場合

姫子「……これは、京太郎君のYシャツ!」

姫子「いや、駄目やって。いくらこっそり入った京太郎君の部屋に誰もいなくてこんなもの見つけたからって」

姫子「……よりにもよって裸Yシャツになるとか駄目やん私」

姫子「おっきかね。袖、こげんも余って」

姫子「私の下半身まですっぽりやね」

姫子「……京太郎君のにおい……よかね」

姫子「……きょーたろー」

京太郎「……姫子先輩?」

姫子「!?」

京太郎「……なんで俺のシャツ着て?」

姫子「あ、いやそのこれはやね。……こう、アレよ!アレしたと!!」

京太郎(部屋に戻ったら先輩が自分のシャツで裸Yシャツしつつ涙目&赤面&上目遣いだった)

京太郎「なにこれ可愛い」

姫子「ふぁっ!?と、年上ばからかわんと!」

京太郎「抱きしめていいですか?」

姫子「へ?」

京太郎「というか抱きしめますね」ギュッ

姫子「な、なんばしよっと……」

京太郎「先輩があまりにも可愛いんで」

姫子「か、可愛いって……」

京太郎「あと」

姫子「へ?」

京太郎「それは誘ってると受け取っていいんですよね?」ドサッ

姫子「……待って」押し倒される

京太郎「いや、すいません。もう無理です」

姫子「ちょ、ま、待ってぇぇぇぇぇ……」