778 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2010/04/02(金) 15:36:57 ID:WCrWk+C3O
「ねえ、もう一度聞かせてっす。本当に、私のこと、好き? リンシャンさんよりもおっぱいさんよりも?本当に、本当に好き?」

暗くてはっきりは見えなかったが、どうやらモモは泣いているようだった。

「うん、何度でも言うよ。……俺は、モモが好きだ。咲よりも和よりも、誰よりも一番好きだよ」
「京太郎……っ」

どちらからともなく顔が近づく。そして、初めての口づけ。
唇と唇の表面が触れるだけの、ささやかなキス。

「よかった……私のファーストキス、京太郎にあげられたっす……」

涙を拭いながら、けれどモモは優しい顔で微笑む。

「順番、滅茶苦茶っすどね。押し倒されて、告白されて、ファーストキス……。えへへ、変なの。本当は、京太郎も初めてならよかったっすけどね」
「うっ……」

京太郎のファーストキスは、すでに咲に奪われている。

「ちょっとだけ悔しいっすけど、まあ、それは許してあげるっす。その代わり、浮気は許さないっすからね、わかったっすか?」
「うん、もうモモだけだよ。二度と、見失ったりしないから」

そして、もう一度唇が重なった。

触れ合っだけではなく、今度は口腔内に舌を差しこみ、温かい粘膜を重ね合った。
甘い唾を啜り、啜られる。
形よい歯と歯茎の境目を舌先で舐められたモモが、睫毛をピクピクと震わせている。

京太郎はそんなモモをいつまでも抱き締めていたいと思った。

名前:
コメント: