怜「……困ったわ。まさかちょっとした散歩のつもりが道に迷うやなんて」

怜「携帯は充電切れとるし、財布には小銭だけ。持っとるんは枕代わりのKちゃんだけて……アカンわ」

怜「とりあえず誰か人通らんかなー」テクテク

京太郎「さて、買い出しも終わったしさっさと帰るか」スタスタ

怜「お?」

京太郎「ん?」

怜「人やー、良かったー」

京太郎「はい?」

京太郎(あ、この人ぬいぐるみ持ってる……売れてるなぁ)

怜「あんなー、聞きたいことあんねん」

京太郎「なんですか?」

怜「道を……自分Kちゃんに似てない?」

京太郎「?……似てるっつーか俺がモデルですけど」

怜「ホンマ!?レアやん!」

京太郎「いや、それよか道じゃ?」

怜「写真写真……携帯の充電切れとったわ」

京太郎「そんなことしてていいんですか?」

怜「んー?ええやろ……しゃーない、こうなったらもっと別の……」

京太郎「……迷子じゃないんですか?」

怜「……ちょっと道間違えただけや」

京太郎「迷子は皆そう言いますよ?」

怜「……うち、病弱やから」ギュ

京太郎「さっきはしゃいでて何言ってるんですか」

怜「ごまかしきれへんかー。でもホンマのことやで?」

京太郎「いいからどこ行くのか教えて下さい」

怜「……○○ホテル。あそこのとこな」

京太郎「ああ、分かりますよ。さっさと行きましょう」手握る

怜「え?ちょ、何して…」

京太郎「はい?」←迷子の扱いはいつもこう

怜「……このままお願い」